teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:51/1679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エアウェイブ号、デッドニング施工

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2020年 6月 2日(火)18時43分55秒
  通報 返信・引用
  エアウェイブ号のオーディオ品質向上のために更なるデッドニングを施してみました。簡易的なものはしてあったのですが、今回はインナーパネルのサービスホールを全て塞ぎます。

写真(1)は内張りを剥がした状態です。防水用フィルムを剥ぎ取ります。(写真(2)) フィルムを張り付けてあったブチルゴム(写真(2)矢印)を除去します。(写真(3))

 このブチルゴムが曲者で剥がしにくいったらありゃしない。餡子のような柔らかくてベトベトの物質です。そのベトベトが尋常じゃなくて綺麗に除去出来ないんですね。私はKURE5-56もどきのオイルスプレーを吹き付けたところ綺麗に落とせました。製造後13年も経過して未だにベトベト感を失わない耐久力もすごいです。

最後に穴という穴を全て制振材で塞ぎます。(写真(4)) 日東電工製 レジェトレックス を使用しました。これで穴塞ぎは完了です。

デッドニングの目的は(A)車外音の遮断、(B)鉄板のビビリ音抑制、(C)スピーカー後方の密閉性向上、の三つだそうです。ここの管理人は(C)を重視したいと考えております。密閉性が増すと低音が増大するからです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:51/1679 《前のページ | 次のページ》
/1679