<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [51]
  • プラクティカルの撃ち方は・・・

  • 投稿者:おしょうさん
  • 投稿日:2010年10月28日(木)20時00分56秒
 
およそ1年前に書きました物の焼き直しです。

「プラクティカル」は非常に変化に富むコースです。


4m2秒2発(左右に1発ずつ)
  3秒4発
  5秒6発ウィークハンドのみ

5m3秒2発
  4秒4発
  5秒6発ストロングハンドのみ

7m5秒2発
  6秒4発
  7秒6発

8m6秒2発
  7秒4発
  8秒6発

と、覚えるだけでも大変ですね。

この中で初心者の方が厳しいのは

4m2秒2発
  3秒4発
  5秒6発ウィークハンド

5m5秒6発ストロングハンド

かな、と思います。(こちらの新人さんも辛そうでした)


2秒2発は初弾を1.2秒で撃ち、2発目を0.6秒で放つ。

これは厳しい!!
バタバタ撃つと1発も中らないことも、しばしば・・・

ですから、2発目は割り切って撃ちません!
1発目だけに集中して確実にXリングに放り込みます。

3秒4発も最終弾は撃たず、3発のみに集中して10点を重ねます。

5秒ウィークハンドは左側3発のみに集中して、30点をもぎ取ります。

ストロングハンドは利き腕ですが、やってみるとウィークハンドよりも難しい!?
ここも同様に10点リングを捉えられる速度で撃つのです。
片側の3発のみでも構いません。

要するに「切る所」と「生かす所」を明確に切り分けます。

慌てて撃ってもグルーピングはまとまりません。

であるならば、まとめられるスピードで確実に得点を上げる方が
「次回に繋がる」競い方だと信じます。

「今年は3発しか間に合わないけれど、来年は6発全て10点リングに入れてやる!!」

という心意気で臨んで頂きたいのです。

7m、8mといった遠距離の射撃は制限時間が驚くほど長いので
じっくり狙ってきれいにトリガーを引く練習をして下さい。

もちろん8mで8cmリングに入るグルーピングを
備えたガンは一番の必需品です。

JANPS2010で一緒にがんばりましょう!!