投稿者
メール
題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [515]
  • 2GunSpecialist2019 について

  • 投稿者:SSDGメール
  • 投稿日:2019年 1月28日(月)18時01分31秒
  • 編集済
 
ハンドガンとライフルを使用するシューティングマッチ「2GunSpecialist 2019」についてのお知らせです。

開催日時  2019年3月24日(日)9時より(前日23日13時より会場設営)
開催場所  静岡県掛川市 県立総合教育センター「あすなろ」体育館
参加費   5,000円

今回も通常の『個人戦』に加え、チームで競う『団体戦』も実施します。
2ないし3名でチームを組んで頂き、チームの平均スコアで順位確定を行います。



【 競技概要 】

ライフルとハンドガンを使用し、2ガンマッチ用にアレンジした『JANPS』4ステージを撃ち、
 得点を競うマッチです。

JANPSマーキングターゲットを使用し、満点は1920点となります。
得点が同じ場合はXカウントが高い方が上位となります。

 コースの詳細についてはJANPS WEBを参照願います。(PDFファイルが開きます)
 http://www8.plala.or.jp/JANPS/2GUNSPECIALIST_COF_2014.pdf


【全ステージ共通の競技規定】

 ※全ステージを通して、ライフル、ハンドガンの両方を携行したまま競技を行なう。

 ※全てのスタンバイポジションはダウンレンジ向きでスタンディングポジション、
  ライフルを両手でストレートダウンに保持する。
 ※ストレートダウンとは銃口が真下(重力で床面)に向かっている状態をいう。

 ※スタンバイ時、ライフル&ハンドガンにはセフティーをかける。

 ※ライフルのセフティーポジションは「ストレートダウン」のみ。
  射撃時以外は常にこのポジションをとること。

 ※ライフルから両手を離した際に銃口が真下を向くスリングを使用する事。

 ※ライフル&ハンドガンのスイッチ、トランジッション、リロード時、銃口は
   安全な方向(ダウンレンジ)を維持しトリガーに触れてはならない。

 ※ライフル&ハンドガンのリロード時に誤ってマガジンを落とした際、落とした
  マガジンをその場で拾ってはならない。射撃時間後、ROの許可が出てからマガジンを拾う事。

 ※マズルコントロールの制限違反や射撃時以外でトリガーに指を掛けた場合、危険行為とみなし
  1度目を警告とし、2度目は全ステージを失格とする。

 ※各ステージの射撃指示(射撃姿勢や指定弾数)に従わなかった場合、そのランのスコアは
  0ポイントとする。

 ※射撃ラインの取り扱い、ターゲット採点等に関しては、JANPSルールに準じる。

 ※全ての暴発は全競技を失格とする。

 ※ハンドガン&ライフルのドロップはアンロード時であれば、1度目は厳重注意
 (拾い上げる事の出来るのはROのみ、自分で拾い上げると全競技失格)とし
  2度目は全競技失格となる。ロード時のドロップは全競技失格とする。

 ※ 誤って、人に被弾させた場合は全競技を失格とする。

 《ライフル・レギュレーション》
  *パワーソースはリキットチャージのフロンガス、又は電動ガン用バッテリーとし銃本体内に収納出来る事。
  (レーザーサイトタイプのバッテリーケースを本体に装着した物は可)

  *ライフルにはスリングを使用し左右にスイッチする射撃に適した物である事。
  (スリングは両手を離して吊り下げた際、マズルが真下を向く物を使用する)

  *ライフルはストックを使用してセミオート射撃が可能なもの。

  *全長は射撃時に60㎝以上のアサルトライフル又はSMG(ハンドガンにストックを付けた物やピストルカービンは不可)

  *ダットサイト、スコープ使用は可。(ライト、レーザーサイト装着は構わないが使用は不可)


 《ハンドガン・レギュレーション》
  *バレル長が5.1インチ(バレル固定部を含む)以下のガスブローバック・ハンドガンである事。
  試合を有利にする事に特化した極端な軽量化は不可。

  *パワーソースはリキッドチャージのみとする。

   *純正品以外の軽量ブリーチ(アルミ製、樹脂製)の使用は不可。

  *ハンドガンにはダットサイト,ライト,レーザーサイトの使用は不可(装着は可)、アクリル集光サイトの使用は可。

  *ショートリコイル機能のキャンセル,ショートストローク(スライド後退量は20㎜以上ある事)、バレルの固定等は可。

  *実銃同様のセイフティ機能のキャンセル、スライド,ロアフレームの金属化カスタム品は使用不可。

  *ヒップホルスターやサイホルスタを使用する(ストロングサイドに装着し、バレル部分とトリガー部分をカバーするもの)。

  *ホルスターはガンの先端が露出しない物。

  *ホルスターはストロングサイドの骨盤より後方に位置すること。

  *バドルタイプ、インサイドタイプもベルトを使用して所定の位置に装着すれば可。

  *ショルダー、クロスドロー、バックサイド等のドロウの際にマズルの向きに危険を伴うホルスターは使用不可。

  *トランジションの際に引っ掛かりや絡まりを防止する為、ピストルリーシュ等のランヤード/コード類の使用は禁止。

  ◎共通規定

  1、ガンのパワーチェックは弾速計を用いて測定を行う。
   パワー規定は「0.8J以下」とする。

   2、ライフル,ハンドガンは全ステージを通して、同じセッティングで使用する事。
    ※サイト,スコープ,バーチカルグリップ,スリング等

   3、バイポットを使用する場合、全ステージ通してライフルに装着した状態で使用する事。
    ※スタンバイポジションの状態では、バイポットは折り畳んだ状態である事。

   4、ライフル,ハンドガン共に専用のバリケイド対策及びムーヴァー対策は使用不可。
    ※バリケイドウィング、シュラウド、スティックシフト、スーパータイジャー等

   5、ライフルにおいて、弾のロード、アンロード行為が手動で行えない構造上のガンは、
    ROの許可を得た場合のみターゲット方向への発砲を認める。

 エントリー受付は2月1日(金)朝8時の開始となります。
 引き続きJANPS掲示板に注目願います。


  ◎今回もJANPSにならい、「賞品持ち寄り大会」とさせていただきます。
  地域の名産品等、個性あふれる逸品をお持ちいただけます様にお願い致します。