teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/133 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

学院取材事前情報①

 投稿者:はっしー  投稿日:2008年 9月14日(日)01時41分9秒
  通報 返信・引用
  1.高校生がどうして模擬裁判を行うのか?その意味は?授業の一環なのか?

A.2つ上のある先輩(つまり早大1年)が発案したことがきっかけどある。高校生というのは18歳を迎えるわけである。18歳というのは大人との境目。そこで大人になるにあたって社会を見渡そうというわけで、当時ニュースで報道されていた「裁判員制度」に注目→模擬裁判をやろうということになった。決して授業の一環ではなく、生徒主体によるもの。


2.裁判員制度について勉強したのか?

A.勉強して模擬裁判に参加する人もいるが、好奇心のみで全く知識なしで参加する人もいる。


3.模擬裁判にあたって、弁護士がついて指導してくれているのか?

A.早大法科大学院の四宮啓教授が面倒をみてくれていて、シナリオも提供してくれている。(俺らを完全無視したのに何やってんだか...)

4.どんな事件を扱うのか(どんなシナリオを扱うのか)?

A.殺人未遂事件を扱う。具体的な内容は
・麻雀仲間のいさかいから殺人事件発生
・被告が包丁を持ったのは故意か?それとも偶然か?何のために包丁を持ち出したのか?
・双方に言い分があり、偏りのない設定
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/133 《前のページ | 次のページ》
/133