teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


反省会

 投稿者:ゆお  投稿日:2008年10月 9日(木)22時57分10秒
返信・引用
  ドキュ班反省会 2008/10/09

班そのもの
・ (三井さん)ちょっと人数多いかな、ドキュの優先順位を上位にもってこれる人7~10人くらいでやれるのがベスト、でも放研ではそれは難しいかな…。
・ (ゆき)人数が多いと伝達事項がある時に面倒。
・ (みずまな)人数多かったですね……班を分けてやったほうが良かった。
・ (ゆーきゃん)掲示板では全ては伝えづらい。
・ (ゆき)1年生がもっとカメラとかプレミアとか使えたら良かったかも…。
・ (しの)遅刻・欠席の連絡とかがちゃんとなってなかった。
・ (三井さん)デスク制は良かった、続けていってほしい。
・ (としお)デスクの引継ぎはトミーとは出来ていた、編集が追い込みに入ると掲示板が回ってなかった。
・ (ゆーきゃん)最後の方はみんな来ていたし、掲示板は書き込まなくても大丈夫だったのでは?
・ (あすか)掲示板でも細かく説明されていると分かりやすかった。
・ (三井さん)取材先の遅刻は絶対厳禁!
・ (三井さん)カメラの予約表、書き忘れないように! フネの付けっぱなしとか。DVの管理ができていたのは良かった。
・ (みちか)でもDV高いの買いすぎた…。
・ (三井さん)名刺作って!
・ (おっぱま)春から始まったのに、結局本格的に始まったのは夏休みだった。
・ (ゆーきゃん)できればネタからやりたかった。
・ (三井さん)夏休みは各々予定があって大変だった。授業期間中にもっと掲示板とか利用して話し合えば良かった。
・ (としお)絶対テーマは一つのほうがいい! 力が分散されるし、情報共有が大変。二つのテーマでやるんだったら二班作るべき。1年生に仕事振ったり教えるっていうのができていなかった。
・ (三井さん)今回は結果オーライな部分が多かったので、もっと実現可能な構成を考える期間というものを設けたほうがいい。ネタを絞ってから構成を練るのではなくて、徹底的に構成を詰めたネタで絞る。
・ (しの)カメラ、一回習ったけど実際の取材ではあまり活きてなかった。
・ (ゆーきゃん)いいドキュメンタリーを観る勉強会を設けたほうがよかった。
・ (みずまな)カメラのアングルなど、先輩によって教え方が違う。
・ (としお)カメラの扱いに対する俺らのレベルが全体的に低い。
・ (三井さん)4月のうちから2年生に機材講習をやっておいたほうが良かったかも。
・ (ゆき)取材先と連絡する責任者は取材が終わるまでしっかりやろう。
・ (三井さん)取材申請書を送る時には必ず三井(班長)に事前に確認を!
・ (ゆーきゃん)取材申請、無計画に出しすぎだったのでは。行っても使わないのがたくさんあったし、お互いどんなものに使う素材なのかはっきり分かっていない状態で取材しても……もっと構成を詰めてから取材すべきだった。
・ (あすか)取材する時に相手に対して答えを期待しすぎた。もっと事前に会ってみたりしたほうが良かった。
・ (ゆき)頭のいい人に取材する時にひよってしまった。
・ (三井さん)取材への準備不足。質問事項を練っていったのは良かった。
・ (みずまな)取材してみてから決まる構成もある。いくら構成を決めても期待通りの答えをくれなかったらまた構成が崩れる。
・ (ゆーきゃん)ある程度の筋は通しておくべき。
・ (三井さん)特に大人に関しては、同じ質問ばかり色んな人にしていったからストーリーが進まなかった。同じような答えが返ってくるのは自明。
・ (三井さん)抽象的なテーマは良くない。「大人」に関しても、「親子」にフォーカスするんだったらそうすれば良かった。期限が守れなかった。仮完成、ポシャリ期限など…。
・ (あすか)「予備日」みたいなのを作って、合宿などがあってもちゃんと進められるようにすれば良かった。
・ (三井さん)会議に出席できなくてもできることを見つけてやるっていう意識をもっとみんなが持っていれば良かった。
・ (ゆき)1年生の募集をかける時にもっとびびらせておいた方が良かった。「ちゃんと出席できる人」って書いたほうが良かった。
・ (三井さん)1年生に対する制作部の説明会とかを開いたほうが良かった。→制作部の課題
・ (ゆお)ドキュ班ノートが消えたのが多かった。ジャスラックの申請がギリギリだった。
・ (あやこ)構成考えた人と取材に行った人の連絡がちゃんとなってなかった。結局聞きたいことが聞けなかったりした。
・ (としお)物の管理、部室は危険。DVの管理は良かったけど、パソコンの周辺機器の管理とか…。
・ (三井さん)ドキュ班で調整室開けられたほうが良い。
・ (はせべ)構成が決定するのが遅かった。伝えたいことをもっと詰めておくべきだった。
・ (三井さん)伝えたいことをもっとはっきりさせておくべきだった。

スケジュール
・ (ゆーきゃん)始める時期をもっと早めるべきだった。ヒューマンとかやるなら尚更。
・ (みちか)全体合宿中に夏休みとか無理だった。
構成
・(加藤さん)協議のところで、迷っていると言っている人が、直後に反対と言ってしまっている、という矛盾が出ている。それは、むしろその意見がコロコロ変わっている実情で、審議の難しさを伝えられたと思う。なんで裁判制度が始まるのか、というのが、とても不明瞭である。高校生の模擬裁判があまりにも必死なので、裁判の難しさという点が伝わらなかった。
・(三井さん)最初のオープニングでのつかみをはじめ、構成自体はとても良かったとは思う。5段階の3ほどの評価に値した。もう少し早く構成が決まっていたら、編集にもっと時間をかけられたのではないか。困ったときは行政の力を借りるという術を手に入れた。
・(ゆーきゃん)構成にしても、キャプチャーにしても、もっと情報を共有するべきだった。
・(あすか)構成に関しては、全体としての筋は崩すことなく、しかし、取材で得る様々な回答に対して柔軟に対応できる心的余裕を持って、構成を練っておくべきである。
・(ゆーへー)もっとインタビューする相手を選びたかった。裁判官やもう引退した裁判官、また有名教授などにインタビューできれば良かった。
・(三井さん)街頭のインタビューでは、若者のインタビューに偏ったのがダメだった。せっかくならもっと撮った画を最大限に使える方法を考える努力をするべきだった。模擬裁判中に、誰をどこのシーンで撮るかという設定を、もともと決めておいたのはとても良かった。

取材
・(じゃんぼりー)予備知識が少なかった。CEROの時としおに任せきりだった。
・(ゆーきゃん)当日いきなり取材人員にされることとかあったから、十分な勉強できなかった。
・(ゆき)前日の連絡、メーリスの時間帯が遅かった。学館の閉館の時には流して欲しい。
・(三井さん)ノートに質問事項だけではなくて、その質問をする意図も書いた方が良かった。
・(三井さん)ノートがあったのは良かった。来年以降も続けるべき。
・(ゆーきゃん)文字起こしをみんなに配ったほうが良い。
・(みちか)キャプションをとっている取材ととってない取材とがあった。


編集
・ (みちか)キャプチャーしているDVとしていないDVの把握ができていなかった。
・ (まの)もっと時間をかければ挿絵とかテロップももっと高品質に出来た。
・ (三井さん)編集にもっと時間をかけたかった。テロップ二行にする時は、ずらさないでそのまま下段に書く。文字のふちどりを意識する。
・ (橋本)もっと最初に先輩に説明を聞くべきだった。
・ (三井さん)誰が何をしゃべっているのかを判別しやすくするために、色分けするなどの工夫をするべきである。
・ (ゆーきゃん)テロップや説明など簡略化するところと長く説明するところとの強弱をしっかりつけるべきだった。
・ (加藤さん)日弁連の前のティルトと小野梓講堂の画の手撮りが良くなかった。
・(あやこ)ちょっと画がブツブツ切れていたりしていて、無理やり感が出てしまっている。
・(じゃんぼりー)あの尺ではこれで良かったのでは?
・(長谷部)模擬裁判で何を争っているのか、が伝わらない。
・(三井さん)争点の示し方が、あの構成で良かったのか。場面を変えるときには、その前の瞬間の画で、クッションが必要だった。準備映像などの工夫。(元木さんは、著書など)
・(ゆーきゃん)どうしてその画を入れるのか、などもっと意図をもって構成を練っていく必要があった。
・(三井さん)4:3と16:9の画がクロスしているのが、かなり不自然だった。背景やカメラ画をもっと気遣うべきだった。背景に政治家のポスターやブランド名が入らないようにして欲しい。ナレーションを自宅でとるのは良くなかった。
・(ゆーきゃん)ある程度出来上がった上で、出来た映像を見ながら、自分でそれに合わせたナレをやりたい。
・(三井さん)元木さんのインタビューの音声がおかしかった。イヤホンが絶対とは限らないため、取材時の休憩時間の時に、音声の確認をするなどすれば良かった。SEが合っていて良かった。BGMの著作権処理が事前にちゃんと出来ていたのが良かった。
・(ゆーきゃん)オープニングの長谷部のシーン・アニメーションの説明も良かった。
・(三井さん)渋谷でのインタビューのシーンで、渋谷駅の看板を映すのではなく、ハチ公を映すなどして、渋谷を彷彿させるイメージをおす画を使った方が良かった。音声をとるにあたって、取材相手の声が最大限に入るように、周囲の環境などに気を使うべきだった。個別取材ではピンマイクを。テロップが全体を通してずっと白なのが微妙だった。
・(長谷部)テロップの高さが変わるところが気になる。
・(三井さん)カメラのブレがところどころとても目立つ。2年生をテロップ班に入れる必要があった。
・(じゃんぼりー)ドキュ班での講習的なものも必要だったのではないか。なにか普段番組などを見ながら勉強するといい。
・(三井さん)ヒューマンの本当に感情が揺れるようなシーン、感情を画で表したいシーン、躍動感を伝えたいシーンなどのみ、手撮りを使うべきである。調査取材では、三脚を使って撮るべきである。

 
 

打ち上げ

 投稿者:みつい  投稿日:2008年 9月27日(土)01時19分3秒
返信・引用
  幹事のあやこを始め、ほんとにみんなありがとうございました!人生至上最大級に楽しい一日になりました。
手紙もほんとにありがとう。完成した直後にみんなに見せるVTRを作っているときも、みんなにそれを見せているときも、挨拶したときも、今日みんなにメッセージを伝えたときも、ほんと泣きそうだったけど、なんか我慢してどうにか涙は流さないようにこらえてました。
でも、みんなからもらった手紙を家に帰ってゆっくり読んだら、自然と涙がめちゃくちゃ流れてきて…もう目の周りが赤くて明日どうしたらいいかまったく分からない状況です(>_<;)笑
もうほんと何度も言っているんやけど、すごくすごく、すごーく楽しい夏をありがとう。この思い出と、もらった手紙や写真は一生の宝物です。今後の人生の糧に、本気でなりました。
ありがとう。


さ、近いうちに反省会をやります。詳細は追って連絡します。

取り急ぎ、心からの感謝の気持ちを…。
 

お疲れさまです

 投稿者:ふかざわメール  投稿日:2008年 9月26日(金)01時48分59秒
返信・引用
  ほんと見返すと思い出がつまってる!!
なんか感動です!!

こんな時間まで起きてるけどあしたおきれっかな!!
ともかくおつかれさまです!
 

お疲れ様でした!

 投稿者:みつい  投稿日:2008年 9月26日(金)00時06分28秒
返信・引用
  いい番組ができてほんと良かったね!
この掲示板には、俺らの苦闘の日々が詳細に書き込まれてます。この掲示板自体がかけがえのない宝物だと思う。だから、何かあったら見返してみてね♪
 

多摩動物園

 投稿者:ゆーきゃん  投稿日:2008年 9月17日(水)09時18分12秒
返信・引用
  多摩動物公園取材の担当ですが、映機キャンプのため伺えません(ノ_・。)申し訳ないです。
なので担当の片田さんに言われたことをお伝えします。

☆必ず13:15に間に合うように行ってください。
サークル証明書を見せれば入園料タダらしいので事情を入り口で伝えてみて下さい。
場所は入って左手、
ウォッチングセンター3F教育普及係に行ってください。
飼育員さん忙しいので、俊敏に準備して質問もタラタラしないようお願いします。

◆以下は、事前にFAXで送った質問内容です◆

・チンパンジーが大人になるのは年齢で決まっているとのことですが、それは身体的な変化を基準にしているのか

・人間と動物における『大人』の意味づけの違い

・チンパンジーは大人になると精神面・行動面にも何か変化が見られますか。(例えばエサを分け与えるようになる、リーダーシップをとるなど)

・野生と、保護を受けている動物園のチンパンジーでは成長の仕方が違うか


よろしくお願いします。
 

一意見

 投稿者:ふかざわメール  投稿日:2008年 9月15日(月)04時25分33秒
返信・引用
  ども、またまたふかざわです。。

構成について考えたところがあるのですこし・・・。
裁判員制度は模擬裁判の取材に行けていないのでわからないので
成人について書きます。。

【成人】
自分はやはり一番思ったのは、このドキュを見た人が「大人」について考え始めてくれたりより考えをめぐらしてほしいというのが大前提にあります。自分が取材に行く中で「もっと考えなきゃ」「もっと勉強しなきゃ」と思ったのと同じように感じてもらいたいです。

だから〈伝えたいこと〉=大人について考えよう!!ってことに行きつきました。

ユッケも言ってましたが、こんだけ会議して大人とは何だという意見がばらばらになるということは大人に絶対的な定義はできないと思います。
そしてみんなが違う大人像を持つことは悪いことではないと思います。

このことをいうための構成の一案を考えてみました。

≪構成≫
普通の大学生がいる
   ↓
20歳が近付くにつれ、大人について考える。
   ↓
辞書で調べてもわからない。岩波書店へ聞いてみる。
   ↓
大人って曖昧!!
   ↓
そんな曖昧なものをどうして20歳という年で区切っているのか。法務省へ聞いてみる。
   ↓
20歳というのはただの区切りでしかない。
   ↓
そんな曖昧なものに俺(主人公の大学生)はなれっていうのか!そんなものにどうやってなれっていうんだ!!
町のひと、同じ大学生に聞こう。
   ↓
いろんな大人像がある。身体的、精神的なものさまざま!絶対的な定義はないし、できない。
   ↓
皆違って皆いい!!だから自分にとっての大人について考えることが大事(特に大学生は必要だし、この大学生の時期にしかできない。多くの人が意外におとなについて考えていることをVTRで示せればよいかなと)
   ↓
だから大人について考えよう。(そして常に自分の考える大人像に近づく努力が重要だ。)



全体的に構成は甘く、精神論みたいなところが多いのでだめだめですが、どうでしょう
!!
 

取材状況まとめ

 投稿者:ふかざわメール  投稿日:2008年 9月15日(月)03時16分39秒
返信・引用
  ども、ふかざわです!!
ユッケの言っていることに共感し作ってみました。
みんな構成をまとめる助けにでも!!

取材状況まとめ

【裁判員】
・元木さん(否定派)
・日弁連(どちらかというと賛成派)
・模擬裁判(今後も取材する可能性あり)
・街頭&大学インタビュー


【成人】
・法務省
・岩波書店
・CERO
・未成年の母
・多摩動物園(18日を予定)
・街頭(巣鴨、渋谷)&大学インタビュー
・戸山高校

とまぁ取材状況まとめてみました!
忘れてるのあったら教えてください!!
 

学院取材事前情報②

 投稿者:はっしー  投稿日:2008年 9月14日(日)08時43分55秒
返信・引用
  5.女子校生とどのように対決するのか?

A.弁護士側を女子校生が担当し、検事側を学院生が担当して模擬裁判を行う。最終的には検事側が論告、弁護士側が最終弁論を述べる。(尚、女子校というのは神奈川の公文国際高校であり、毎年行われる模擬裁判選手権で知り合い、今回に至ったそうです)


6.どんな練習をするのか?

A.(シナリオに沿って)尋問していく→裁判の流れを確認していきながら、伝える内容をお互い修正していく。


以上わかりにくいかもしれないですが、こんなところです!
 

一意見

 投稿者:ユッケ  投稿日:2008年 9月14日(日)03時05分57秒
返信・引用
  こんにちは。

皆さんお疲れ様です。



三井さんのメーリスを見て、今いろいろと考えてました。

★大人

「大人って何だろう」
ということでたくさん取材とかしてきたと思います。

正直ことばの問題でもあるし、いろんな人がいろんな考えを持っているんだと思いました。(ドキュ班で話し合っていても)
だから僕たちで結論を出さずに 取材してきたものを見せて 「視聴者に答えはゆだねる」というのもいいんじゃないかなーと思いました。

会議の中ででた 「大人を考えることが大人への一歩」
というのは なるほどなーと思います。


なんだか考えがまとまりません。すいません。


☆☆☆今までたくさん取材して下さって素材はたくさんあると思います。
申し訳ないんですけど、いまいちどういうものが撮れたのかとかを把握しきれていないです。
なので どんな素材があるのかを掲示板にすべてリストアップしてもらえると
みんな考えが進むんじゃないかなーと思います。
時間もないんですけどね。


★裁判

来年始まる。でもみんな知ってるのかな?もしかしたら自分がなるかもしれないんだよ!
ということでみんなの意識の低さに訴えかける

(でも僕は  国の宣伝不足もあるんじゃないかなーとか 思うんですけどね。
だって地デジはあんなにCMやってるんですよ。まあ裁判員は全員やるわけではないからそうなのかなー。)


学院の生徒たちの模擬裁判も 生徒主体みたいなんでいいですね。軸にしてっても。
ただ発案者を取材したかったり   なんだか時間が!



どっちもどんな素材があるのか知りたいです。
素材をあまり把握しきれてなくて論理立てとか皆無でごめんなさい。
文章が読みにくかったと思います。ごめんなさい!
 

学院取材事前情報①

 投稿者:はっしー  投稿日:2008年 9月14日(日)01時41分9秒
返信・引用
  1.高校生がどうして模擬裁判を行うのか?その意味は?授業の一環なのか?

A.2つ上のある先輩(つまり早大1年)が発案したことがきっかけどある。高校生というのは18歳を迎えるわけである。18歳というのは大人との境目。そこで大人になるにあたって社会を見渡そうというわけで、当時ニュースで報道されていた「裁判員制度」に注目→模擬裁判をやろうということになった。決して授業の一環ではなく、生徒主体によるもの。


2.裁判員制度について勉強したのか?

A.勉強して模擬裁判に参加する人もいるが、好奇心のみで全く知識なしで参加する人もいる。


3.模擬裁判にあたって、弁護士がついて指導してくれているのか?

A.早大法科大学院の四宮啓教授が面倒をみてくれていて、シナリオも提供してくれている。(俺らを完全無視したのに何やってんだか...)

4.どんな事件を扱うのか(どんなシナリオを扱うのか)?

A.殺人未遂事件を扱う。具体的な内容は
・麻雀仲間のいさかいから殺人事件発生
・被告が包丁を持ったのは故意か?それとも偶然か?何のために包丁を持ち出したのか?
・双方に言い分があり、偏りのない設定
 

レンタル掲示板
/14