teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/450 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

一乗寺 Norwegianwood 行ってきました。

 投稿者:きよっさん  投稿日:2019年 8月20日(火)01時08分44秒 60-61-63-52.rev.home.ne.jp
  通報
  古都・京都の暑い日、一乗寺 Norwegianwoodに 行ってきました。
まずは、リクオさんが登場。と思いきや、『いや、みんなに悪いケド、俺はいち観客として出て来てん!』と、カウンター奥(いや、正しくは入口近く)へ。
少し遅れ、有山サンが出て来て席に着く。
私達が座る席の斜め後ろには、トッコさんが座る。振り向いて軽く会釈。

チューニングが終わり、ライヴが始まる。
『今日は、ちょっとキーボードが邪魔やけど・・・』と、有山サン。
『それは、聞き捨てならんなぁ~(mini怒)!』と、いち観客のリクオさん。
一触即発の危機!(嘘)
数曲、歌ったあと、『もうエエやろ!、リクオ、一緒にやろ!』と有山サンに促されて、リクオさん登場。ふたりでの演奏が始まる。
お互いが、相手の演奏に笑顔と視線で答えながら『おっ、そうきたかぁ!じゃあこれで!』の応酬でライヴは繰り広げられていきました。

昔は恐れ多くて有山サンに言い返されなかったというリクオさんも、もうすぐデビュー30年だそうです。
リクオさんを初めて見たのが有山サン&キー坊のバナナホールでのライヴの前座(だったと思う・・・おぼろげな記憶では・・・)でガチガチに緊張して歌う姿を観たのが、そう、30年前ぐらい前?
時の経つ速さを感じつつ、リクオさんの歌を聴く。
大阪・梅田ビルボード&東京・下北沢ラカーニャではスペシャルライヴがあります。

さて、休憩を挟み、再びライヴが始まる。
ふたりの息の合った演奏、有山サンの無茶振りにも難なく応え、あの曲とこの曲(へっへっへ、いつもの内緒じゃ!)でライヴは終了。
お二人に、ご挨拶&写真を撮って(ライヴ中は撮禁でした)、店を出て、日も暮れ少し涼しくなった疎水の川風に吹かれ、さっきまでの心地よい余韻を残しながら、駅に向かいました。

有山サン・リクオさん、とっこサン&うっちーサンお疲れ様でした。
追伸
秋に行われる石ヤンの追悼ライヴ楽しみにしています。
有山サン石ヤンの曲、よ~く練習しておいてくださいね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/450 《前のページ | 次のページ》
/450