<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [25]
  • JANPS攻略法 <ビギナーの方へ>

  • 投稿者:おしょうさん
  • 投稿日:2009年10月 5日(月)21時19分33秒
 
JANPS2009まで、およそ1ヶ月となりました。

シューティングを始めたばかりの方もエントリーを頂いておりますが
ビギナーでも楽しめるJANPS攻略法をコース毎に紹介させて
いただきます。

まずは「フォーリングプレイト」から。

コース図や競技内容はこの掲示板を参照していただければ分かると
思いますが、4mから8mの距離で直径8cmのプレイトを「ぶっ倒す」
というものです。

①ガン
 もちろん8mで8cm以下のグルーピングを出せなければ、全弾命中
 させることは出来ません。ガンの選定は慎重に致しましょう。

②撃ち方
 最短4mの距離は制限時間が4秒ですので、理論的に考えると
 ホルスタからガンを抜いて1枚目を倒すまで1.5秒として
 残り時間2.5秒。
 これを5枚で割ると1枚あたりの時間は0.5秒となります。
 これはビギナーには少し厳しい時間かもしれません。

 ということで焦って5枚を撃つのではなく、4枚を確実に
 倒す作戦を取ります。

 であれば、2.5秒を4枚で使い1枚当たりは0.6秒となります。
 わずか0.1秒ですが心理的な余裕は生まれてきます。

 過去の実例を全て見たわけでは有りませんが、確実に撃てば5枚は
 倒せるのに、とにかく撃ちまくりプレイトを次々とミスして大失点!
 という事が多いようです。

 「フォーリングプレイト」は1枚10点となっており、この1枚を
 落とすと他の競技での挽回が非常に厳しくなります。このイベントは
 とにかく外さないということが大切です。

 5mから7mも下記のように作戦を考えることが出来ます。


 5m5秒
 初弾 1.5秒
 残り 3.5秒 → 1発あたり0.7秒

 これは確実に撃っても充分に間に合う時間だと思います。
 とにかく1枚目を確実に狙って倒すことが大切です。


 6m6秒
 初弾 1.8秒(ダットが止まるまで待つ)
 残り 4.2秒 → 1発あたり0.8秒

 やや遠い距離になってきましたが、この時間を掛ければ
 確実に倒すことが出来ます。
 きちんとプレイトの真ん中(本当に真ん中!)を狙って静かに
 トリガーを引きましょう。


 7m7秒
 いよいよ最終ラインです。

 初弾 2.0秒(ダットをプレイトのど真ん中に!)
 残り 5.0秒 → 1発あたり1.0秒

 プレイトがダットより少し大きいだけの精密射撃です。
 とにかくプレイトのど真ん中をピンポイントしてトリガーを引く。
 ピンポイントしてトリガーを引く。これを繰り返します。
 最後の1枚まで気を緩めないでください。

 トップクラスの選手は6mよりプローン(伏射)を行うケースが
 多いのですが、ビギナーの方は立射(スタンディング)で撃つことに
 なると思います。
 ガンのグリップを握り締めないように、楽な力で握るようにして
 みてください。

 ガンの代わりにストップウォッチを手に持ち、スタートボタンを
 押すと同時にドロウ&シュートの動作をしてみて下さい。
 4秒6発、5秒6発のつもりが・・・
 意外に速く撃ってしまっていることに気がつくと思います。

 JANPSは制限時間内に規定弾数を撃ち、得点を競う競技です。
 速く撃ってもゆっくり撃っても、ターゲットの得点でしか評価は
 されません。
 ならば制限時間を目一杯使い、全てのBB弾を8cmの円の中に
 収めたいですね。

 競技内容を理論的に分析して、自分のスキルで確実に得点できる
 スコアを目指してJANPSに挑む。

 これこそがJANPSの楽しみ方だと、私は考えています。

 極端に言えば、
 「当てられる的だけを、目一杯時間を掛けて撃つ」という考えも
 通用するのです。

 先述の「フォーリングプレイト」ならば、
 4m 5枚×2ストリング= 10枚(最後の1枚は時間外で撃つ)
 5m 6枚×2ストリング= 12枚
 6m 6枚×2ストリング= 12枚
 7m 5枚×2ストリング= 10枚(距離によるミスを考慮)

 で、合計44枚を倒すことが出来ます。もし5、6mで時間が
 足り無くても40枚400点を稼ぐことが出来るはずです。

 「射撃は弾を撃つ競技ではなく、的に当てる競技である」



 皆様、「的に当てる」事を一緒に楽しみましょう。

 次回は「プラクティカル」について述べたいと思います。

 未完