teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/133 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

一意見

 投稿者:ふかざわメール  投稿日:2008年 9月15日(月)04時25分33秒
  通報 返信・引用
  ども、またまたふかざわです。。

構成について考えたところがあるのですこし・・・。
裁判員制度は模擬裁判の取材に行けていないのでわからないので
成人について書きます。。

【成人】
自分はやはり一番思ったのは、このドキュを見た人が「大人」について考え始めてくれたりより考えをめぐらしてほしいというのが大前提にあります。自分が取材に行く中で「もっと考えなきゃ」「もっと勉強しなきゃ」と思ったのと同じように感じてもらいたいです。

だから〈伝えたいこと〉=大人について考えよう!!ってことに行きつきました。

ユッケも言ってましたが、こんだけ会議して大人とは何だという意見がばらばらになるということは大人に絶対的な定義はできないと思います。
そしてみんなが違う大人像を持つことは悪いことではないと思います。

このことをいうための構成の一案を考えてみました。

≪構成≫
普通の大学生がいる
   ↓
20歳が近付くにつれ、大人について考える。
   ↓
辞書で調べてもわからない。岩波書店へ聞いてみる。
   ↓
大人って曖昧!!
   ↓
そんな曖昧なものをどうして20歳という年で区切っているのか。法務省へ聞いてみる。
   ↓
20歳というのはただの区切りでしかない。
   ↓
そんな曖昧なものに俺(主人公の大学生)はなれっていうのか!そんなものにどうやってなれっていうんだ!!
町のひと、同じ大学生に聞こう。
   ↓
いろんな大人像がある。身体的、精神的なものさまざま!絶対的な定義はないし、できない。
   ↓
皆違って皆いい!!だから自分にとっての大人について考えることが大事(特に大学生は必要だし、この大学生の時期にしかできない。多くの人が意外におとなについて考えていることをVTRで示せればよいかなと)
   ↓
だから大人について考えよう。(そして常に自分の考える大人像に近づく努力が重要だ。)



全体的に構成は甘く、精神論みたいなところが多いのでだめだめですが、どうでしょう
!!
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/133 《前のページ | 次のページ》
/133