teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:47/1669 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エアウェイブ号、ホーン交換にまつわる話2題

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2020年 5月26日(火)18時17分15秒
  通報 返信・引用
  バンパーの裏側にある鉄の部材(衝突時の防護用だと思う)に錆が出ていたので補修しました。(上写真) こういう部材は安い塗装を施してあるので錆びやすいです。酷い錆には亜鉛メッキスプレー、軽い錆にはシャーシ―コートクリアを吹き付けておきました。

ホーン交換後、説明書を読んでいたら「ホーンと他電装品でヒューズを共有している場合、リレーハーネスを使用せよ」というようなことが書いてありました。エアウェイブ号のヒューズを確認してみますとホーンと制動灯が共有になっていました。純正ホーンは3.5A、制動灯は3.5A、合計7Aです。ヒューズは10Aが使用されていました。交換したホーンは2個で8A! ホーンを鳴動させながらブレーキをかけると11.5Aになるので確実にヒューズが飛びます。そういうことがあるのでバッ直にせよ、ということなのでしょう。リレーハーネスは高価だし、自作するのも可能ですが、必要な防水自動車用リレーの持ち合わせはありません。とりあえず、ヒューズの容量を大きなもの(20A)に交換して凌ぐことにしました。(下写真)
 
 
》記事一覧表示

新着順:47/1669 《前のページ | 次のページ》
/1669