投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


3年

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月25日(土)07時18分44秒
返信・引用
  サッカーの次は野球だ!

早実、センバツ1回戦、いい勝ち方をしました。

明徳相手に、劇的な展開での逆転。5-4のミンサー織り
みたいなスコアでの勝利。

昨日は、3年間、同じ職場で働いてきた仲間の湯島最終日
でした。彼は北九州から、俺は川崎から、同時期に全国
組織の本部にやって来て、彼は、出身法人に任期満了で
帰任。俺とは、年齢で言えば20歳くらい離れていますが、
同じ時と同じ景色を共有してきた同期の仲間。彼は、この
3年間の間に、これまた同期の女性と恋に落ち結婚。彼が
3年前、北九州を出る時には想像すらしなかった着地点を
得て、3年後、故郷へ帰るわけで…。

花粉に悩まされる3月だけど、やっぱり春は、人と人との
出逢いと別れが多めの季節だから、その結びつきだったり
縁の有り難さに改めて気づかされる時だったりもして…。

まだ知らぬ3年後の2020年。俺たちが、どうゆう生き方を
しているのか、イマジンしながら、友を見送った2017年
3月の夜でした…。
 

よっしゃあ!!

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月24日(金)02時22分19秒
返信・引用
  おやすみなさ~い(^O^)/  

UAE・アルアイン

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月24日(金)00時29分46秒
返信・引用
  野球の次はサッカーだ!

昨年9月1日、ホームでUAEに負けた日本。
そのゲームを、仲間とともに埼スタで観戦した俺。

そして…。

これから始まる大一番。
アウェイ。UAE・アルアイン。

勝ちたい!
勝とう!!
勝つぞ!!!

以上。
 

野茂とラソーダの始球式、グッときました…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月22日(水)15時35分52秒
返信・引用
  この2週間、WBC、堪能させてもらいました。楽しかったな…。

水曜日。家のことをやろうと思っていたド平日の有休。午前中は
何も手につかず、テレビに釘付けでした。

いい試合…。

青木以外、日本のプロ野球に所属する選手で構成されたチームが、
チーム・プレーを旨とする「野球」の神髄を示せた気がします。

WBCの第1回、第2回を制し、第3回、第4回が準決勝敗退の侍ジャパン。

この勝利への渇望こそが、次なる大輪の花を咲かせるモチベーション
になると想うし、今、日本が負けてしまったから言えることだけど、
WBCで、プエルトリコやアメリカが初優勝することも、この大会が
世界で盛り上がっていくために必要なことだと感じたりもします…。

さて、次は、侍たちの原点でもある甲子園、選抜を応援することに
シフトしようかな…。もちろん、早稲田実業を応援しつつ、4年後の
侍ジャパンの逸材を探しつつ…。

ちょいとステキなカフェを「近所」で見つけました。カフェなんだけど、
酒も充実してそう…。
 

想いつくままに…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月22日(水)04時38分21秒
返信・引用 編集済
  連休最終日の月曜日。久しぶりに小2の娘と電車に乗りました。座席が空いて
いなかったので立って乗りました。しばらくして、娘が小声で「とっと、前に
いる人たち、全員、スマホみてるね」と言ってきました。確かに、目の前の列、
大人全員、スマホで何かをやっていて…。俺も小声で「とっとも、電車の中で、
こうゆう場面をよく見るよ。お友達どうしで隣り合わせに座って電車に乗って
いるのに、お話もしないで、それぞれがスマホでラインやゲームをしてるんだ。
それって、なんだか、目の前にある一番大切なことが見えていないんじゃない
かなって、とっと、いつも想ってるんだ」。俺の話を神妙な表情で聴いていた娘…。

全日空の便に乗った時、機内で流れる葉加瀬太郎の“Another Sky”が好きです。
旅の始まりと終わりと、そして新しい始まりを感じさせてくれるから…。あの曲
を機内で聴きたくてANAに乗っている気さえする鈴木創です…。

我が家は3人家族。改めて、三人四脚の人生、心に刻みたくて、この連休、お揃い
のバッシュを購入しました。

20日に、俺の大先輩、肥田舜太郎先生が100歳で他界されました。3・11後、横浜
の講演会で、90歳を過ぎた年齢にもかかわらず、未曽有の危機に際し、語るべき
言葉を、立ったまま、アツク伝えてくださった先生の姿、俺の心に深く刻まれて
います。俺の愛する祖母と肥田先生が同じ歳だったことにも、少なからず縁を感
じたりもして…。先生、安らかにお眠りください。そして、ありがとうございま
した。先生のご遺志の一端は、俺、必ず引き継ぎます。

5ヵ月間、拘留されてきた沖縄基地反対運動のリーダー・山城博治さんが、18日
保釈されました。俺が仲間とキャンプ・シュワブのゲート前座り込み抗議行動に
参加させていただいた時にも、俺たちをあたたかく迎えてくださった博治さん。
“We shall overcome”を一緒に歌った彼が、抗議行動における微罪にもかかわ
らず、長期拘留を強いられるこの国…。

22日。WBC準決勝、めちゃくちゃ楽しみです。侍ジャパンがアメリカに競り勝ち、
23日の決勝に駒を進めて欲しい、そう心から願っています。だけど…。23日は、
森友学園の籠池氏の証人喚問が行われる日。その日に、「共謀罪」も「介護」も
政府はやっちまおうとしているみたいだけど、もし、そんなことになったなら、
「3S政策」の最たるものだし、スポーツに対する侮辱だし、絶対に看過できない
由々しき事態…。

21日。仕事が終わり、定時ダッシュした俺。18時から上映の映画「標的の島」
に間に合いたくて…。息を切らし、たどり着いた上映館。完全に封切り日、間違っ
ていました…。25日からが正解…。

相変わらずとりとめがなくて恐縮です。そんなこんなで2017年3月を過ごしている
鈴木創でした。

https://www.youtube.com/watch?v=uB50u3jYmUg

 

しびれましたぁ

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月13日(月)06時50分11秒
返信・引用 編集済
  侍ジャパンvsオランダ
まさに死闘

しびれました

日をまたぐ直前まで行われた試合
テレビに釘付け

日本野球
心に沁みる夜でした

オランダも敵ながら天晴れ

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

日本の選手の奮闘に目を見張るのは勿論ですが

改めて ベースボールに立ち向かう「野球」を感じました

大学時代で言えば 俺と同期の小久保や仁志が創りしチーム

精神として「野球道」を感じさせられるチームに成長中

オランダの選手は グラウンドに唾をはきまくり そのいつものやり方で
集中力を高めていて…

日本の選手は 侍ジャパンの一員に徹し 小久保の教えを守り 共鳴し
やんちゃな中田でさえ 神聖なグラウンドに唾をはくこともなく 試合に
臨んでいたのが印象的でした

剣道少年だった俺
道場に唾をはくなんてことは考えられないこと

数々の名シーンの余韻

興奮冷めやらぬ朝です

侍ジャパン 素晴らしい試合を有り難う
 

あの日から…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月11日(土)09時57分47秒
返信・引用
  それぞれの人にとって
それぞれの6年の歳月が流れた…

こたえはひとつじゃない

ひとつじゃないからこそ

これからも
こたえを探し続ける生き方をしていきたい
 

WBC侍ジャパン初戦!!

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月 8日(水)01時15分17秒
返信・引用
  東京ドームで観戦し、ただいま帰宅しました。

ド平日にもかかわらず、試合終了が23時過ぎ。しかし、勝利の余韻は
格別で、ヒーローインタビューも味わい、Satisfaction気分での家路
となりました。もちろん、WBCは、開催時期、選手起用、運営等、
ツッコミどころ満載だけど、侍ジャパンが参戦したからには盛り上げ
たいし、盛り上がりたい。

俺自身、東京ドームは、今の職場から徒歩で行ける場所なんだけど、
実際、行ったのは、3年前のストーンズのライブ以来かも…。

初戦、内容云々もあるけど、勝ったことが全て。俺の中では、口火
切った青木宣親が今宵のMVP!!

初戦で抱いた想い入れを胸に、今月、WBCの展開、心から楽しみ、
応援したいと想う鈴木創46歳でやんす(^O^)/おやすみなさい…。
 

日比谷野外音楽堂

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月 5日(日)01時25分19秒
返信・引用
  この場所に、俺は、47年近い人生の中で、何度、足を運んだことだろう…。

俺は、1994年4月から、縁があって、医療労働者になり、社会保障や平和を
守る運動に携わる機会を得てきました。その運動や取り組みの中、集会等で
活用されることが多いこの会場には、たくさん世話になってきました。時に
参加者として、時に裏方として。

土曜日。野音で開催された「3.4原発ゼロの未来へ 福島とともに」全国大
集会に、要員として参加しました。俺自身、3.11には語り尽くせぬ想いを
抱いていますが、今集会には、福島からも大勢の方が参加され、全国の仲間と、
未来へ向けた想いを共有しました。

野音。先月19日には、尊敬する我が父と一緒に集会へ参加しました。ステー
ジど真ん前、タイムキーパーの後方席、実質の最前列で「2/19格差・貧困に
ノー!!みんなが尊重される社会を!」というテーマでの集会で、父と息子、
心をひとつにする機会となりました。父も俺も、しょっちゅう、野音の集会
には参加していますが、実家のある調布、その父の地域のお仲間と連れだって、
一緒に参加したのは初めてのことでした。

集会後、デモ(最近はパレードなんて言うけど)にも、父たちと共に参加し
ました。もちろん、「示威行動」であるのだから、沿道にいる世間の多くの
層にアピールしなければ意味がないわけで、毎回、参加するたびに、いろん
な想いや反省点や改善点を感じるし、集会やデモに参加する人間の自己満足
であっては未来に繋がらないことも身に沁みて感じてもいます。自身、運動
や取り組みの大きな方向性にも関与しつつ、一方で、小さな一歩であっても、
踏み出さないよりは踏み出した方がいい、そのことも、社会の一員としての
個である身を自覚する中で、仲間の存在を感じれば感じるほど、より確かな
確信として感じてきた俺だったりもします。

野音。1984年。1回目のアトミック・カフェ・フェスティバル(音楽を通じ、
反核・脱原発を訴えるイベント)のライブで、尾崎豊が7mのやぐらから飛び
降り、足を骨折しながらも、歌い続けた伝説のステージ。俺自身、集会だけ
ではなく、THE BOOMやディアマンテスのライブだったり、何よりも、シマ
仲間と複数回行った琉球フェスティバルが、懐かしく心に残っている特別な
場所でもあります。呑んだ帰り、ひとり、野音内に忍び込んで、ステージで
大の字になり、風に吹かれていたなんてこともあったなぁ…。

野音は、俺の心の一番大事なところに、仲間の放熱や決意や笑顔とともに、
いつまでも刻まれ続ける特別な場所なんだ、そうシミジミ感じた集会となり
ました。
 

GOD'S LEFT

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 3月 3日(金)07時33分41秒
返信・引用
  昨夜、職場の仲間と、両国国技館で、WBC世界バンタム級
タイトルマッチ観戦してきました。山中慎介、かっこよかっ
たっス。世界戦12連続防衛!具志堅用高が持つ13連続防衛の
日本記録にリーチ!!

 

初・川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月27日(月)18時30分31秒
返信・引用
  午後、藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。

我が家から徒歩で行けるところ。いつでも行けるって気持ちで
ズッといたから、行っていなくて…。意を決して行ってきた次第。

35年間、川崎市民だった藤子・F・不二雄氏。亡くなられてから
20年以上経ったことを、改めてシミジミ感じたりもしました。

3年前、妻と娘は、このミュージアムに行っていたけど、俺は、
その時、同行できなかったので、館内に入ったのは初めて。

俺、手塚治虫作品同様、「藤子不二雄」作品は、全て読破して
いると思うので、「藤本」氏の歴史、心に沁みるものがありま
した。

3年前、娘が、ミュージアムのガチャガチャ土産で、俺に買っ
てきてくれた携帯ストラップ「きれいなジャイアン」、かなり
ハゲハゲのボロボロになってしまったので、新しいのをゲット
する気マンマンで、両替してガチャガチャに臨んだら、そのシ
リーズは終了とのこと…。

「藤本」氏の足跡をたどり、改めて、彼が、この世界にのこして
くれた作品の偉大さに想いを馳せました。展示されていた作品
「みどりの守り神」なんて、何度、読み返したことか…。

今日、想い立って、ミュージアムに行けてよかった…。



アカデミー賞、結果出たみたいですね。エマ・ストーン、主演女優
賞、おめでとう!!作品賞は、発表時、ドタバタがあったみたいで
すが…。アカデミー賞等は、あくまでも作品を知るキッカケの催し。

映画の発展と世界平和を祈念!!以上。
 

You say…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月27日(月)09時55分6秒
返信・引用 編集済
  第89回アカデミー賞授賞式を生で観たくて(ウソ)、本日、休みの俺。
今回のアカデミー賞は、トランプのこともあり、政治的な打ち出し面、
かなり注目されているけど…。

映画や音楽やスポーツを、真に楽しめる世の中であって欲しい…。平和の
本当の意味を、エンターテイメントは教えてくれるから。

さて、ド平日の休みならでは、鈴木創も、やるべきことがあるので、そろ
そろ活動を開始しなければ…。

その前に…。

先日、偶然知ったんだけど、Lisa LoebのStay (I Missed You)を、ドラマ
「若者たち2014」で、長澤まさみが歌ってたんですね。豪華な役者陣、俺も、
当時、気にはなっていたんだけど、観ていなかったドラマ。満島ひかり、園子温
監督の「愛のむきだし」での存在感と目力、ハンパないなって想っていたけど、
長澤まさみとのシーンでも、ステキな表情みせてくれている。このドラマは、
改めてチャンと観たい…。「若者たち2014」に出ていた妻夫木聡。沖縄出身の
満島ひかりに、2006年の邦画「涙そうそう」(主演:妻夫木聡・長澤まさみ)の
感想も聴いてみたいな、なんて(*^^)v

さて、1日を始めるとします。

https://www.youtube.com/watch?v=SE57eK2snoE

 

LA LA LAND

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月25日(土)23時07分3秒
返信・引用 編集済
  夕方。かつて、働いていた街に小田急線で向かい、その街の映画館で、
「LA LA LAND」を観てきました。

パンフを買ったのはもちろんのこと、サントラ盤までゲットしたのは
久々でした。

映画は、やっぱり、総合芸術っスね。物語、音楽、創り手の情熱がシン
クロした時の魔法…。

「バードマン」のエマ・ストーン。「LA LA LAND」のエマ・ストーン。

物語の冒頭には感じることすらなかった、俺的にはタイプじゃないのに、
いつの間にか恋に落ちてる感抱かせる女優さんだなぁ、改めてそう感じ
ました。

強引に結びつけるつもりはないけれど、オザケンの「流動体について」
の世界観と、かなり共有できる空気もあったりして…。

音楽よ、ありがとう!! 今、そんな気持ち…。おやすみなさい。
 

かずあき~!!

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月25日(土)07時34分10秒
返信・引用 編集済
  久しぶりぃ!! かずあきとオザケンの今、共有できて嬉しいぞ!!

「LIFE」いいアルバムだよね。オザケン2枚目のアルバム。宇多田ヒカルが、
16歳の時にライブで歌った「今夜はブギーバック」聴いたことあるか?聴い
たことなければゼヒ!!

しかし、かずあきも俺も、気づけば、子供がいる親だな。オザケン3枚目の
アルバム「球体の奏でる音楽」と、今回のシングル「流動体について」の
ジャケ写、ならべてみると、オザケン好きにはグッとくるものがある。

大人になったオザケンが、大人と子供の間に境界線なんてないことを教えて
くれた。

「流動体について」聴きながら、無性にカルピスを味わいたくなって、カル
ピスウォーターを買って飲んだんだけど、なんだか一抹の違和感。きっと、
「心の扉を叩く」カルピスは、原液に氷入れて水で薄めるカルピスなんだっ
て想った…。

さて、今日は、大切な友の誕生日。大学で同じクラスだった友は、一浪で、
俺は二浪。ヤツは2月生まれで、俺は3月生まれ。2週間だけ同じトシにな
るから、以前は、その2週間のうちに再会して、呑みに行ったりしていた。
しかし、今や、友は大分在住…。メールでも送るとします。

そうさん、歌詞サンキュー。

かずあき、ステキなドライブを!!

https://www.youtube.com/watch?v=FePsBJ7fer0

 

みましたー、聴きましたー

 投稿者:かずあき  投稿日:2017年 2月25日(土)00時17分3秒
返信・引用
  久々にLIFEひっぱりだしちゃいましたー
明日はドライブのお供に持ってちゃいます。
 

流動体について

 投稿者:ほんだ  投稿日:2017年 2月24日(金)23時07分56秒
返信・引用
  羽田沖 街の灯が揺れる
東京に着くことが告げれると
甘美な曲が流れ
ぼくたちはしばし窓の外を見る

もしも間違いに気がつくことがなかったのなら?
平行する世界のぼくは
どこらへんで暮らしてるのかな
広げた地下鉄の地図を隅まで見てるけど

神の手の中にあるのなら
その時々にできることは
宇宙の中で良いことを決意するくらい

雨上がり高速を降りる
港区の日曜の夜は静か
君の部屋の下通る
映画的 詩的に感情が振り子降る

もしも間違いに気がつくことがなかったのなら?
平行する世界の毎日
子供達も違う子達か
ほの甘いカルピスの味が不思議を問いかける

だけど意思は言葉を変え
言葉は都市を変えてゆく
躍動する流動体 数学的 美的に炸裂する蜃気楼
彗星のように昇り 起きている君の部屋までも届く

それが夜の芝生の上に舞い降りる時に
深い愛を抱けているか
違いは消えかけてはないか
ほの甘いカルピスの味が現状を問いかける

そして意思は言葉を変え
言葉は都市を変えてゆく
躍動する流動体 数学的 素敵に炸裂する蜃気楼

それが夜の芝生の上に舞い降りる時に
無限の海は広く深く でもそれほどの怖さはない
人気のない路地に確かな約束が見えるよ

神の手の中にあるのなら
その時々にできることは
宇宙の中で良いことを決意するくらいだろう

無限の海は広く深く
でもそれほどの怖さはない
宇宙の中で良いことを決意する時に
 

まじで

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月24日(金)21時27分4秒
返信・引用
  正座して聴いてしまった…。  

♪愛し愛されて生きるのさ 2017

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月23日(木)12時54分28秒
返信・引用
  俺と同世代のオザケン(オザケンは俺の学年1コ上)。

結婚し、親になったオザケン。
結婚して、親になり、イコール自動的に「分別」を得たのかな?
そんな問いを、40代後半になったオザケンとともに、できれば、
下北沢の居酒屋で分け合いたい気分。

彼が、今のこの世界や時代に向けて、何を想っているのか、
ズッと気になっていた。

俺が答えを見つけかねていたから、なおさらなのかもしれない…。

答えじゃなくてもいいから、答えみたいなものでもいいから、
オザケンが歌ってくれたなら、そのおこぼれにあずかりたいな、
そんなふうに、弱っちぃ俺、想っていたのかもしれない…。

オザケン自身にだって、いろいろあるんだろうけど…。

新譜が出たことをキッカケにして、オザケンの大好きな歌、久々に
聴き返してみた。

♪いつだっておかしいほど 誰もが誰か
 愛し愛されて生きるのさ

 それだけがただ 僕らを悩める時にも
 未来の世界へ連れてく

 「言い訳」を用意するくらいの優しい葛藤、こんな世界や時代
であっても、その時に沸き立つ感情として、許されるよね…。

 許して欲しいな…。

 このタイミング、オザケンの今と逢えたこと、運命的にも想え
てる。未来に何故向かうのか、その答え、少しもらえた気もして。

 オザケン、24日のミュージックステーションに生出演とのこと。

 正座して拝聴するとします…。

https://www.youtube.com/watch?v=LMZOmDcidNE

 

北朝鮮とアメリカ…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月22日(水)22時11分57秒
返信・引用
  国際情勢として、これらの国家が、どのような今を迎え、
展開をみせているのか、真実に関わることであるならば、
報道する意味と価値はあると思うけど…。

国内に目を向けて、国民に、もっとクローズアップして
伝えるべきニュースがあるはずなんだけど…。
 

19年ぶり…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月22日(水)07時29分3秒
返信・引用
  小沢健二の新しいシングルを聴きながら、新しい朝を迎えています。

いってきます。
 

♪人生×僕=(人生かけて僕は)

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月10日(金)23時59分12秒
返信・引用
  ♪このあまりにも短すぎる人生の中で
何かを変える事はそんな簡単なことじゃないけど
でもこの時代に生まれる事ができたからこそ
何かをぶっ壊す必要があって新しい何かを築いて
その何かを今度は誰かがまたぶっ壊して
前に進んで行く必要がある気がする
              69/ONE OK ROCK

十代の頃ハマった尾崎豊みたいに、46歳(もうすぐ47歳)の
鈴木創、日々、ワンオク聴いています。「大人」になると、
「何か」ってなんだよ?具体例を言えよ、対案示せよ、みたいな、
めんどくさくて意味のない揚げ足取りがあるのが日常茶飯事…。
「何か」は「何か」のままで、大事にできればいいじゃん。その
心、なくさずにいたい、そう想う…。

昨日、伊丹から乗った全日空。テレビでよく観る元経産省の官僚
が乗っていた。キュウリが眼鏡かけたみたいなあんちゃん。俺も
観たけれど、沖縄の基地問題をアホみたいに曲解して扱った回の
東京MX「ニュース女子」に、コメンテーターとして出演し、無
責任な笑顔を浮かべていた男。名前なんかはどうでもいい。同乗
した飛行機の最前列、値段高そうな席に座ってたなぁ…。改めて、
コメンテーターって人種は、どんな連中なんだろうって想った。
だいたい、あの連中は、本業を持っているから、小遣い稼ぎなの
かな…。自分の専門分野じゃないことでも、コメントを求められ
たら、放送コードに触れない範囲で、スポンサーの意に反するこ
とのない、当たり障りない「言葉」をはく。昨年末、沖縄沿岸に
オスプレイが墜落した時、朝のワイドショーで、女性コメンテー
ターが発していた言葉が忘れられない。「もう他人事じゃないで
すね」…。この「言葉」に凝縮された、配慮や想像力、その限り
なき欠如。何より笑えない冗談なのは、その女性コメンテーター
自身が、己のからっぽさを露呈していることにすら気づかずに、
文化人面をしている姿はもちろんのこと、周りから、一切のツッ
コミが入らないこと…。

今日、「スノーデン」という映画を観てきました。アメリカの
諜報中枢にいた男が、自身の価値観に照らし、すべてを失うこ
とになったとしても、全世界へ伝えなければならない「言葉」
があって、その発信を実行に移した、実話に基づいたストーリー。
「言葉」の重みを感じさせられた作品でした。マスコミもSNSも、
情報を扱う全ての媒体は、自らの肝であるはずの「言葉」を、磨く
こともせず、河原の小石のままで垂れ流している現状があると感じ
る昨今。もちろん、「人の振り見て我が振り直せ」的な戒めも含めて…。

https://www.youtube.com/watch?v=nNLdE0kD1Lg

 

標的の村 46分バージョン

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月 8日(水)00時24分48秒
返信・引用
  久々、視聴した次第。

https://www.youtube.com/watch?v=raJ8vTr8r4c

 

標的の島 風かたか

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月 8日(水)00時21分1秒
返信・引用
  2012年7月、オスプレイが山口の岩国基地に陸揚げされた(俺は、同年8月、
岩国基地を見渡せる川べりに行き、基地内のオスプレイを直にみて、怒りと
悲しみが交錯したことを想い出す…)。オスプレイの沖縄配備が同年10月に
迫る中、テレビドキュメンタリー番組「標的の村」は、沖縄の現状を全国に
伝えたい創り手たちのアツイ想いにより、同年9月、30分バージョンが全国
放送された。同年12月には、沖縄ローカルで46分バージョンが放送された。
その後、番組の映像がネットで広がり、反響が大きくなる中で、2013年、
91分の劇場映画として公開された。監督の三上智恵さんは、2014年にも「戦
場ぬ止み」をドキュメンタリー映画として世に問い、そして、2017年3月、
「標的の島 風かたか」が上映開始になる。

「標的の村」にメインで登場している安次嶺現達さんは、DAYS JAPANの
2016年9月号の表紙を家族で飾った。「標的の村」の中で「オスプレイが
来たら、ここには暮らせない」と語っていた現達さん…。現達さんは、オス
プレイの騒音や危険性の高まりが限界を迎えたと判断。こどもらを先に県外
へ移住させ、2016年12月、一家は、長年親しんだ高江を離れた。

俺も、2014年6月のキャンプ・シュワブ・ゲート前テントでお逢いしたこと
がある山城博次さん。彼も「標的の村」に、たくさん登場している。高江や
辺野古の基地建設反対の行動で中心的な存在だった彼は、2016年、抗議行
動で逮捕され、拘留が不当に長期に及んでいる。

リアルにオスプレイは墜落している。リアルに原発は爆発している。国政を
諦めるわけにはいかないけれど、国会の豪華な会議室で、書類を片手に議員
と大臣が話している姿が、リアルな現実に繋がっている実感が、どうしても
持てなかったのも率直な俺の想い。平和って、安全って、なんだろう。この
問いかけだけは、人任せにせず、絶対に忘れずに生きていきたい、今、心か
ら、そう想う。

はやく映画「標的の島 風かたか」をみたいな…。おやすみなさい。

http://hyotekinoshima.com/

 

久しぶりに…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 2月 7日(火)01時02分53秒
返信・引用
  月曜日の午後。衆議院第一議員会館内の会議室で会議があったので、
終了後、久しぶりに、衆議院の予算委員会を傍聴してきました。

この国の大事なことが審議されている場所のはずなんだけど…。
 

学生時代の愛すべき仲間…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 1月27日(金)00時50分39秒
返信・引用 編集済
  ピアニストの小林創(はじめ)とボーカルの那王美さんのデュオ、
久々に堪能し、先ほど、帰宅しました。

那王美さんの歌、もちろん、いいけれど、小林創のピアノ、心に
沁みましたぁ…。

小林創。高校生時代からの仲間…。

ちなみに、小林創、27日は石垣、28日は那覇。アン・サリーと
共演でやんす(^^♪
 

戦争という名の終わりなき絶望…

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 1月25日(水)21時03分14秒
返信・引用 編集済
  映画「LAND OF MINE(ヒトラーの忘れもの)」を銀座のシネスイッチで
観ました。

改めて、戦争や原爆や原発事故が、バーチャルじゃないってこと、胸
に刻まなければ、そう想わされた作品…。

芸能人の色恋に、公共の電波使う前に、マスコミの連中は、今を感じ、
やること、やるべきこと、あるだろ!!このままだと、大本営発表の
二の舞いになるのは火を見るよりも明らか。

匿名で、SNSを公衆便所みたいにしている連中も、手段と目的を履き
違えた、空虚なガス抜き行為から脱却し、現実逃避を潔しとせずに、
この時代をシッカリと受け止め、今を感じ、自身を見つめ、やること、
やるべきこと、あるだろ!!

今の時代を生きることができなかった数多の魂たちに、恥じること
のない生き方をしなくちゃいけない、彼らの魂が死をかけて教えて
くれたことの戦慄と旋律に、今を生きることが許された俺たちは耳
を傾けなければならない、そう感じさせられた映画でした。
 

たましろプレシャス・ナイトin 東京

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 1月22日(日)13時25分30秒
返信・引用 編集済
  木金土と、3連夜で呑み会だったので、さすがに、今朝は、起き上が
れませんでした。昨夜は、久しぶりに小田急線で寝過ごして、読売ラ
ンド前駅まで行ってしまい、タクシーで帰宅した次第。

しかし、木金の仕事上の付き合い、お偉いさんとの呑みに比べたら、
昨晩は段違いに楽しかったっス。博康、剣太に感謝!!

博康、気をつけて、沖縄に帰ってくれぃ!!
 

川崎

 投稿者:ひろやす  投稿日:2017年 1月21日(土)14時11分26秒
返信・引用
  はじめちゃんも、川崎に住んでもう16年の月日が経ったんだねぇ。川崎、確か3年前に仕事で駅前のホテルに泊まり、飲みに行きましたね。第二の故郷である川崎ですね。懐かしい…電車に乗ると、スマホができるので、連続投稿してみました!東京はいい天気で気持ちの良い太陽が出ていますよ。  

東京出張

 投稿者:ひろやす  投稿日:2017年 1月21日(土)14時02分29秒
返信・引用
  皆さんこんにちは!今、東京にいます。先月は、福井、大阪と、何かと一ヶ月単位で出張で飛び回っています。3月にも東京出張でまた来ます。今の職場では大学との共同研究が多いので、このような生活をしていますが、四月には転勤予定なので出張生活も今年までです…論文も何とか終盤になり、何とか大学院も修了できそうです!はじめちゃん、色々ありがとうございます(^_^)今夜は剣太の店に行く予定です!
今日の東京は、いい天気ですねー沖縄も結構寒くなってきましたよ。では、また!!新橋行きの京急車内より。
 

あ!!

 投稿者:はじめ  投稿日:2017年 1月16日(月)07時16分54秒
返信・引用
  博康の東京入り。ご一緒できる方がいれば是非(*^^)v  

/48