スレッド一覧

  1. 国内シューティングイベント情報(504)
  2. JANPS委員会主催イベント情報(153)
  3. JANPSカスタムガン情報BOX(269)
  4. 徒然便り2(582)
  5. JANPS予備校(コース攻略Q&A)(65)
  6. 徒然便り(1095)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:78/686 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

JANPS優先エントリー制度の一部見直しについて

 投稿者:JANPS主催者  投稿日:2016年11月20日(日)10時59分47秒
  通報
  JANPS 2016には多くの参加選手および関係者の皆様のご協力をいただきました。
無事に開催できましたことに心から感謝いたします。

さて、2012年に優先エントリー制度や JANPS Basic Challenge(JBC) を導入してから
今年で5回目の大会を終えました。
おかげさまで、JANPSという競技に必要な基本技術への理解も進み、アンビシャスコース
からスタートしてステップアップを目指す方も着実に増えてきました。
また、熱心なファンのご努力によるJANPS特有の練習機材開発や、各地の練習環境の充実
もあいまって、平均成績も大きく伸びてまいりました。
さらに土曜日の先行競技実施にもみなさんのご理解ご協力をいただき、より規模を拡大
した大会運営が実現できるようにもなりました。
一言でいえば、この数年間でJANPSという競技の裾野を大きく拡げることができました。

今後、JANPSを競技としてさらに成長させるためには、ひとつの大きな課題があります。
それは "最速の精密射撃" とも呼ばれるマッチにふさわしいハイレベルな戦い、特に
「Falling Plate の得点アップ」です。

Falling Plateを48枚クリーンできた人数の2012年から2016年までの推移を見てみると
5名 → 7名 → 3名→ 6名 → 2名 と、トップ層の伸び悩みや低下傾向さえみられます。

賛否は色々あろうかと思いますが、JANPS委員会が描く理想は、より多くの選手が
Practical, Barricade, Plate の3イベントをクリーンし、最も難易度の高い Mover
に果敢に挑まれている姿です。

この理想の姿に近づけるための改善策のひとつとして、優先エントリー権の獲得基準を
見直すことといたしました。変更内容は次のとおりです。


(1) JANPS委員会主催 優先エントリー権認定マッチ 「JBC」 での成績基準

 変更前: JBCの3ステージ合計で50枚以上
  ↓
 変更後
  JANPS出場経験2回以内の方: 従来どおり3ステージ合計で50枚以上で変更なし
  JANPS出場経験3回以上の方: 従来の3ステージではなく、10cmプレイトを使った
                Falling Plateイベント方式で48枚満射


(2) プレートマスターズチャンピオンシップでの成績基準 (過去2年以内の成績)

 変更前: エキスパートクラス相当以上 (再チャレンジ いわゆる "泣き" も可)
  ↓
 変更後: 1回目の「フォーリングプレイト」(両手撃ち)を48枚満射
     (再チャレンジでの成績は優先権認定対象外)


(3) JANPS本戦での成績基準 (過去2年以内の成績)

  変更なし: Falling Plate の成績が440点以上



JANPSにチャレンジしてみたいと思われる方々に対してはその門戸を広く開きつつ、この
競技の面白さを理解された方々にはより高い技術を駆使して難敵に挑む醍醐味を味わって
いただきたいと思います。
JANPSを、より多くのシューティングファンの人々からリスペクトを集めるマッチに成長
させていきたく、みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。


JANPS委員会
競技委員長 高嶋 秀松
 
》記事一覧表示

新着順:78/686 《前のページ | 次のページ》
/686