teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


風不死大沢~楓沢4

 投稿者:marbo  投稿日:2007年 7月 8日(日)11時07分42秒
  この洞門が延々と続きます。

http://star.ap.teacup.com/onnenupuri/

 
 

Re:Re:展望のいい、漁岳!

 投稿者:boss  投稿日:2007年 7月 3日(火)00時41分29秒
  了解でーす。凄い方がいらしたんですね。きっと誰かが最初に
登ったんだろうけれど、自分は自分の最初を大切にすれば良い
と思います。というかそれしかできないから。私には、それも
できないかもあの壁では・・・。
「ちょっとかわったところ」ですか。想像もつきませんが楽し
みに待ってます。沢山撮るなら充電チェック忘れずに!(笑)

http://blog.e-mountain.net/

 

Re:展望のいい、漁岳!

 投稿者:marbo  投稿日:2007年 7月 2日(月)22時07分43秒
  斜里岳西壁、ルートによっては夏季は無理なルートもありそうです。

最近、斜里岳のルート開拓を精力的にやって、いろいろな記録をもった人(昔、網走で山をやっていて、現在札幌に住んでいる方)を紹介してもらいました。西壁に行くまでにお会いして情報をもらおうと思っています。
なんといっても、アルパインのⅥ級といったら人口登攀じゃなければ登れないようなグレードだからね。そんなルートは間違っても行けない。

今度の土曜日には、ちょっと変わったところに行く予定です。とにかく写真をたくさん撮りたいなって所ですので、期待していてください。

http://star.ap.teacup.com/onnenupuri/

 

Re:展望のいい、漁岳!

 投稿者:boss  投稿日:2007年 7月 2日(月)21時51分22秒
  marboさん、いつも貼り付けてくださってありがとうござい
ます。
風が無かったのですね、湖面が鏡になっていますね。静かな
感じが良いですね。
ほんとに大きな看板! わざわざ走って行って、見せてくれ
たのかなあって思っていました。(自意識過剰;笑)

斜里岳もnagaさんのコメントもみましたが難しそうですね。

http://blog.e-mountain.net/

 

展望のいい、漁岳!

 投稿者:marbo  投稿日:2007年 7月 2日(月)20時53分13秒
   数少ない山行写真の一枚を貼り付けます。

 これは漁岳のピークからの展望です。スカッと晴れてはいませんが、朝はベタ曇りだったのだから良くなったほうです。
 ここからはオコタンペ湖、支笏湖、恵庭岳、風不死岳、樽前山・・・等、いろいろ見ることが出来ます。
 私のblogに載せた写真の方向には、羊蹄山なんかも見えちゃいます。

 札幌近郊でこんなに展望がいい山なのに、夏道がないなんてちょっと不思議ですね。
 大きくて立派な頂上看板があるのも不思議だけど。

http://star.ap.teacup.com/onnenupuri/

 

感謝

 投稿者:boss  投稿日:2007年 6月27日(水)06時55分24秒
  fuさん、ありがとう。

リー先生の言葉じゃないですが、最近いろいろな機会に恵まれて
fuさんもおっしゃるように、生れ落ちてからまさに死に向かって
生きているということを考えています。   このことについて
よく考えない人も居るかもしれませんが、良く考えることそのも
のは決して特殊なことではないと気付きました。それと同時に自
分が如何に物を知らないか人を知らないか他人の言葉を聴いてい
ないか、と感じております。また、支えてくださる方の暖かさが
困難を乗り越える力を分け与えてくれることにも気付きましたよ。

いずれ必ず北海道の山を歩きます(笑)。

http://blog.e-mountain.net/

 

(無題)

 投稿者:fusako  投稿日:2007年 6月26日(火)23時21分45秒
  誕生日に始められたブログなんですね。
精力的な行動に力づけられます。私も頑張らなくては!

リー先生の「生を謳歌すること」と言う言葉もありがたいですね。

私も、2004年に母を亡くしてから「生と死」を少しですが考えるようになり、
肉体と言う乗り物は無くなっても、魂の存在はあると信じるようになりました。

人間は「オギャー!」と生れたその瞬間から、死に向かって生きているのですよね。

最近は、長く生きるということより、生きている間どのような生き方をしたのか?
どのくらい、人様の役にたったのか? どのくらい幸せを与えられたのか?
生きた証しとして、何を残したのか? と、考えるようになりました。

先日、30数年ぶりに埼玉に住んでいる同級生に会いました。
彼は、2年前同じ病気を発病しました。でも、今はとても元気に北海道まで来ていました。

「誰でも、何時何処でどのような事故や、病気になるかわからない。お互い今日一日を大切にしましょう。」と、再会を誓って別れました。

正に、『生を謳歌する』ことなのでしょう。
悔いなく、今日一日を大切に!!
 

Re:仁頃山

 投稿者:boss  投稿日:2007年 6月19日(火)13時07分45秒
  おおぬまさん、こんにちは。
仁頃山、北見晴れかな。そう、あんな広い管理道でもダニちゃんが
着くのよね。 初仁頃1時間30分はご立派ですよね。

最近はこっちに出ることが多い↓

http://blog.e-mountain.net/

 

(無題)

 投稿者:おおぬま  投稿日:2007年 6月19日(火)11時56分42秒
  DIARYみて気づいたんですが。
今、bossさん、札○の病院なんですね。
本日の北○は、快晴ですが、風が少し冷たいですよ。
 

仁頃山

 投稿者:おおぬま  投稿日:2007年 6月19日(火)11時45分19秒
  暑くなったり、涼しくなったりの北○ですね。

日曜、友人親子と3人で登ってきました。
友人親子は初だったので、2人のペースに合わせました。
1時間30分。
初にしては、上々です。
天気もよく最高の眺めでした。
友人の娘(小4)、頑張ったのでご褒美に、桃缶+バナナのデザートをご馳走しました。
管理道のみの歩きでも、「ダニ」飛びついてきますね。
クマより、こっちの方が心配になったりして・・・。

http://blog.goo.ne.jp/nikoro-pan-pu/

 

レンタル掲示板
/23