teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/108 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

東北関東大地震

 投稿者:増田 道雄  投稿日:2011年 3月25日(金)06時28分4秒
  通報
   福島県・いわき市を中心に活動しています(今日現在活動中:竹野信吾先生、石塚博己先生)。24日現在の状況は、少しづつ落ち着きを取り戻し、混乱期を乗り切った感があります。忙しさも一段落してやっと報告が出来る状態です。今回の災害で頑張られた地元薬剤師会会長の長谷川祐一先生の顔色も落ち着きを取り戻して来ているように思えます。活動の拠点になっている医師会館の水道も昨日から出るようになりました。いわき市の災害状況は、地震、津波、原発の放射能、原発地域からの大量避難者、放射能風評による医療関係者の脱出による医療不足、等々、困難を極めました。薬局での調剤待ちは4~5時間でした。現在、医療チーム(富山、愛知、東京、JMAT、等)の避難所への巡回診療も順調に行なわれています。医家向け薬品は、概ね揃っています。日薬ルートからと思われるOTC薬品も静岡県薬チームが本日持って来てくれました。今まで殆ど手が付けられなかった避難所の衛生管理などが行なえる状況になりました。ボランティア薬剤師は不足です。医療チームへの同行、調剤、投薬、医薬品の管理、避難所調査、等、まだまだ仕事が沢山有ります。茨城など近県からでしたら日帰りも可能です。宿泊先も確保出来ています。常磐道も通行可能です。現地連絡先:いわき市薬剤師会会長・長谷川祐一先生(タローファーマシー)、0246-25-3600。茨城県からでしたら県薬事務局、種村まで。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/108 《前のページ | 次のページ》
/108