teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/124 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

memo 172

 投稿者:manager  投稿日:2014年 5月19日(月)22時46分7秒
  通報
  172巻 アナライズ・ウクライナ 2007.1

旧東ドイツ諜報機関shタージ幹部のマルクス・ウオルフがなくなった。

元KGB要員の回想



  北極海のカニン島で放置された炭素菌 この研究の第一人者ジキンスキーが極秘で培養実験を再開しようとしていた時テロリストたちが現れる。
  32時間かかる培養を、博士の研究で8時間早める特殊培養溶液を使って、テロリストたちは急がせる。
  島をすぐ爆撃させようとするラーチン大統領に、部下はG13に博士と炭素菌を奪いかえすこと依頼するよう提案する。
  現地にパラシュートでおりたG13、戦いがはじまる、博士と炭素菌を無事回収したG13 楽劇は中止。

トイレの描写に難点あり。 あんなに低くない。


東ドイツの残骸 2007.3


  暗号名チャイカ 君たちの国のエネルギー省代表ウ@オルフガング・ハインツさ

マイヤーハ」サンドラに言う。 Sファイルのこと

G13に連絡を取るウオルfyガング・ハインツ
その前にG13が現れた。
バレンスキーの抹殺をG19に依頼する。Sファイルに抹殺も依頼する。

バレンスキーぼトランクと同じトランクを作った職人コリャーキンンは連絡を取っているときG13に殺される。

G13に連絡を取っていたバレンスキーはG13に殺される。




トレーデイング社のラジャブ・カリーム
  彼は、帝都物産、成島精機の3次元測定器をパキスタンに不正輸出したときの取引相手、日本側は政治家の圧力で会社に操作の手が届かなかったが、関係者の横田と上条が事故死。
  新聞記者高見は、横田と上条がサソリの刺青をした男ラジャブ・カリームの顔を知っているから殺されたと推理し、パキスタンのペシャワルに飛ぶ。
  そのころ、G13はスペインの列車テロの被害者になった息子一家の敵としてラジャブ・カリーム殺しを英国人からロンドンで依頼される。
  囚われた新聞記者高見は、同じ牢の中英国スパイのモリスと仲良くなる。G13はテロリストたちを全滅させ、のこった高見と英国人スパイのモリスに対し、モリスがラジャブ・カリームだと見破る。刺青を見せ油断したモリスはG13に撃たれ、高見に一切口外しないことを条件に命びろいする。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/124 《前のページ | 次のページ》
/124