投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


はてるまっぷ

 投稿者:そう  投稿日:2018年 5月10日(木)22時41分21秒
返信・引用
  http://www.town.taketomi.lg.jp/uploads/fckeditor/uid000019_201804060914068fa4c6e4.pdf

http://www.town.taketomi.lg.jp/uploads/fckeditor/uid000019_201804060914068fa4c6e4.pdf

 

岩井さん

 投稿者:そう  投稿日:2018年 5月10日(木)22時39分0秒
返信・引用
  ありがとうございます。2冊とも読んでいただけるとは!  

愉しみと哀しみ

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 5月 6日(日)21時50分11秒
返信・引用
  創さんの『東京暗渠学』(洋泉社)・『はじめての暗渠散歩』(ちくま文庫)、読了しました。

「暗渠の風景やそこに広がる空間の背後に積み重なる時間をひもといていくことで、暗渠はまた別の姿を見せる。暗渠化の歴史は土地の変遷の歴史、とくに東京ではその都市の発展と拡大の歴史のネガでもある。しかし暗渠に積み重なる時間は決してそれだけではない。地殻変動、海進・海退、堆積と侵食といった、数万年単位の自然史。地域の開発、都市や集落の発展過程、災害といった地域の歴史。そして個人個人のもっているささやかな記憶や、世代のあいだで語り継がれるような、そこに暮らした人々の個人史。暗渠にはさまざまな異なるスケールをもった時間軸が重なり合っている。」
「そして、ときにそこからは愉しみだけではなく、哀しみも感じられるかもしれない。」

知識が増えるほど、世界をより面白く生きられると思いますが、まさにそれを実証してくれるような本でした。今、大小の様々な暗渠が、愛しいです。
さて、自分なりのレイヤーにも、巡り会いたいものですが…


〉yukaさん はじめさんも?
たましろ便り、ありがとうございます。
そうそう、イッチー、以前は波照間のキジムナーみたいだったのが、最近、とっても常識あるキジムナーみたいになってきましたよね。


ほなまた。

 

子連れたましろデビュー

 投稿者:yukaメール  投稿日:2018年 5月 5日(土)10時16分0秒
返信・引用 編集済
  ご無沙汰しております。yukaです。
私もとある常連さんから3月下旬頃に
たましろの食事提供が5月末で最後に
なるとの連絡をもらい、5月のGWなんて
信じられないくらい高いフライト料金に
驚きつつ、今回来なければ後悔するよとの
友人の声に、お金では得られない時間を
過ごすために、1歳10ヶ月と4歳の2人
子連れで夫と4人でたましろに泊まって
きました。

食事の出る時間が朝も夜も遅くなり、
子ども達には前食のご飯の残りでつなぐ中、たましろさんが子ども達の夜食にと、赤飯の
パックとお菓子を差し入れてくれたり、
イチが子ども達に子ども用のスナック菓子を
買ってきてくれたりと、一人旅の時には
得ることのなかった、また別のたましろ
時間の優しさに触れました。

もちろん、一人旅の時とは変わらない
たましろユンタク時間も、子どもを背中に
おんぶして寝かしつけながら楽しみました。

そして変わらないニシハマの美しさと癒しを
家族で楽しめたことに感謝。
たましろに出会えたこと、たましろで
出会った人達に感謝です。
なかなか皆さんにお会いする機会が少なく
なってしまったけれど、またいつかどこかで
お会いしてたましろトークできることを
楽しみにしています。

http://

 

2018年5月4日の「はじまり」に想う…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 5月 4日(金)08時12分40秒
返信・引用
  かつて、たましろで一緒になったご夫婦から、5/30~31に、たましろ泊するとの
連絡をいただきました。その知らせを、ハガキで、肉筆で届けてくれたことが、
なんだか嬉しかったオイラです…。俺は、1995年が初たましろで、現段階での最終
たましろが2017年正月です。妻と知り合ったのは、2001年5月4日のたましろで、
1歳の娘を連れて、たましろに泊まったのは2011年2月のことでした…。たましろ
なしの俺の人生は、もはや想像できないくらいです…。たましろは、いつだって、
鈴木創の心の真ん中にあります…。大阪での俺の今の生活は、あの日のたましろ
から地続きであること、たましろに出逢ったから今の俺はここに在ることを実感
する朝です…。

MLBで、鈴木一朗が走りはじめたのは、2001年のことでした。

どんな出来事にも「おわり」はあって…。

「おわりは はじまり」改めて、そう想います。

ありがとう、民宿たましろ。ありがとう、玉城行雄さん。
 

閉じない/閉じてはいけない

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 4月 7日(土)23時45分45秒
返信・引用
  少し前のたましろ荘では、自分に求めている、だから世界に求めている眼の人を、しばしば見かけました。

「無聊」「閑寂」「漫然」…… いつしか、たましろ荘や波照間の過ごし方に、形が定まった自分がいます。

たましろ荘の、ある意味最後の今日、思っていたのとは全く異なる一日を過ごしました。

たましろ荘や波照間という、敢えて謂わば"偉大な娯楽"の味わい方を、まだまだ僕はわかっていませんでした。


今日、生きてここに在って、良かった。

ほなまた。
 

今夜も

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 4月 5日(木)22時34分20秒
返信・引用
  焚き火でした。いいものです、炎の上がる夕べ。

とか、今日は、僕は初体験、行雄さんは客を置いて日帰り石垣島へ(白内障の治療をして、その経過観察)。「女買ってくるよ、帰って来なかったら今夜は素泊まりで」など言いながら。
無事に帰ってこられて、というわけで、夕食は一品ずつ出てきて、料亭の懐石料理か何かのよう。(石垣で買った?)寿司や(石垣で買った?)ハンバーグ載せご飯など、展開にワクワクドキドキハラハラでした。

明るく楽しく健康的な、波照間の日々です。

ほなまた。
 

The Final Countdown

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 4月 5日(木)22時18分6秒
返信・引用
  連続投稿失礼します。

いはゐさんのリアルたましろ発信をいただく中で、俺の頭の中では、高校生の時に
ヘビーローテで聴いていたヨーロッパのファイナル・カウントダウンがズッと流れ
ています…。たましろは、この歌詞で言うところの「地球」だったんだろうな…。

https://www.youtube.com/watch?v=hD86p_tTBiw

 

そうですか…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 4月 5日(木)21時53分32秒
返信・引用
  「脚が良くない」のは、痛風の関係かもしれませんね。

病気をおして、行雄さんが、我々に与えてくださった愛、改めて
有り難く感じます。

焚き火とたましろ夕飯の写真。これまた沁みますね…。
 

今夜は

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 4月 4日(水)23時05分52秒
返信・引用
  久しぶりに、火を焚いてくれました。とか、「浜で拾ってきたよ」と、新しく珊瑚を敷いてくれたり。

〉はじめさん
何かにつけ、行雄さんのお客さんへの想い、そしてその言葉…… 有り難いです。

っていうか。
脚が良くないようで、そこらへんの木の棒(?)を杖にして歩く姿は、少しヨーダのよう。かつては、ジェダイの宿主として、彼の宿は全銀河にその名を轟かせた、みたいな。
「マスター、宿が汚れています」「眼では世界の半分しか見えぬ」
「マスター、部屋にヤシガニがいます」「ヤシガニが住んでいるのは、部屋ではない、お主の心の中じゃ」等々。


ほなまた。
 

いはゐさん

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 4月 4日(水)16時14分22秒
返信・引用
  リアルタイムたましろ2018年4月4日、めちゃくちゃ嬉しいです。

俺も、今日、平日休み。これから、大阪で弁護士やってる大学の後輩と
街で呑みます。すでに呑みながら…。手紙執筆中の有意義な午後…。

俺も、たましろの方角に向けて(どっちだ!?)、リアルな乾杯!!
 

非日常が日常

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 4月 4日(水)11時07分21秒
返信・引用
  今日も朝食は、極厚切りトースト5枚、ジャガイモごろごろシチュー、野菜たっぷりスープ、ジャガイモと茹で玉子サラダ、ふかしジャガイモ、茹で玉子、生野菜サラダ、オレンジ1個、バナナ。
さらに、「お昼におにぎりどうぞ」とお櫃いっぱいのご飯。
計、4メガカロリーぐらい?

そんな非日常が日常になっている、僕は幸せです。

〉はじめさん
ありがとうございます。はじめさんのぶんも、楽しみます。
というわけで、リアル乾杯中。

ほなまた。
 

行雄さんの言葉…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 4月 4日(水)09時41分0秒
返信・引用
  沁みますね、肝に…。

今、その場所にいるいはゐさんに乾杯。

仲間たちの分まで、永遠の瞬間、胸に刻んでくださいね。
 

美酒

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 4月 3日(火)20時00分25秒
返信・引用
  沖縄に来て、今日で7日目。
コザや那覇のオンボロ市場、竹富や鳩間の宿、乗換の石垣で昼呑み等々、呑んだくれています。

先ほど、たましろに到着。宿の件、行雄さんに伺いました。
「食事を出せるのは5月末まで。その後は素泊まり宿に。
でも、常連さんには、お酒とツマミぐらい出すよ。みんなの待合室になっているから、続けなきゃ。止めたら、俺もダメになっちゅうしね」云々。

今宵の泡波は、一味違います。

ほなまた。
っていうか、晩御飯まだかなぁ…
 

(無題)

 投稿者:ゆうじ  投稿日:2018年 3月25日(日)14時19分43秒
返信・引用
  しばらくここをのぞいていませんでしたが、こんなことになっていたんですね。
素泊まりになってからでもいいから、皆でたましろに集まって貸し切り状態にして、同窓会をしたいものです。

さあ、日程はどうする?

 

なるほど…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 3月22日(木)01時19分21秒
返信・引用
  いはゐさん。貴重な情報、ありがとうございます。
 

追伸など

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 3月22日(木)00時22分56秒
返信・引用
  しのさんが書き込んでいる通り、食事を提供する民宿として、免許を更新するには、厨房の改装が必要と保健所に指導され、資金的に難しいとのことでした。
#「常連さんには、これからもサービスで食事を出そうかな」とか言っていたのは、内緒。

ところで。
昨日、数年ぶりに、宮本常一『私の日本地図 沖縄』(未來社)を再読しました。
「…口では沖縄のためにと言いながら、実はたいして島の役にはたたぬ。そういう人たちはいったい島へ何を残していくのであろうか。私すらが何一つのこすものを持ってはいないことを反省する…」

ほなまた。
画像重いかも。ゴメンナサイ。
 

そうですか…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 3月21日(水)00時40分59秒
返信・引用
  行雄さんの決断であるならば、何も言うことはないけれど…。

もし、民宿たましろの実質フィナーレであることが確実なので
あれば…。
 

・・・・・・

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 3月20日(火)22時33分0秒
返信・引用
  昨年夏、行雄さんが、「免許更新の関係もあり、食事付きの民宿は5月で終了、その後は素泊まり宿にしようかな」云々と、おっしゃっていました……

ほなまた。
 

聞いた話ですが

 投稿者:しの  投稿日:2018年 3月20日(火)22時13分43秒
返信・引用
  先月末にたましろに宿泊した友人によると、
5月で食品衛生の免許?が切れてしまうのだけれど、
それを更新出来るほど台所をキレイにするお金もないので
素泊まり宿にすることを考えている、との話を聞いたそうです。
 

正確な情報を…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 3月18日(日)23時14分32秒
返信・引用
  俺も得たいのですが、TGPメンバーで、同様の情報を得ている方が
いるのかどうかも知りたかったので…。フライングぎみの話で申し訳
ありません。真偽のほどを突き詰めた上で出すべき情報だったかもし
れませんが…。
 

Re: 横浜のたましろ仲間から

 投稿者:そう  投稿日:2018年 3月18日(日)22時31分3秒
返信・引用
  > No.1549[元記事へ]

え、本当ですか…!?

はじめさんへのお返事です。

> 下記のメールをもらいました。
>
> 「ご存知かと思いますが、たましろ情報です。食事付きの営業は
> GW一杯(5月一杯説もあり)で終了となり、その後は素泊まり
> となります。寂しいですね…」
 

横浜のたましろ仲間から

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 3月18日(日)21時32分4秒
返信・引用
  下記のメールをもらいました。

「ご存知かと思いますが、たましろ情報です。食事付きの営業は
GW一杯(5月一杯説もあり)で終了となり、その後は素泊まり
となります。寂しいですね…」
 

ありがとう

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 3月17日(土)16時56分20秒
返信・引用
  1970年3月から9月まで開催された大阪万博。俺も同じ時代を駆け抜けて来ました。
1970年3月生まれの鈴木創。万博記念公園に行って、太陽の塔を仰ぎみる時、俺が
ああでもないこおでもない生き方をしてきた同じ時代全部を、この場所に揺るぎな
く立ち続けていた存在に、畏敬の念を感じずにはいられません。

博康。ありがとう。
 

今日は

 投稿者:ひろやす  投稿日:2018年 3月 9日(金)20時06分34秒
返信・引用
  鈴木創ちゃんの誕生日です!いつも、3月9日は
沖縄県内中学校の卒業式!15の旅立ちと新たな一歩を踏み出す誕生日!
新天地、大阪で頑張っていますね!
ちばりよー
 

♪いつの日か

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 3月 9日(金)20時01分20秒
返信・引用
  2018年3月9日。大阪。そんな気持ち…。

https://www.youtube.com/watch?v=z5HrRZAhadM

 

一安心

 投稿者:いはゐ  投稿日:2018年 2月26日(月)22時56分59秒
返信・引用
  続報です。

今日、電話がつながりました。
「しばらく石垣の眼医者に行っていて、お金もったいないから、電話止めていた」云々とのことでした。

お騒がせいたしました。

ほなまた。
 

!?

 投稿者:いはゐメール  投稿日:2018年 2月24日(土)00時56分49秒
返信・引用
  今日、たましろ荘に電話すると、2本とも(0980-85-8523 85-8401)「お客様の都合により、通話はできません」云々となっていました。

何か事情などご存知の方、おられないでしょうか。

もしかして、もしかして……

ほなまた。
 

いろいろ書き込みたいこと…

 投稿者:はじめ  投稿日:2018年 2月 1日(木)21時22分49秒
返信・引用
  ありまくりの1月でしたが、諸事情で、なかなか書き込むことが
できませんでした。気づけば、前回の書き込みが1月1日。生き
てます!ってこと伝えるためだけに、2月1日、ごあいさつです。
皆様も、寒き毎日、お元気で!!
 

明けました!おめでとう

 投稿者:ひろやす  投稿日:2018年 1月 4日(木)15時55分15秒
返信・引用
  今日から仕事始めの方が多いのかな?
いよいよ2018年がスタートしました。
昨年は、転勤での新しい環境での職場、大学院の修論、そして仁美の育休からの仕事復帰、末っ子秀真の新しい保育園など…玉城家にとって変化の多い1年でした。今年はゆとり?をもった1年にしたいです。
皆さんも色々と環境が大きく変わってきましたね。自分も39歳になりましたー最期の30代の1年を充実して成長したいと思います!
今年もよろしくおねがいします!
そうさん、お誕生日おめでとう!
 

/52