投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


What a Wonderful World

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月16日(月)08時27分29秒
返信・引用
  旅も、音楽も、スポーツも、平和や平穏な生活があってこそ、味わうことができる
ものなんだろうな。改めて、つくづく、そう感じる今日この頃です。

今年は、8/24がムシャーマ。「狂言の師匠」は、日本の最南端で、今、この世界を、
どう感じているのかな…。

https://www.youtube.com/watch?v=A3yCcXgbKrE

 

数時間で…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月16日(月)08時00分43秒
返信・引用
  道路に入った亀裂が…。
 

Re: 早起きしました

 投稿者:そう  投稿日:2018年 7月16日(月)08時00分38秒
返信・引用
  > No.1600[元記事へ]

はじめさんへのお返事です。

シマで最初に床屋を開いた人として、玉城永亀さん、出てました。
あとムシャーマ指導者一覧で、狂言の師匠に行雄さんの名前も。

> すごい本ですね。玉城家のこと、出てこないのかな…。いつか読んでみたいです。
>
> 波照間に行けば、港や、シマの中で、普通に出逢えた人たちが…。ムシャーマで
> 目にした周二さんの雄姿、心に焼き付いています。
>
> いってきます。

https://www.asahi.com/articles/ASL6N5QK0L6NUCVL022.html

 

今日も

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月16日(月)07時57分23秒
返信・引用
  暑い日が始まる…。  

早起きしました

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月15日(日)03時36分22秒
返信・引用
  すごい本ですね。玉城家のこと、出てこないのかな…。いつか読んでみたいです。

波照間に行けば、港や、シマの中で、普通に出逢えた人たちが…。ムシャーマで
目にした周二さんの雄姿、心に焼き付いています。

いってきます。
 

それと

 投稿者:そう  投稿日:2018年 7月14日(土)10時48分58秒
返信・引用
  周二さんの追悼記事が朝日新聞に。いい記事です。61歳とは若過ぎる。そして初めて周二さんにあった時はまだ40歳、今の自分よりも随分若かったんだなあ。。。

https://www.asahi.com/articles/ASL6N5QK0L6NUCVL022.html

 

竹富町史波照間編

 投稿者:そう  投稿日:2018年 7月14日(土)10時02分35秒
返信・引用 編集済
  功一先生が中心になって編纂されていた竹富町史波照間編、15年の歳月を経てようやく刊行されてました。実に900ページ。人物紹介の章があるのだけど、たましろアネックスのおばあ、トヨパーこと本比田トヨさん、昨年亡くなられていたのですね。そして波照間哲夫さんも同じく昨年逝去。勝連荘のおじいは昨年100歳を迎えなおお元気との記載。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/33785/

 

♪星が降る眠れない夜に…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月14日(土)00時34分38秒
返信・引用
  いろいろと想い、感じながら生きる毎日だけど、最近は、家庭環境もあって、なかなかPC前に
座り、心落ち着けてTGPに書き込みするってことができないでいる俺。こんだけ書き込んでお
いて何言ってんだ!ってツッコミあることは百も承知で…。

今宵は、「特殊事情」もあり、ひとり静かに過ごす夜。

博康>「ドクちゃん」邸&茨城大学(大阪の人間になって1年余り、「茨木」って書きそうに
 なった)を想い起こすと、年月が流れたこと、ホントにシミジミ感じてしまう。あの「ロビ
 ンソン」を共に歌ったような愛しい時間を求めて、俺は、その後の人生を歩んで来たような
 気さえするよ。長い付き合いになったな、俺たちも。

しの>俺らが知り合った最初の頃は、デジカメじゃなく、フィルムの写真だったから、焼き増し
 した写真を、お互いに、やりとりしてたんだよね。「ロビンソン」を一緒に歌った時の写真、
 俺、好きです。あの「ロビンソン」は、MDで録音した音源が残っているんだけど、MDを
 再生する術を、今、持ち合わせていないオイラです。

ゆうじさん>まぁ、我々も、年輪、刻むわけですね(*^^)v

さて…。

大阪北部地震の後に書き込みした、27年前の夏、広島の呉で出逢った方から安否確認の電話を
いただいた、その続きの話…。

この度、西日本に大きく広がった豪雨被害。先日、その人が住む呉の町の駅周辺、川が決壊し、
浸水しているニュースを目にしました。水道も止まっていて、流通も途絶えているとのニュース
だったので、ペットボトルの水を箱で送ろうと考え、呉の郵便局に問い合わせたところ、「今は、
現地郵便局も浸水し、郵便物を送ることはできません」との返答。大阪北部地震の時、我が家族
の安否を確認していただいたように、俺も、まずは、その方の安否確認をしたかったんだけど、
呉の被害の甚大さを知るにつれ、かなり切羽詰まっている状況に置かれている場合だと、連絡す
ることによって、かえって迷惑をかけてしまうのでは、なんて逡巡し、連絡を躊躇っていた俺で
した。悩んだあげく、「無事かどうかだけでも一報ください」とのメールを送ってみたところ、
その日のうちに、ご本人から電話をいただくことができました。駅前は浸水したけど、ご自宅は
難を逃れ、水道も通っているとのこと…。狭い地域の中、状況はまちまちで、被害は紙一重だっ
たことも分かりました。そして…。

日曜日、広島の被災地支援へ行くことにしました。スコップも長靴も新調しました。。4年前の
8月(このTGPにも刻んだけれど)、広島土砂災害支援に入った時の経験から、現地で、家屋
の泥の掻き出し等、任務を振ってもらえる環境があるのであれば、30分でも1時間でも、そこに
行って行動することには意義があると感じてきたから。困っている人のために、何かできたらと
いう気持ちはもちろん、俺自身、手探りで今を生きている中で、俺なりの答え探しの具現化、
あがきなのかもしれないけれど…。正解なんて分からないし、正解なんて初めからないのかもし
れない。ただ、やった方がいいのか迷った時に、やらないための理由探しだけはしたくない…。

さぁ、土曜日も仕事。寝るとします。あまりに世知辛いニュースが続くけど、あの「ロビンソン」
な時間と再会できる日を夢みて、そして信じて、これからも一歩一歩進んでいきたい鈴木創です。

キリン淡麗グリーンラベルのCM“JUKEBOX”シリーズ、最近のお気に入り。あの日の
「ロビンソン」的な空気感、想い出させてくれる気がする作品です…。おやすみなさい…。

https://www.youtube.com/watch?v=Mi4e0Y8-i9I

 

チャランケ

 投稿者:ゆうじ  投稿日:2018年 7月 8日(日)17時01分19秒
返信・引用
  しのさわを、たぬき呼ばわりしたのはこのときか。
かなりのハラスメン、失礼しました。

どくちゃんが40歳。
このあいだまで、大学生だったのに…。という気分。
気づいてみれば自分は、働いた年数より、定年までの年数の方がはるかに短いことになっている。
なんか、不思議な感じです。


週明け、なかなかの台風が石垣を直撃しそうです。
恐ろしい。
 

あいーん

 投稿者:しの  投稿日:2018年 7月 8日(日)00時09分45秒
返信・引用
  今日は実家に帰ってきています。
訳あって、昔の写真を掘り出して見てました。

常磐線の終電に乗って、みんなでどくちゃんちに行った写真も
ちょうど見たところです。
なんてタイムリー!
行雄さんがパナヌファで歌っている写真とか、どくちゃんがヘルパー時代の写真も。

いちばん目についたのは「アイーン」してる写真 。
わたしとさわことで、みなさんにも強要してましたね 笑
またみんなで集まった時には、アイーン写真撮りましょう!笑
 

懐かしいですね

 投稿者:ひろやす  投稿日:2018年 7月 7日(土)23時05分12秒
返信・引用
  そうさん、リアルな夢ですね~ホットドッグというシチュエーションが興味深い…確か、11月の文化の前後の
休日はチャランケでしたね。懐かしいなぁ。もう、あの時から20年という歳月が流れたんですね。
そうさんを拉致!?して、創ちゃんやしの、さわこ達と水戸行きの常磐線に乗り込んだことが走馬灯位のように
蘇るなぁ。楽しかったなぁ。その後、獅子座流星群を水戸で見よう!という企画に発展して、茨城大学裏の土手に
皆でいきましたね。あの時の思い出は今でも鮮明に覚えています!
そして、僕の家で朝からスピッツのロビンソンを歌ったり、茨大の「旅の会」のサークル室に乗り込んだりと、色々
とやらかしたことがつい、最近の出来事みたいですね。自分も今年で40歳、あの時は、22歳、感慨深いものがあるなぁ。大阪の地震は少し、落ち着いてきたかな?大雨で全国が翻弄されるなか、沖縄は、猛烈な台風8号に備えて対策準備中です。
自然の猛威に注意しながら、人間ってやっぱりちっちゃな存在と再確認しつつ、互いに気をつけましょう!
 

7月7日…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月 7日(土)17時18分27秒
返信・引用
  ベガとアルタイルが逢う…。そんな日、関西は土砂降りです。

そうさんが「夢」を書き込んでくれた機、いつもの独り言みたいにつぶやく俺が続くと、どう
なんかなぁ、そんな危惧を抱きつつ…。

ホットドッグが、たましろで出てきたってこと自体、「なんでやねん!?」ってツッコミを
入れたくなるところだけど、そうさんと行雄さんとのやりとりと考えれば、なんだか瞼の裏
に浮かぶし、夢なのに、さすが、そうさんと想えるストーリー。

チャランケ。駅前広場、もうないんだね…。そうさんの「みんな元気かな」に応える一番手が
いつもの俺でスマンです(*^^)v

俺は「ガラケー」だし、この時代に発信する通常アイテムを手にしていないけど、その底流の
気持ちとして、「わかりあえる」ツールはオンリーワンじゃない、たましろみたいな繋がり方
もあるんだってこと、身をもって知っているからこそ、そんな気持ちになっているのかもしれ
ないです…。

出逢ったからこそ、今があります。地上に降り注ぐ天候とは関係なく、雲上では、織姫と彦星
が出逢いし今宵…。それぞれの出逢い。たましろでの出逢いをかみしめる、そんな時間にできた
らいいですね!!
 

(無題)

 投稿者:そう  投稿日:2018年 7月 7日(土)08時58分56秒
返信・引用
  たましろに泊まる夢を見た。
朝飛び込みでチェックインしたら、奥の真ん中の部屋に案内された。
ホットドッグが2つ出て来た。
体調をおじさんに聞いたらまあまあだと言った。
そこで目が覚めた。
人の縁が広がったチャランケ祭からもう20年。
中野駅前の広場も今はないけど、祭りは続いているようだ。
みんな元気かな。

https://charanke.jimdo.com/

 

♪代り映えしない明日をください

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月 6日(金)02時10分12秒
返信・引用
  2016年9月。8年半ぶりに出された宇多田ヒカルのフルアルバムFantômeから、
当時、多くのエールや共感をもらったことを想い出し…。今年、デビュー20周年
を迎えた彼女に対し、アラフィフ男が勝手に抱く同時代感のハンパなさ。ニュー
アルバム初恋を手に入れて、「初聴」し終えた夜…。雨音も忘れて…。

おやすみなさい…。
 

これもすべて同じ一日

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 7月 4日(水)16時11分8秒
返信・引用 編集済
  土日も仕事だったので、ド平日の水曜日、休みを取り、さて、何しようかなと想い…。

近所で、映画「万引き家族」を観て来ました。安藤サクラ、映画「愛のむきだし」の
インパクトが強すぎて、彼女が出ている作品というだけで、なんだか腰がひける感じが
あったんですが…。俺自身、有形無形、「家族」ってヤツとの関わり方、在り方を、意
識したり、意識しないようにしたりしつつ、人生の歩を進めていて…。「家族が大事だ
から共に生きている」「何故、家族が大事なのか分からず生きている」「家族が大事、
その大事の意味を探しているからこそ、今を受け止め、生きることができている」
「やっぱり、家族が大事だと考えないと先には進めない」…。答えのない、諸々を抱え
て生きる大阪DAYS。深くも浅くもないところで、いろいろ感じさせられた作品でした。
家族は、家族なだけに、俺という「個」だけでは到達しえぬ柔らかな未来へ続く熱源で
あって欲しい、そんな願望もあって、家族の存在を、自らの存在とともに、時に融和し、
時に浮遊し、自らがゆらめいていることを許す日々。いつの日か、明確な答えが出なく
とも、自身以外の存在と共に在り続けることが、幸せのひとつの了解であった、そう感
じることができる人生になってくれていたらいいな、そんなことを感じた映画でした。
映画を観終わってビール呑んで、帰宅し、つらつら綴ったよしなしごと…。

読書したり、スポーツ観戦したり、たまに映画館へ足を運んだりすることの大切さ、
久しぶりに感じたド平日の午後でした。

おまけ:最近読んだ本「だれも沖縄を知らない 27の島の物語/森口豁」。サッカーW杯、
寝不足が続きます。日本代表が去りし今、クロアチアに期待!!決勝、ベルギー対クロ
アチアを観たいです。

ではまた。
 

旅という名の結び目…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 6月24日(日)04時01分3秒
返信・引用
  6月23日。沖縄慰霊の日を終えようとする夜、体感する揺れがありました。大きな
地震の後、緊張感を持って日常を過ごしてきたつもりですが…。現在のところ、幸い
にも大過なく、週末を終えた感じです。つい最近、初めて乗った阪堺電車が、地震
発生後10分で運転再開した話題も、大阪では大きく扱われていました…。この地震で、
親戚や仲間たちから寄せられた安否確認の連絡、改めて有り難いことだったと感じて
います。そのうちのひとつ。27年前の夏、創、大学2年生の各駅停車旅の時に、広島
の呉線車内で出逢った方(当時、小学校の教員をされていた女性で、それ以来、お逢
いしていない方)から、この地震に際し、初めて電話をいただいたこと、旅の深遠と
して、俺の胸に深く刻まれました…。そして、このTGPが、旅をする中で出逢えた仲間
との結び目だということ、その有り難さをシミジミ想う今この瞬間です…。
 

大阪、月曜日の朝…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 6月18日(月)20時56分22秒
返信・引用
  地下鉄通勤時に地震発生…。5時間かけて出勤。諸々経験した1日でした。
メールいただいた皆さん、ありがとうございました。
家族と創、無事です。娘は、本日、超高層のあべのハルカスに社会科見学
予定でしたが…。学校、休校になりました。
「よしん」にも気をつけつつ、今宵は早めに就寝するとします。

 

帰還…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 6月14日(木)23時59分55秒
返信・引用
  たましろ仲間が、今、この瞬間を、きっと、がんばって生きていると
想えるから、俺もがんばれる、そう想います…。あぁ、疲れた…。

おやすみなさい。
 

「書を捨てよ 町へ出よう」

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 6月13日(水)00時31分3秒
返信・引用
  いはゐさん>
こちらこそ、先週はお声かけいただき感謝!ありがとうございました。すごく久しぶりなのに、TGPの
おかげなんだろうな、久々な感じが全くなく再会できたこと、非常に嬉しく想えました。

最近、日々に追われ、読書する心の余裕もなかったんだけど、ふとしたキッカケで、森見登美彦の「太陽
の塔」を読みました。京大生が主人公で、京都や大阪が舞台だから、新米関西人の身には、ハンパな馴染
みの風景の物語ではあったんだけど、不器用で、滑稽で、それでいて愛すべき、俺自身の大学時代と重ね
合わせることができるような空気感があって、なんだかニヤニヤしながら、スッと世界観に入れたストー
リーでした。話の中で、京都の路面電車(叡山電車)が印象的に描かれていて、その余韻も手伝い、土曜
日には、第20回路面電車まつり(大阪・阪堺電車のイベント)に行ってきました。路面電車好きの身とし
ては、世田谷線や都電荒川線を想い出しつつ、いい時間を過ごしてきたわけで…。今は、白井聡の「国体
論~菊と星条旗~」を読んでいます。

とにもかくにも、2018年6月12日を共に刻み、2018年6月13日を共に迎えしTGPの仲間に乾杯!!

おやすみなさい。
 

deep southにて

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 6月11日(月)23時41分2秒
返信・引用
  先週は、関西をふらふらしてきました。

>創さん
突然の連絡にも、変わらない軽いフットワークで十数年ぶりにお会いできて、楽しかったです。
たましろロス(?)から数日目の、この上ない僥倖でした。

>しのさん
というわけで、えへへ、「八重山で会っていると、誤解されそうな写真にしよう」などと悪だくみしたのだけれど、丸バレでしたね。
呑んでいたのは、西成の「わらじ屋」(ちなみに、先週、NHKのドキュメント72時間で放送された店)。24時間365日、人も雇わず夫婦お二人で切り盛りされていて、「すごいですね」などと話しても、「マンションのローンあるから、頑張らなあかんの」と笑っておられて、ちょっとたましろみたい。

清水寺界隈で、ブラタモリで知った、暗渠巡りなども楽しかったです。欄干が、道に半ば埋もれながらさりげなくあって、そこのマンホールだけ、耳をすませばせせらぎが聞こえてきたり。

ほなまた。
 

そこはたましろ

 投稿者:しの  投稿日:2018年 6月 7日(木)21時51分3秒
返信・引用
  はじめさんといわいさんのツーショット、
たましろにいるようにしか見えません!
 

たましろNIGHTS

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 6月 5日(火)22時32分43秒
返信・引用
  2018年6月5日…。どこにいたって、心は、たましろとともに…。
 

♪愛の中へ

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 6月 1日(金)18時58分4秒
返信・引用
  そうさんが提供し続けてくれている、このTGPは、俺の独り言を受け止め、支えてくれたり、
仲間たちのそれぞれの想いを刻ませてくれたり…。この場所は、たましろのテラスで、泡波を
酌み交わしながら、行雄さんのディナーに囲まれながら、仲間と話をしたい夜(俺にとっては、
ほぼ毎夜だったかもしれないけど)、その気持ちを、居住する街で、叶えてくれる場所でした。

昨夜の皆さんの書き込みは、2018年5月31日のリアルたましろの宴と地続きで繋がった、まさ
に「たましろガーデンパーティー」でしたね。俺自身で言えば、いろいろあった先、今、生活
している大阪で、たましろの庭を実感、共有できた夜になりました。頭の中、まとまらないけ
れど、久々、早く帰宅できた夕刻、家族が帰ってくる前、TGPに、何か刻んでおきたくて…。

オフコースの「愛の中へ」が、なんだかリフレインしている2018年6月1日の今この瞬間です…。

 なんの迷いもなく あなたを選んで
 ふり返らず この道を
 波照間(果てるま)で 歩いてゆくよ

 誰にも似ていない あなたは あなたで
 だから僕は あなたのこと
 かけがえのないひとだと想う…

なんだかんだある人生ですが、たましろに出逢えた俺たち、きっと、間違いなく幸せ者ですね!!
 

(無題)

 投稿者:ゆうこ  投稿日:2018年 6月 1日(金)06時34分52秒
返信・引用
  ほんとうに感謝。ありがとう。ありがとうーーーーーーーーーー  

6月になってしまった…

 投稿者:ひろやす  投稿日:2018年 6月 1日(金)00時15分17秒
返信・引用
  かなり久々にTGPをのぞいてみたら。。。色々なことが。。。毎日の生活に追われながら、その日その日をバタバタに過ごしている今日この頃でした。創ちゃんからメールにハッと気づき、今日でたましろ民宿が終了することにたった今気づきました。あれから22年の月日が流れたと思うと、感慨深いものがあります。ついつい、目の前に現実に日々生きながらふと、懐かしい気持ちになりました。数多くのドラマを生み出したこの場所に感謝しながら、甥として何もできずにいました…すみません。皆さん、これまで本当にありがとうございました!玉城家の一員として厚く御礼申し上げます。ひとつの歴史が幕を閉じようとしているこの瞬間に様々な思いを共有できたことに感謝します。
また、どこかでこの場所で互いの想いを巡りたいものです。
空梅雨の沖縄の今、久々に雨が降ってきました。流れる雨水とともに、それぞれの皆の心に染み付いた思い出も浸透させていきたいです!
ここで出会えた数多くの仲間と、分かち合った思い出に感謝!
 

たましろが好きだー

 投稿者:しの  投稿日:2018年 6月 1日(金)00時08分26秒
返信・引用
  あぁ、日付が変わってしまいました。。
行雄さんに、ただただ、ありがとうございましたとお伝えしたい。
たましろでの時間は大切な宝物です。
本当に、いつかみんなで集合したいなぁ。。

そして、みーちゃん。素晴らしい!
自分のことのように嬉しいです。
自慢の妹よ~(←親子ほどの年の差ですが何か?笑)
 

「厳かに始まりました」

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 5月31日(木)22時46分35秒
返信・引用
  今、この瞬間に、リアルTGPを過ごしている仲間から、仕事帰り、大阪の
橋の上、もらったメールに添えられし一言…。

俺たちのたましろが迎える、大切すぎる、今この瞬間。愛おしく、かみしめ
ている仲間が、その場所にいてくれること、そのことが何よりも嬉しいオイ
ラです。

たくさん伝えたいこと、当たり前だけど、あるなぁ。だけど、伝えなくても
共有できる想い、このTGPには絶対あると想っていたりもして…。

行雄さん、長年に渡り、あの空間、たましろガーデン・パーティーの提供、
ありがとうございました。行雄さんのご健勝のもと、素泊まりとは言え、
あの場所があり続けてくれることに、今は、感謝の言葉しか浮かんできま
せん。行雄さん、ホントにホントに、ありがとうございます。

溢れる言葉が、俺の感情に追いついてくれません。

今は、ただ…。
 

またいつか再会できる日を

 投稿者:yukaメール  投稿日:2018年 5月31日(木)13時43分44秒
返信・引用
  ゆうじさん
満月さんおめでとうございます。
素晴らしいですね。
これから、益々、世界に羽ばたけますように!
そして八重山、沖縄の良さを世界中に届けながら、世界中の人々がやさしく共生できる世の中にすべく活躍されますように!応援しています。

たましろ食事付き最後の日、何だか感慨深いですね。

先日、未成年が7人(3家族)集まった写真です。
 

たましろ、最後に日に

 投稿者:ゆうじ  投稿日:2018年 5月31日(木)10時52分50秒
返信・引用 編集済
  そうか。今日が、たましろ、通常営業最終日なんですね。

はじめちゃん、いはゐさん、ありがとう。
うちの娘も、少し前まではこんなだったのに、
今では、親から10日も離れてハワイにホームステイへ。

いろいろと、感慨深いです。


yukaさん
1歳と4歳の子を連れての、たましろ。
すごいですね。

 

皐月もあとわずか

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 5月31日(木)00時27分13秒
返信・引用
  たましろは、そろそろ民宿としては最後の日ですね。どんな夜が更けていっているのでしょうか…


満月さん、英語で優勝、そしてハワイですか。素晴らしいですね、おめでとうございます。
それにしても、日本国内でどこに住めば、海外に行きやすいとかいう問題ではなくて。
どこに住もうが、夢を持ってがんばっている人には、どこも遠くないのですね。

周二さんの逝去は残念です。またCDで、歌声をじっくり聴こうと思います。


はてるまっぷ、私も、今回たましろで貰いました。
3つのピテヌワーと5つのウツィヌワーが、しっかり立入禁止と表示されていて、それはそれで興味深いような、やや問題のような。


ムジーク奈良、沖縄好きにとっても、楽しいイベントらしいですね。野外でのんびりと音楽、いつか僕も行きたいと思っています。


ほなまた。

追伸
新発見! 沖之光9:常盤1ブレンド、おいしかったです。
 

/54