teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ユムシ

 投稿者:manager  投稿日:2016年11月12日(土)07時21分7秒
  ユムシ  ケブル
http://matome.naver.jp/odai/2142096527881101701
 
 

memo

 投稿者:manager  投稿日:2016年 9月24日(土)15時48分49秒
編集済
  172巻
アナライズ・ウクライナ 2007.11
 「ウクライナで、対立関係にあるエロシェンコ大統領とマルケビッチ首相、
彼等がそれぞれ狙撃されるが、狙撃事件をメディアに発表する気配がない」
「この事件にはGがからんでいる」
などの会話をトイレの中で聞いたのは、新聞広告を見てM16に一年前入ったジェレミー・デイビス。
 そのウクライナの事件を、デイビスに分析して説明したのは
元M16アナリストのダグ・ヒギンズだが、いまはただの酔っ払いだ。
エロシェンコ大統領はカラー革命でダイオキシン中毒とみられる症状で顔面が変形した。
もうこれ以上の同情は不要なのだ。そうダグ・ヒギンズは説明する。
 ダグ・ヒギンズが現役のとき、M16のパデイーマー部長がロシアに情報を売っていた。
ダグ・ヒギンズとハーベイ・マクミランはM16パデイーマー部長殺しをG13に依頼。
しかしG13に断られる。がっかりしたダグ・ヒギンズは酒におぼれM16の金を使い込み首になる。
(すでにG13は別の依頼者からパデイーマー部長殺しを依頼されていたから、ダグたちの依頼を断った)
 ダグはいろいろウクライナの歴史をジェレミー・デイビスに話す。
ウクライナは20世紀に6回も独立宣言をして、5回も挫折を味わった。
1991年、ソ連崩壊の中でようやく現在の独立国家として歩み始めた。
(われわれ英国人が住む、このちっぽけな島でさえ、連合王国としての寄り合いの悩みは尽きない)
(同じ島国でも、極東の日本などは、第二次世界大戦後アメリカの庇護下に入り、存亡をかけた駆け引きとは無縁で暮らすうちに、....
国家としての主張さえふやけてしまい、彼らには、真の独立への渇望もなければ闘争心もない)
(そんなことに悩まないですむ自分たちがいかに幸せか、ということにも国民は気づいていない)
 ウクライナのガリツィア師団は奇跡的に生き残った。
ナチスドイツの手先であるガリツィア師団8千人を、英国政府は対ソ連用のスパイ候補として採用し英国に受け入れたのだ。
 英国在郷軍人会連盟で働いていたOBの回想からわかったガリツィア師団。その師団のリストをもとにさらに調査した結果
Gとは、ガルツイア師団に志願したアレックス・オニールのこと。 彼がウクライナの暗殺未遂事件の黒幕だった。
 ハーベイ部長からG13は標的アレックス・オニールを依頼される。孫チモシーも一緒に城のテラスで撃たれる。
     トイレの描写に難点あり。 あんなに低くない。まるで日本のトイレ。

東ドイツの残骸 2007.3
 旧東ドイツ諜報機関シュタージ幹部のマルクス・ウオルフが亡くなった。
こうして旧東ドイツの歴史のキーパーソンがまた消えていく。
 ボン自由大学のユルゲンス教授はロシアに出張してカレリン大佐から話を聞く。
KGBは、東ドイツのチャウシェスクのいるルーマニアにSファイルを運び出すよう本国から指令を受けた。
 チャウシェスクも民衆に殺され、ルーマニアも保管場所として安全ではなくなったので、空輸でロシア本国へ輸送することになった。
ウラノフ空軍少佐が運んだ。ウラノフはSファイルの一部を盗んだ。
モスクワでウラノフからSファイルを渡されたユルゲンス教授は超一級の歴史資料と喜ぶが....
一緒にSファイルを運んだ当事の部下のアゾフ副官がウラノフのところに来て、Sファイルが教授の手に渡ったことを知る。
 マイヤーは恋人サンドラに、教授がモスクワで手に入れた貴重なファイルのことを話す。
彼らが教授を訪ねると、直前に教授はアゾフに殺されていた。
 アゾフはSファイルを義兄バレンスキーに売ろうとする。
Sファイルは旧東ドイツ当時KGBと一心同体だった秘密警察シュタージに協力していたスパイたちの名簿
そのなかには、新ドイツ連邦で元スパイの身分を隠して要職につぃている政府要人もいる。
 教授の部屋を整理していたサンドラは、発見したGファイルの資料にぼやけてピントの男G13が写っているのを見る。
 残りのSファイルを求めマイヤーの部屋に入ったバレンスキーは、Sファイルを持っていないマイヤーを殺す。
「Sファイルとは、旧東ドイツ時代ロシアKGBと一心同体だった秘密警察シュタージに協力していたスパイたちの名簿だ。
暗号名チャイカ 君たちの国(ドイツ)のエネルギー省代表ウオルフガング・ハインツの名前もある。」
そう死んでゆくマイヤーに教えるバレンスキー。
 アゾフからSファイルを受け取ったバレンスキーは、金を渡さずアゾフをホームに突き落とす。
 チャイカへ ロシアより愛をこめて ゆすられ始めたハインツ
サンドラは教授の隠していたGファイルを見つけ、チャイカの名前で呼び出したハインツにGファイルを渡す。
 Gファイルを見てピンチの自分を救ってくれるかもしれないと、G13に連絡を取るウオルフガング・ハインツ
彼の前にG13が現れた。
ハインツは、自分の過去を知るバレンスキーの抹殺をG13に依頼する。さらにSファイルの抹殺も依頼する。
 バレンスキーのトランクと同じ防護板つきトランクをG13に作った職人コリャーキンは、秘密を守らずバレンスキーに連絡を取っているときG13に殺される。
G13にバレンスキーとSファイルの抹殺を依頼したハインツは最終的にG13に殺される。
サンドラからGファイルの入手先を聞いたG13はすべてを理解し、Gファイルをもつハインツが自分の秘密を知った男となると危険なので抹殺したのだ。
 

G13

 投稿者:manager  投稿日:2016年 9月17日(土)17時17分8秒
編集済
  第86巻
禿鷲伝説 1989.2 終戦の満州でただ一人生き残った東堂高志、父は関東軍特務機関卍のキャップ東堂征一郎大尉、母はチチハルの小学校教員だった。彼は中国人馬天明に育てられカンフーを仕込まれた。彼は乱暴者で、近所の子どもたちから禿鷲と呼ばれ、それが彼の通り名となった。禿鷲は中国の核実験資料をもって、1965年以降中国からベトナムに渡った。
G13のことを調べて殺すよう指令を受けたKGB特別局の暗殺者コズロフは、ベトナムでの禿鷲のことを知るグエン・フン・ロウに会って話を聞くが、禿鷲はグエンに殺されたことを知り驚く。コズロフは禿鷲がG13でないことを知るが、結局G13に撃たれる。
東堂征一郎大尉率いる卍機関のZ資金は北満州に眠る。

大学教授の私生活 1987.8  スコープに暗視装置レーザーサイトに無色透明の炭酸ガスレーザーをつけたM16銃を開発した武器屋ロゼリーは、6丁つくり内5丁をコロンビアのゲリラに貸し与えた。ゲリラ対策のためバルコ大統領はG13にゲリラ一味とレーザー装置を銃につけたシュルツ教授の殺害を依頼した。生き残ったロゼリーは身の危険を感じ、ゴールドマン教授にG13の暗殺を依頼する。
ニセ学位記製造業者を依頼され射殺したゴールドマン教授は、残った高性能銃でG13を撃つつもりが逆に撃たれる。
 

memo letter

 投稿者:manager  投稿日:2016年 9月 3日(土)19時25分50秒
  https://www.youtube.com/watch?v=lPuv06Rsd8g

https://www.youtube.com/watch?v=lPuv06Rsd8g
 

memo

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月22日(日)16時15分40秒
  180巻
ギザの醜聞 2009.7
 英国ディアム大学の准教授マーチン・ウェザーは運の悪い男だった。
彼はエジプト調査会の会長エリオット・ウェザー卿の孫である。
 発掘に数千万ポンド(数十億円)かけて、発見したのは第二次世界大戦中に撃墜された英国のスピットファイアーだった。イギリス考古学会の看板に泥を塗るようなことをしてと祖父からしかられる准教授マーチン・ウェザー。
 起死回生の発見をと願う彼に、大ピラミッドのキャップストーンというビッグネタを持ち込んできた男ムスタファ。
わらをもつかむ思いで、彼は瓦礫の山からキャップストーンが発見されるという話に大金をつかう。香港クーロン地区での取引。
 ウェザー卿は線なもんかに調べさせたが、キャップストーンは本文である可能性が高かった。しかし、念のため ウェザー卿はムスタファの身元を調べさせると、はたしてキャップストーンは捏造だったということがわかる。
 ウェザー卿は一族の名誉を守るため孫の射殺をG13に依頼した。キャップストーンを大ピラミッドに乗せるセレモニーをテロのしわざとみせてこわしたG13は次に准教授マーチン・ウェザーを撃った。

誰がそれを成し得たのか 2009.3
  建築の世界は個人名が出る。ガウディしかり、辰野金吾しかし、丹下健三しかり。エッフェル塔も製作者の名前だ。しかし、土木の世界は違う。黒四ダムも青函トンネルも代表者の名前はない。 土木工学会会長杉原の仙台国際センターでの講演のあとに対談したジャーナリスト深沢は、台湾の八田与一や田辺朔郎や広井勇の名をあげる。
 杉原会長の語るフィリピンのカラミアン諸島オエステ島でのできごと。ODAがらみで半年前にフィリピンに行ったのだ。
 二日前に地震があり斜面崩壊で川がせき止められ大量の水がたまり、これが決壊すると下流に大きな被害を引き起こすことになる(河道閉塞)。大型掘削機械もない技術者たちは考える。
 爆弾漁をしている漁民たちからダイナマイトを集めて、巨大な岩(楔岩)の二ヶ所に爆弾をしかけ、最初に楔岩の下流側を崩し河道をふさぐ。次に上流側を崩して土石流の方向を変える。地図によると楔岩の裏手近くに入り江があるから、うまくいくと川はそこで流れを急変して海に落ちるはずである。
 このような技術者の相談を小屋でしていると、不意に入り込んできたG13は聞くこともなく聞いていた。だがタイミングよくダイナマイトを爆破するのに必要な遠隔装置はここあたりにはない。ハンターと見受けられるG13に杉原会長は射撃を依頼する。
 じつにうまくG13は楔岩の爆破のための射撃を時間のタイミングにあわせて成功させる。トウゴウとだけ名のった男の正体は、杉原は深沢に聞くが、深沢も知っていたが知らないという。
 G131は実はフィリピン政府に頼まれて川の上流にあるマフィアの麻薬工場の作業員たち全員を射殺し、隠してあったゴムボートで川をくだるつもりだったのだが、河道閉塞で下れなくなり小屋に入ってきたのだ。
 G13は自分のためには河道閉塞を解決し、下流の村人たちを救ったのであった。

死への階  2009.8
 シシリー島パッセローナ地方で、昔の仲間からの手紙を見たゼウス
そこには、裏切られて警察に捕まり10年後に脱獄したが、妻子は行方不明、俺は必ずお前に復習する。今月最後の日にお前はG13に撃たれると書いてあった。
 体を悪くしたゼウスは死を覚悟していた。部下のニキとヨアニスは仲が悪い。と見せかけうらで手を組んでゼウスを出し抜いて儲けを二人で独占しようとする。
もう一人の若い部下ニコラオスはへまばかりやって頼りない。
 いよいよG13に撃たれる時間が迫ってきた。目立つ服装をしたゼウスは、壇上にのニキとヨアニスとニコラオスをあげる。裏切り者ニキとヨアニを撃ったゼウスはニキとヨアニのボデイガードたちに自分の跡継ぎのニコラオスの身を守るようにと言う。
裏切ればG13に撃たれるであろう。
 たよりない印象のニコラオスは、実はゼウスを裏切った相棒の息子だった。
ゼウスが死んだあとニコラオスは見違えるようにボスの風格になっていく。ゼウスの遺言もあったから。
 

memo

 投稿者:manager  投稿日:2016年 1月27日(水)08時55分26秒
編集済
  毎年行われる(財)日本国際教育協会(AIEJ)主催の
「外国人学生のための進学説明会」に2年前(1997.9)岩手大学から参加したことがあります。
(日本国際教育協会は、日本育英会や国際学友会や内外学生センターと整理統合され、新たに文部科学省所管の独立行政法人日本学生支援機構【JASSO】として、平成16年4月1日に設立されました)

このとき、ウイグル人留学生を紹介され、ウイグル人留学生など
シルクロードの留学生を支援し、シルクロードの民族と交流する団体
「日本シルクロード倶楽部」に入ることになりました。
日本シルクロード倶楽部との交流活動のページ
それがきっかけで、この平成11年7月15日から10日間のキルギスタン
(正式名称はキルギス共和国)~新疆ウイグル自治区の旅に参加することができました。

かねてより、三蔵法師の旅に憧れている私は、ちょうどよい機会とばかり
参加したのですが、日本に留学したウィグル人留学生やキルギスと共同事業を
行っている関係者の皆様のおかげで、普通の旅行者はなかなか体験できない
現地の人々との親密な交際をすることができました。


平成15年5月24日 岩手大学中央食堂で盛岡シルクロード・ウイグル音楽会が行われました。

2004年7月6日に岩手教育会館で、鷲尾さんを中心に岩手大学ウイグル人留学生たち参加のシルクロード音楽会が開催され多くの市民が感動しました。


そして第三回シルクロード音楽会として、2007年7月7日に東京から来たウイグル人留学生たちと盛岡のウイグル人留学生たちによる音楽会が、盛岡市上田公民館で開催されたのでした。
このときも白石さんたちが留学生をつれて車で盛岡に来たのです。


日本シルクロード倶楽部
   忘年会
銀河高原ビール・ウイグル料理・ウイグル音楽
場所 銀河高原ビール御徒町店<JR山手線・御徒町駅ガード下>
    tel 03-3834-0600
期日 2004.12.29


おそらく2005年春
キルギス人バケット氏の結婚披露宴 椿山荘
盛岡から指導教授、ロータリークラブ、留学生支援者のみなさんが駆けつける。

Silkroad Festival
2005.3.15-24
シルクロード フェスタ
世田谷文化生活情報センター

2005.11.11 京王プラザホテル
大シルクロード音楽舞踏祭
 

G13 172

 投稿者:manager  投稿日:2014年 5月29日(木)08時56分9秒
     172巻

アナライズ・ウクライナ 2007.11

「ウクライナで
対立関係にあるエロシェンコ大統領とマルケビッチ首相、それぞれ狙撃されるが、狙撃事件をメヂアに発表する気配がない」
「この受験にはGがからんでいる」
などの会話をトイレの中で聞いたM16に一年前入ったジェレミー・デイビス。

デイビスに
元M16アナリストのダグ・ヒギンズはただの酔っ払いだが、分析する。
エロシェンコ大統領はカラー革命でダイオキシン中毒とみられる症状で顔面が変形した。もう同情は不要。


パデイーマー部長がロシアに情報を売っていた。ダグ・ヒギンズとハーベイ・マクミランはM16パデイーマー部長殺しをG13に依頼。 しかしG13に断られる。がっかりしたダグ・ヒギンズは酒におぼれM16んの金を使い込み首になる。
(G13は別の依頼者からパデイーマー部長殺しを依頼されていたから、ダグたちの以来を断った)

ダグはジェレミー・デイビスに話す。
ウクライナは20世紀に6回も独立宣言をして、5回も挫折を味わった。
1991年、ソ連崩壊の中でようやく現在の独立国家として歩み始めた。

(われわれ英国人が住む、このちっぽけな島でさえ、連合王国としての寄り合いの悩みは尽きない)
(同じ島国でも、極東の日本などは、第二次世界大戦後アメリカの庇護下に入り、存亡をかけた駆け引きとは無縁で暮らすうちに、....国家としての主張さえふやけてしまい、彼らには、真の独立への渇望もなければ闘争心もない)
(そんなことに悩まないで住む自分たちがいかに幸せか、ということにも国民は気づいていない)

ナチスドイツの手先であるガリツィア師団8千人を、英国政府は対ソ連用のスパイ候補として採用し英国に受け入れた。

旧東ドイツ諜報機関シュタージ幹部のマルクス・ウオルフがなくなった。

元KGB要員の回想からわかった
Gとは、ガルツイア師団に志願したアレックス・オニールのこと。

G13は標的アレックス・オニールを依頼される。孫チモシーも一緒に城のテラスで撃たれる。

トイレの描写に難点あり。 あんなに低くない。



東ドイツの残骸 2007.3
ユルゲンス教授はカレリン大佐から話しを聞く。
KGBは、東ドイツのチャウシェスクのいるルーマニアにSファイルを運び出すよう本国から指令を受けた。
チャウシェスクも民衆に殺され、ルーマニア・:¥も保管場所として安全ではなくなったので、空輸でロシア本国へ輸送することになった。ウラノフ空軍少佐が運んだ。ウラノフはsファイルの一部を盗んだ。
ウラノフからsファイルを渡された教授は超一級の歴史資料と喜ぶが....
一緒にsファイルを運んだ部下のアゾフ副官がきて、sファイルが教授の手に渡ったことを知る。

  暗号名チャイカ 君たちの国(ドイツ)のエネルギー省代表ウ@オルフガング・ハインツさま

マイヤーは恋人サンドラに言う。 Sファイルのことを。彼らが教授を訪ねると、直前に教授はアゾフに殺されていた。

アゾフはsファイルを義兄バレンスキーに売ろうとする。sファイルは旧東ドイツとうじKGBと一心同体だった秘密警察シュタージに協力していたスパイたちの名簿 そのなかには、新ドイツ連邦で元スパイの身分を隠して要職につぃている政府要人もいる。

教授の部屋を整理していたサンドラは、Gファイルの資料にぼやけてピントの男G13が写っているのを見る。
残りのSファイルを求めたバレンスキーはSファイルを持っていないマイヤーを殺す。

Sファイルを受け取ったバレンスキーは、金を渡さずアゾフをホームに突き落とす。

チャイカへ ロシアより愛をこめて
 暗号名チャイカ 君たちの国(ドイツ)のエネルギー省代表ウ@オルフガング・ハインツ
サンドラは教授の隠していたGファイルを見つけハインツに渡す。

G13に連絡を取るウオルフガング・ハインツ
その前にG13が現れた。
バレンスキーの抹殺をG19に依頼する。Sファイルに抹殺も依頼する。

バレンスキーぼトランクと同じトランクを作った職人コリャーキンンは連絡を取っているときG13に殺される。

G13に連絡を取っていたバレンスキーはG13に殺される。

Gファイルを手にしたハインツは最終的にG13に殺される。
サンドラからGファイルの入手先を聞いたG13はすべたを理解し、Gファイルをもつハインツは自分の秘密を知り男として抹殺したのだ。
 

G13 172

 投稿者:manager  投稿日:2014年 5月20日(火)07時57分32秒
  172巻 アナライズ・ウクライナ 2007.1

ウクライナで
対立関係にあるエロシェンコ大統領とマルケビッチ首相、それぞれ狙撃されるが、狙撃事件をメヂアに発表する気配がない。
この受験にはGがからんでいる。などの会話をトイレの中で聞いたM16に一年前入ったデイビス。

パデイーマー部長がロシアに情報を売っていた。M16ノパヂマー殺しをG13に依頼。

旧東ドイツ諜報機関shタージ幹部のマルクス・ウオルフがなくなった。

元KGB要員の回想

Gとは、ガルツイア師団に志願したアレックス・オニールのこと。

G13は標的アレックス・オニールを依頼される。孫チモシーも一緒に城のテラスで撃たれる。



トイレの描写に難点あり。 あんなに低くない。


東ドイツの残骸 2007.3
ユルゲンス教授はカレリン大佐から話しを聞く。
KGBは、東ドイツのチャウシェスクのいるルーマニアにSファイルを運び出すよう本国から指令を受けた。
チャウシェスジュも民衆に殺され、ルーマイナも保管場所として安全ではなくなったので、空輸でロシア本国へ輸送することになった。ウラノフ空軍少佐が運んだ。ウラノフはsファイルの一部を盗んだ。
ウラノフからsファイルを渡された教授は超一級の歴史資料と喜ぶが....
一緒にsファイルを運んだ部下のアゾフ副官がきて、sファイルが教授の手に渡ったことを知る。

  暗号名チャイカ 君たちの国のエネルギー省代表ウ@オルフガング・ハインツさ

マイヤーは恋人サンドラに言う。 Sファイルのことを。彼らが教授を訪ねると、直前に教授はアゾフに殺されていた。

アゾフはsファイルを義兄バレンスキーに売ろうとする。sファイルは旧東ドイツとうじKGBと一心同体だった秘密警察シュタージに協力していたスパイたちの名簿 そのなかには、新ドイツ連邦で元スパイの身分を隠して要職につぃている政府要人もいる。

教授の部屋を整理していたサンドラは、Gファイルの資料にぼやけてピントの男G13が写っているのを見る。
残りのSファイルを求めたバレンスキーはSファイルを持っていないマイヤーを殺す。

Sファイルを受け取ったバレンスキーは、金を渡さずアゾフをホームに突き落とす。

チャイカへ ロシアより愛をこめて
 暗号名チャイカ 君たちの国のエネルギー省代表ウ@オルフガング・ハインツ

G13に連絡を取るウオルフガング・ハインツ
その前にG13が現れた。
バレンスキーの抹殺をG19に依頼する。Sファイルに抹殺も依頼する。

バレンスキーぼトランクと同じトランクを作った職人コリャーキンンは連絡を取っているときG13に殺される。

G13に連絡を取っていたバレンスキーはG13に殺される。

Gファイルを手にしたハインツは最終的にG13に殺される。
 

memo 172

 投稿者:manager  投稿日:2014年 5月19日(月)22時46分7秒
  172巻 アナライズ・ウクライナ 2007.1

旧東ドイツ諜報機関shタージ幹部のマルクス・ウオルフがなくなった。

元KGB要員の回想



  北極海のカニン島で放置された炭素菌 この研究の第一人者ジキンスキーが極秘で培養実験を再開しようとしていた時テロリストたちが現れる。
  32時間かかる培養を、博士の研究で8時間早める特殊培養溶液を使って、テロリストたちは急がせる。
  島をすぐ爆撃させようとするラーチン大統領に、部下はG13に博士と炭素菌を奪いかえすこと依頼するよう提案する。
  現地にパラシュートでおりたG13、戦いがはじまる、博士と炭素菌を無事回収したG13 楽劇は中止。

トイレの描写に難点あり。 あんなに低くない。


東ドイツの残骸 2007.3


  暗号名チャイカ 君たちの国のエネルギー省代表ウ@オルフガング・ハインツさ

マイヤーハ」サンドラに言う。 Sファイルのこと

G13に連絡を取るウオルfyガング・ハインツ
その前にG13が現れた。
バレンスキーの抹殺をG19に依頼する。Sファイルに抹殺も依頼する。

バレンスキーぼトランクと同じトランクを作った職人コリャーキンンは連絡を取っているときG13に殺される。

G13に連絡を取っていたバレンスキーはG13に殺される。




トレーデイング社のラジャブ・カリーム
  彼は、帝都物産、成島精機の3次元測定器をパキスタンに不正輸出したときの取引相手、日本側は政治家の圧力で会社に操作の手が届かなかったが、関係者の横田と上条が事故死。
  新聞記者高見は、横田と上条がサソリの刺青をした男ラジャブ・カリームの顔を知っているから殺されたと推理し、パキスタンのペシャワルに飛ぶ。
  そのころ、G13はスペインの列車テロの被害者になった息子一家の敵としてラジャブ・カリーム殺しを英国人からロンドンで依頼される。
  囚われた新聞記者高見は、同じ牢の中英国スパイのモリスと仲良くなる。G13はテロリストたちを全滅させ、のこった高見と英国人スパイのモリスに対し、モリスがラジャブ・カリームだと見破る。刺青を見せ油断したモリスはG13に撃たれ、高見に一切口外しないことを条件に命びろいする。
 

memo

 投稿者:manager  投稿日:2014年 3月27日(木)10時18分43秒
  171巻
赤い五月の使命 2006.11
  北極海のカニン島で放置された炭素菌 この研究の第一人者ジキンスキーが極秘で培養実験を再開しようとしていた時テロリストたちが現れる。
  32時間かかる培養を、博士の研究で8時間早める特殊培養溶液を使って、テロリストたちは急がせる。
  島をすぐ爆撃させようとするラーチン大統領に、部下はG13に博士と炭素菌を奪いかえすこと依頼するよう提案する。
  現地にパラシュートでおりたG13、戦いがはじまる、博士と炭素菌を無事回収したG13 楽劇は中止。


TATTOO・刺青 2007.2
  日本にきて両腕にさそりの刺青を彫ったサルタージ・トレーデイング社のラジャブ・カリーム
  彼は、帝都物産、成島精機の3次元測定器をパキスタンに不正輸出したときの取引相手、日本側は政治家の圧力で会社に操作の手が届かなかったが、関係者の横田と上条が事故死。
  新聞記者高見は、横田と上条がサソリの刺青をした男ラジャブ・カリームの顔を知っているから殺されたと推理し、パキスタンのペシャワルに飛ぶ。
  そのころ、G13はスペインの列車テロの被害者になった息子一家の敵としてラジャブ・カリーム殺しを英国人からロンドンで依頼される。
  囚われた新聞記者高見は、同じ牢の中英国スパイのモリスと仲良くなる。G13はテロリストたちを全滅させ、のこった高見と英国人スパイのモリスに対し、モリスがラジャブ・カリームだと見破る。刺青を見せ油断したモリスはG13に撃たれ、高見に一切口外しないことを条件に命びろいする。

愚か者の銃 2008.3
  銃規制法案推進のジョイ市長は、ハイスクール同級生のロバートが銃規制反対の首領で対決される。
  ロバートは変装して、ジョイ市長の留守に家に押し入り、ジョイの妻カレンを撃ち殺す。ジョイは帰ってから銃で自殺する。
  目撃した母アンジェラは、興奮したらのどを掻く癖を目撃したので、犯人はロバートだと思う。アンジェラの再婚相手のマックは、G13を紹介する。
  G13に会ってから、アンジェラはロバートに、もううらまないと言う。安心したアンジェラの顔を見たロバートは、彼女がG13に依頼したと思い、友人2人にG13の殺しを依頼するが、2人ともG13に撃たれる。
  追い詰められたロバートは、なぜ俺を狙うとG13から聞かれ、アンジェラの依頼だろうというと、G13は何も頼まれていないと答える。
  アンジェラはG13を見て、人間世界の善悪を超越したG13から、憎しみというレベルをはなれて、息子の敵うちは依頼しなかった。
  しかし、自分が狙われていると思ったロバートは、G13に向ったため、誰でも攻撃するものは結果をみるのは決まっていると言われ撃ち殺された。


http://8jikann

 

レンタル掲示板
/13