投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


♪ホントの意味は…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月22日(月)23時34分24秒
返信・引用 編集済
  ap bank fes'08のto U…、好きです…。

行雄さんが、たましろを切り盛りしている奇跡的な今、その高みには遠く及ばない
けれど、大阪での俺なりの今の証しを刻みたい。TGPでの俺の書き込みは、その
気持ちが大きかったりするわけで…。

もしかしたら、数年以内に、愛するたましろがなくなってしまうかもしれない…。
俺が書き込んでいる今も、「当たり前」じゃなくなる日が、きっと…。

だけどだけどだけど…。この今が好きな、そんな鈴木創なわけで…。

だっからさぁ…。

https://www.youtube.com/watch?v=gNs4ebA6gFk

 

小さな恋のうた…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月22日(月)22時04分37秒
返信・引用
  試写会に応募したなんて、記憶にないくらい久しぶりなのに、どうやらハズレ
たみたいです…。大好きなモンパチの曲をモチーフにした、この映画。映画的
に当たりかどうかは分からないけれど、そのテーマも含め、必ず観たい、そう
想っています…。

全然関係ないけれど、件(くだん)の民宿たましろ公衆電話写真です(^^)/

https://www.youtube.com/watch?v=gGSvuTGpr_Y

 

天空の城 たましろ

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月21日(日)12時44分29秒
返信・引用
  モンキー・パンチ、小池一夫が、相次いで逝った「平成」31年4月。

作画・小島剛夕、原作・小池一夫の作品、特に「子連れ狼」は、全巻、何度も繰り返して読んだし、
俺の中にある「父親像」のひとつになっています。「首斬り朝」もハマったなぁ…。昔、若き叔父
から薦められて読んだ「ケイの凄春」も懐かしい…。昨年、その叔父も逝きました…。手塚治虫が
逝った日の衝撃も忘れられませんが、想えば、あの日も「平成」でした(元年2月)。

「平成」を駆け抜けた「たましろ号」。今は、ナンバーも取り外され、草むらの中、「天空の城
ラピュタ」に登場するロボットのように、静かに、流れる時を刻んでいます…。
 

夢を追う君へ

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月17日(水)11時18分43秒
返信・引用
  博康、ステキな書き込みだな…。

波照間小で、おまえが教壇に立っていた校舎はなくなってしまったけれど…。

次代を担う「夢追う」宝たちを、セカオワのサザンカみたいな眼差しで、
どうか優しく見守ってくれ。

https://www.youtube.com/watch?v=249YdrcCL0Y

 

4月新年度スタート

 投稿者:ひろやす  投稿日:2019年 4月15日(月)09時20分15秒
返信・引用
  学校では、先週8日月曜日より新学期がスタートしました。月曜スタートで始業式、入学式などなど、教育現場では超ハードな1週間でした。久々にTGPを見てみると…おーっ、はじめちゃんやいわいさんが波照間実況レポートをしているのではないか!!すっかりご無沙汰していました。
それぞれの色々な想いを大切な状態で残していたいなど、色々な気持ち、想いが伝わります・・・
自分自身もここ数年島へ行っていないので、こうやって写真を見ると島の新旧や変わりゆく風の向きなど、色々な様子が見えてきます。
昨年に種から育てた花が満開の我が職場、小さかった芽がこうやって大きな花を咲かせるのを見ていると自然とともに空間時間もゆっくり変わりつつあるなぁと感じる今日この頃です。
 

南国トムソーヤ

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月14日(日)10時21分13秒
返信・引用
  たましろ廊下の本棚に全3巻置いてあったそうで、大阪に帰って来てから、
我が家でも入手しました。俺は、昨夜、1巻、読み終えたところですが…。

泡波ラベル、「哲夫」さんから「忠夫」さんに…。

今宵は、中学・高校・予備校・大学、ズッと一緒だった友が大阪入り。
旧交をあたためてきます。
 

俺も…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月12日(金)01時53分40秒
返信・引用
  シマから日常へ戻り10日以上経ちますが、ずっと余韻に浸っています。新年度の
慌ただしさの中、たましろと波照間を想い起こすことで、心の平穏を、どうにか
保てているのかもしれません。

今回、シマに行くまでは、すったもんだがありましたが、とにもかくにも、シマ
入りを実現できたこと、本当に嬉しく感じています。

 ~もう数えられないほど、たましろには通ったから~
 ~賑わっていた頃のたましろを、いい想い出にしておきたいから~
 ~これまで頑張ってこられた行雄さんに、もう無理はして欲しくないから~

(たましろへ)行かない理由は、いくつも頭に浮かんできます。

誰もが、家庭、仕事、忙しい日々を過ごしているのは百も承知で…。

もし、心のどこかでくすぶっている、民宿たましろへの想いがあるのであれば、
「行かない理由」探しはやめて、本能に任せ、まず、動いてみるのも「あり」だと
想います。

変わらずに愛する場所がある。そのことの奇跡。今のたましろは、幽玄ここに
極まれりといった佇まいで、その存在に限りあることも予感させながら、これ
まで以上の優しさで、訪れる者を包んでくれている、そんなふうにも感じました…。

また、たましろに行きたい、そう願っている鈴木創です…。
 

余韻に浸っています

 投稿者:いはゐ  投稿日:2019年 4月12日(金)00時01分4秒
返信・引用
  帰宅して、石垣島・山田書店で買った『沖縄の聖地 御嶽』(岡谷公二 平凡社新書)をぱらぱら眺めていると、

「…そのころ(岩井註:昭和36年)波照間島には電気も水道もなく、旅館はもちろん、民宿すらなかった。私は、永野さんの教え子玉城功一さんのお宅に御厄介になった。
 或る日、石垣市の高校に通っていて、夏休みで帰省していた功一さんの弟さんが私を島の案内に連れ出してくれた。…」

行雄さんは昭和19年2月生まれなので、この“弟さん”はおそらく…

〉創さん
ニシ浜の入口、整備されていましたね。
私の滞在中は、天気がずっと悪かったので、青空の風景、羨ましいかぎりです。
最南端も行かず、自転車にすら乗らなかった波照間滞在、初めてでした。
3泊は短い!

ほなまた。 いはゐ
 

ニシハマへ続く、あの道が…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月 8日(月)23時52分19秒
返信・引用
  今回、いろいろな気づきがありましたが、とりわけ、ニシハマへ続く道が整備
されていたのは、印象的な景観の変化でした。

いはゐさんも触れられている「竹富町史波照間編」は、たましろ「正面玄関」
入ってスグの「故障中」公衆電話横に、高価な本であるにもかかわらず、電話
帳のように置かれて(投げ出されて)いましたね…。「平成」生まれの娘が、
公衆電話のダイヤルを物珍しそうにジーコジーコと回している姿も、なんだか
脳裏に焼きついている「昭和」生まれの父ちゃんなのでした(^v^)
 

“C.h.a.o.s.m.y.t.h.”

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月 7日(日)16時00分44秒
返信・引用
  以前にも同様の書き込みをしたことがあるかもしれませんが…

春になると、ワンオクの“C.h.a.o.s.m.y.t.h.”を無性に聴きたくなります

たましろ帰りの今なら尚更…

このタイトルには諸説あり、ワンオク・Takaの大切な友人たちのイニシャルを
並べたって噂もあって…

俺なりに当てはまるんですよね…

あの風景とともに、仲間たちの笑顔が浮かぶ曲です…

英詞でも、いいことを歌っているけど、日本語詞も好きです

♪でも変わらず あの場所はあるから

♪時が経ち 老いていっても
 かけがえのない宝物は
 目に見えぬ 形じゃない
 大切なメモリー
 これから先もずっと 一生ずっと



  大阪、家族と愛でた、今日の桜です…

https://www.youtube.com/watch?v=nBqXV3fAMNo

 

焚き火せる行雄氏午後6時

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 4月 5日(金)23時31分51秒
返信・引用
  「もう6時だ、大変だ、早くご飯しないと」など言いながら、薪と灯油を投入。

「火、建物に燃え移ったら、大変ですね。
そうなったら、いっそ、新築したらどうです? ピカピカの建物に」
「そんなお金ないよ」
「火災保険とか、入ってないですか」
「ないよ。
ああ、もう6時だ、大変だ、早くご飯しないと」など言いながら、薪と灯油を投入。

「そうそう、竹富町史波照間編、おじさんいくつか、書かれていましたね」
「昔、琉球新報に書いたのを、集めてね。
ああ、もう6時だ、大変だ、早くご飯しないと」など言いながら、薪と灯油を投入。

……等々、そんな夕べを過ごしていました。

ほなまた。
明日、島を出ます。
 

ゆでたまごの謎…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月 5日(金)22時16分1秒
返信・引用 編集済
  情報、ありがとうございます。
洋朝食、おいしそうですね。
やはり、あの朝のゆでたまご、謎です…。
たましろ前の道、すごいなぁ…。
いはゐさん、今日のたましろ、伝えてくださり感謝!
明日も仕事だ。おやすみなさい。
 

今朝は洋食

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 4月 5日(金)10時52分26秒
返信・引用
  ほしのやを(斜め上)遥かに凌駕する豪華さ。

〉はじめさん
だから、今朝は茹で卵だったけれど、和食の日は生卵でしたよ。

バスタブ? 気づきませんでした。見てみますね。

こちらは大雨警報発令中。道路冠水、テラスも冠水。
食堂も雨漏り多数で、ドリフみたいに器を並べると、妙なる調べが。

部屋(たぶん、はじめさんの隣)にこもっています。

ほなまた。
 

とても気になっていたので…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月 4日(木)23時35分12秒
返信・引用 編集済
  布団に入る前、すずきはじめから、いはゐさんへの質問です(^^)/

3/30の朝食時、たまごゴハンにしようと、たまごを割ったら、何故か、
ゆでたまご…。いはゐさん、4/4の朝食(写真)はどうでした!?

バスタブの「さりげない」ペインティングにも、心、奪われました。

我々の宿泊した部屋は、奥の玄関を入った天体望遠鏡裏の部屋です。

たましろ入口の看板「お元気?よかった。」…。深いですよね!

おやすみなさい。
 

波照間風景です

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 4月 4日(木)23時23分37秒
返信・引用
  それにしても、朝目覚めてから夜寝るまで、ずーっと満腹……  

大雨の波照間にて

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 4月 4日(木)23時16分23秒
返信・引用
  素泊まり等、客に選択権はなく、問答無用で2食つきになるようです。おそらく宿泊料金も……

違法な気もしますが、無法宿なので、問題なし?

っていうか。
僕自身が、社会の規範より、自分の価値観を優先させがちなので(←ダメ)、たましろに惹かれるのかも、とも思いました。


創さん、すれ違いだったんですね。
とても残念ですが、それも八重山旅みたいで、一興ですね。(八重山旅やけど)

ほなまた。
 

久々、たましろのバトン・リレー

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 4月 4日(木)22時21分7秒
返信・引用
  いはゐさん、素晴らしい旅をされているようですね。

いはゐさんの民宿たましろチェックイン、その数日前、我が家も、たましろでお世話になって
いました。かつて、みんながヘビー・ローテでシマ入りしていた頃には、こんなニアミス、「ある
ある」でしたよね…。

簡単にご報告…。久しぶりに、我が家も、たましろ入りしてきました。俺自身は2年ぶりでしたが、
家族と一緒のシマ入りは8年ぶり。3/29~4/1、たましろ2泊、石垣1泊…。俺自身、初めての経験
でしたが、今回、たましろで出逢った人はゼロ。つまり、2泊とも、鈴木家3人だけ。たましろ完全
貸し切り状態でした…。

変わらぬものと、変わりゆくもの。多くを感じさせられた波照間入りとなりました…。

感じたことを全て伝えようとしたら、簡単な報告ではなくなるので…。今宵はシンプルに…。

とにもかくにも、家族とともに、たましろを味わえたこと、そのことが、俺の中で、かけがえのない
奇跡として、心に刻まれる旅となりました…。波照間で出逢い、結ばれた俺と妻。その一人娘10歳の
誕生日を、波照間で迎えられたことも幸せな出来事でした。ちなみに、娘が20歳になる時、乾杯
するための泡波・升升半升も、今回の旅で入手しました…。

行雄さんには、ユックリ休んでもらいたい気持ちもありましたが…。

波照間港へ送っていただく帰りの車の中で、行雄さんが話された言葉が忘れられません。

「生きているうちは(民宿を)やっていますから…」

4/1関空に着いた時、機内で、新たな元号を知りました。

どうやら、我らが民宿たましろは、3つ目の元号を、その歴史に優しく包み込み、もうしばらくは、
ゆるやかな飛行を続けていってくれるのかもしれません…。

また改めて…。

 

久しぶりに食べたいけど、食べきれないだろうなぁ

 投稿者:ゆうじ  投稿日:2019年 4月 4日(木)18時15分21秒
返信・引用
  いはゐさん
非合法の宿は、これを「素泊まり常連さんへのサービス」と言い張るのでしょうか。
 

到着

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 4月 3日(水)23時38分46秒
返信・引用
  混沌。

豊穣。

酩酊。

至福。


ほなまた。
 

那覇にて

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月31日(日)23時39分35秒
返信・引用
  元山仁士郎氏の講演会に、行ってきました。

強者の言動(現政権の、辺野古埋め立て強行など)を見ていると、絶望したくもなりますが、そこには人間の真実はなくて。
志ある個人の言動にこそ、人間の真実が、そして希望があるのでは、と思いました。

そして、栄町などで呑んだくれ。
「新元号知ってる人、何十人かな、何百人かな」
「直前にネットで流れたりして」
「トランプは知ってるかな」
「どうせなら、トランプに発表させればいいのに。ノーベル平和賞に推薦するぐらい、高潔で聡明な人なのだから」

ほなまた。
 

渡名喜島(続き)

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月30日(土)20時53分56秒
返信・引用
  驚いたのが、集落の海側。細い小路ごとに、防潮堤があります。こんなの、初めて見ました。

日が暮れると、足元を、暖かい光が照らします。

ほなまた。
 

今は渡名喜島にいます

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月30日(土)20時49分59秒
返信・引用
  竹富島と並び、沖縄県に二つある、重要伝統的建造物群保存地区。フクギが茂る中に、赤瓦の家が並びます。

竹富と異なる所など。
石塀が、フクギの外に連なり、昔の 沖縄の姿を残した 、細い道幅のままです。
でも大半はブロック塀で、石垣はあまり残っていません。
家の敷地は、深く掘り下げられています。台風対策とのこと。

(続きます)
 

津堅島風景

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月30日(土)20時31分5秒
返信・引用
  です。

スマートホンを、スマートに使いこなせない僕。

ほなまた。
 

コザに帰り

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月29日(金)23時29分58秒
返信・引用
  半路上で呑んでバーで呑んで。バーボンとか津堅島とかアイドルとか言葉について、世界が少々広がりました。

ほなまた。
スマホが難しくて、連続投稿、ゴメンナサイ。
 

ところで

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月29日(金)23時27分57秒
返信・引用
  コザの宿で、自転車を借りて向かっていると、途中で故障。仕方なくヒッチハイクすれば、5分で車がつかまり、しかもけっこう美人の若いお母さん。何の問題もなく、無事に港に着きました。  

津堅島にて

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2019年 3月29日(金)23時25分22秒
返信・引用
  ニンジンの島、今は収穫の時期。半分以上は耕作放棄地でしたが。
ところで、売店には、オリオンの亜ビールばかりで、オリオンビールはありませんでした。島の人は飲まないとのこと。
 

40代ラスト

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 3月10日(日)23時33分32秒
返信・引用
  博康。ありがとう。

昨日、誕生日を迎えました。我が家で祝ってもらおうと思っていたんだけど、
12年ぶりの再会となる福岡の友が来阪。ヤローどうし、呑みながら、49歳
初日を気持ちよく過ごしました。家族からは、1日遅れの今日、沖縄料理屋で
祝福を受けました。

博康とも長い付き合いになってきたな。おまえが、民宿たましろヘルパー・
デビューした時の衝撃、忘れられないよ。そして、教え子の心の中にズッと
刻まれる、教師って、改めてスゴイ仕事だな。

今日、映画「福島は語る」を観ました。
明日は3.11。俺の誕生日の翌々日に毎年巡り来る日。
あの日を忘れることなんて、絶対にできません…。
 

1日遅れましたが…

 投稿者:ひろやす  投稿日:2019年 3月10日(日)23時00分16秒
返信・引用
  昨日、3月9日は、はじめちゃんの誕生日でした!おめでとうございます!
初めて会った時には27歳だったはじめちゃんが、もう40代最後の年を迎える
とは…感慨深いものがありますね。そして、18歳だった自分が40歳のスタートを
迎えるとは…年を重ねる毎に月日の流れる早さに圧倒される今日この頃です。
熟成された古酒のような深い味わいになりたいものです。

そして、昨日3月9日は沖縄県内中学校の卒業式でした。昨年から連続の3年担任で
した。この仕事に就いて最初に受け持った子どもたちも気がつけば、もう30歳。
義務教育を修了した人生の節目の日に、新たな年のスタートを切った鈴木創の誕生日に
乾杯! これからもカッコいい生き様を見せてくれぃ
 

to U 再び…

 投稿者:はじめ  投稿日:2019年 3月 4日(月)23時56分28秒
返信・引用
  2019年3月4日 大阪 雨

コブクロのインディーズ1stアルバム発売から20年の今年
この場所 TGPが誕生し 20年の今年

いろんなこと つぶやいてきた俺 それを包んでくれた場所 TGP…
「あの頃」よく聴いていた曲 くっきりと ハッキリと 想起した夜…



♪誰かを通して 何かを通して 想いは繋がっていくのでしょう…



俺は ここに いるよ

おやすみなさい…

https://www.youtube.com/watch?v=jmJuV9GknhQ

 

東京は雨

 投稿者:ひろやす  投稿日:2019年 3月 3日(日)09時58分13秒
返信・引用
  昨日から、研修会でお台場・科学未来館に来ています!
昨日は、春のようなポカポカ陽気でしたが、今日は朝から雨です…
最終便で帰りまーす。
沖縄では、最近、半袖生活です。
 

/58