teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ベリカードコレクション:四国放送ラジオ

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 2月 1日(土)20時35分31秒
返信・引用
  四国放送ラジオは徳島県の中波放送局です。この局もまあまあ手こずりました。同周波数(1269kHz)の北海道放送(帯広、江指中継局)の方が強力でアンテナの向きを工夫しないと混信に埋もれてしまいます。さらには隣接周波数(1278kHz)のRKB(福岡)も時々被って来ます。混信の嵐の中、何とか聞き取ってベリカードを獲得しました。こちらも初獲得ものです。

デザインは徳島県らしく、阿波踊りです。
 
 

国際返信切手券(IRC)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月31日(金)19時43分45秒
返信・引用
  返信用切手を同封して郵便を送付するケースってありますよね。国内なら日本郵政の切手を同封しますが、外国に送付する場合そうも行きません。外国では日本郵政の切手はタダの紙に過ぎません。そこで登場するのが国際返信切手券(IRC)です。

写真がそれで、1枚150円です。これを1枚送ると相手の国では航空便書状一通分の切手と引き換えが出来るという仕組みになっています。

モンゴルの声ではこれを1枚同封したところ、なんと国際書留郵便でベリカードを送って戴きました。日本からモンゴルへ国際書留郵便を送ると500円もかかります。モンゴルの郵便料金の詳細は知りませんが、太っ腹なモンゴルの声に感謝です。

さてこの国際返信切手券、35年ぶりくらいで購入しました。今回も35年前と同じく近所の郵便局で購入しようとしたところ、なんと滅多に売れないので全て本部に返してしまったという。取り寄せるには1週間程かかるとのこと。「郵政民営化の弊害か!」とか言いたいところですが、このご時世、国際返信切手券なんぞを利用する人は激減しているんでしょうね。近所の文房具屋でエアメール用封筒(青赤の模様付き)を購入しようとしたらこれも在庫無しでした。最近は電子メール全盛でお金のかかる紙の国際郵便を利用する人は時代遅れなのかもしれません。
 

ベリカードコレクション:モンゴルの声

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月27日(月)19時56分20秒
返信・引用
  国内FM局、国内中波局に続いていよいよ海外短波放送に乗り出しました。手始めに受信報告書を書いたのは「モンゴルの声」です。

「モンゴルの声」はモンゴル国営放送による日本語放送サービスです。私がかつてBCLをやっていた頃は日本語放送はなかったので今回のカードは初獲得ものです。

番組内容はというと、ニュース、モンゴルの情報、流行歌などが流れていました。ベリカードのデザインはウランバートルの夜景です。モンゴルというと広大な草原とゲルのイメージが強いのですが、それはステレオタイプと言うやつで実際には都市部は急速に近代化しているのでしょう。
 

ベリカードコレクション:ラジオ日本

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月26日(日)19時45分10秒
返信・引用
  ラジオ日本は神奈川県の中波放送局です。こちらのカードは2度目の獲得です。

1977年、初めて貰った時は「ラジオ関東」という名称でした。その時のカードが下のもの。これが届いたとき、少年だった私はがっかりしたのを憶えています。ほぼ全面がダウンタウンブギウギバンドの広告だし、何しろ不良の集団(失礼!)の写真ってどういうこと? と嘆かわしく感じたものでした。

現在のもの(上)は打って変わってとても爽やかなデザインになっています。
 

佐原テレビ中継局

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月24日(金)19時52分48秒
返信・引用
  香取市玉造にテレビ等の電波を中継するタワーが存在します。これのお陰でこの近隣は非常にクリアなテレビ受信が可能となっています。我が家でもこのタワーからの中継を受信し始めたとき、あまりの高画質に目を見張ったものです。(テレビのアンテナ端子に数10cmの針金を繋いだだけで受信出来るようになった)

さてこのタワー、随分巨大だとは思っていましたが、なんと日本の塔高さランキングで堂々の8位だというのを最近知りました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%94%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

高さは218mもあるんですね。テレビ中継用タワーとしては日本最大です。そんなこともあってか、タワーマニアの方々の間では結構有名とか。

テレビ中継用タワーとしてはあまりに巨大なのは、それなりの理由があるそうです。通常この手のテレビ中継局は自治体及び放送局の共同出資で建設されますが、当該局の場合は成田国際空港株式株式会社(旧新東京国際空港公団)により建設運営されています。すなわちこの中継局は元々成田空港に発着する航空機による電波障害を解消するための補償(お詫び?)だったのです。近隣住民への迷惑解消のためなら出費は厭わないという精神でこのような立派なタワーになったらしいです。ちなみに当該中継局が開局した当初、各家庭ではアンテナ変更工事等が必要になりましたが、全て新東京国際空港公団が費用を負担しました。

もう一つ、驚くべきことは当該中継局の空中線電力がたったの3Wしかないということです。たった3Wの電波を送信するために218mものタワーを建設するとはなんて贅沢なんでしょう。ちなみに私が開局しているアマチュア無線橋のアンテナは高さ8mで出力10Wです。「アンテナは出力よりも高さが命!」とはよく言われる言葉ですが、佐原テレビ中継局はそれをとことん突き詰めたアンテナと言えましょう。
 

東京オートサロン2014カスタムカーコンテストグランプリ

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月23日(木)20時54分33秒
返信・引用
  先日、東京オートサロンに行って来ました。私は車の写真はほとんど撮らないのですが、その会場で唯一撮影したのがこれ。「日本自動車大学校(成田市)」製作の電気自動車。実はこれ、BSフジ「増田オートサロン」の番組中で取り上げられていたのを見ていて知っておりました。というか番組MCの元AKB48増田有華嬢がデザインを担当しております。そんなこともあって一応カメラに収めておいたのでした。

その後、気にもしていなかったのですがこの車、なんとカスタムカーコンテストグランプリを受賞したというではないですか。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140123-OYT8T00368.htm

唯一撮影した車がグランプリとは自分もびっくりしてしまいました。製作したのもご近所(旧大栄町)というのも何かのご縁のようです。上リンクの記事にある写真では黒山の人だかりになっていますが、私が見たときは閑散としていてむしろ隣の車の方が注目を浴びていました。

 

ベリカードコレクション:東海ラジオ

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月22日(水)23時13分1秒
返信・引用
  東海ラジオは愛知県の中波放送局です。こちらは初獲得ものです。夜間、ループアンテナを使えば良く聞こえる局です。受信報告書を書くために受信した番組はご当地ものが良かろうと、SKE48出演のものでした。

デザインは名古屋らしく金のしゃちほこです。
 

ベリカードコレクション:新潟放送

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月21日(火)19時07分15秒
返信・引用
  新潟放送は新潟県の中波放送局です。こちらは初獲得ものです。

新潟放送の受信も結構苦労しました。夜間は混信が激しくてほとんど聞き取れないのですが、夕方17:00から19:00くらいなら何とか受信できます。

雪国、新潟らしく自家用除雪機のCMが流れていました。
 

ベリカードコレクション:ラジオ福島

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月20日(月)22時49分37秒
返信・引用
  ラジオ福島は福島県の中波放送局です。こちらは初獲得ものです。

ラジオ福島の受信には苦労しました。本局(1458kHz)の出力はたったの1kWしかなく、しかも茨城放送(土浦局)と同一周波数なので絶望的。5kWの郡山局(1098kHz)は聞こえなくはないが信越放送等と同一周波数で混信が酷過ぎる。そんな訳で諦めかけていたのですが、朝方のいわき局(1431kHz、1kW)なら結構クリアに聞こえることを発見しました。電界強度は弱いものの、混信がほとんどないので聞きやすいです。

嬉しさのあまり受信報告書にそのことを書いたところ、「海上伝搬の影響でしょうか」という返事を戴きました。電波というのは陸上よりも海上の方が遠方に伝わりやすい性質があるんですね。いわき市と香取市を直線で結ぶと大半が海上になるので電波が届きやすいのかもしれません。
 

ベリカードコレクション:秋田放送

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月18日(土)20時51分11秒
返信・引用
  秋田放送は秋田県の中波放送局です。こちらは初獲得ものです。

デザインは田沢湖の辰子像です。私は25年ほど前バイクでここを訪れたことがあります。夏休みの行楽客でごった返し、天候は土砂降り!という酷いさなかこの像を見てきたという想い出があります。もう一度、今度は天気の良い日にバイクで出掛けてみたいものです。
 

ベリカードコレクション:青森放送

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月17日(金)00時00分58秒
返信・引用
  青森放送は青森県の中波放送局です。こちらは初獲得ものです。電界強度が弱い上、隣接周波数のニッポン放送(1242kHz)に抑圧されがちなので受信には苦労しました。

デザインは空と海の青が美しい佐井TV中継局の写真です。
 

ベリカードコレクション:静岡放送

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月15日(水)19時47分14秒
返信・引用
  SBSラジオは静岡県の中波放送局です。こちらは初獲得ものです。ループアンテナを使用すればまあまあ良く聞こえる局なのに、ラジオ関西と同じで何故かベリカードを所持していませんでした。

デザインは静岡市出身のしりあがり寿氏のマンガです。
 

ベリカードコレクション:茨城放送

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月13日(月)22時22分28秒
返信・引用
  茨城放送のベリカードは遙か昔に戴いたことがあるのですが、このほど再度戴きました。

茨城放送は茨城県の中波放送局で千葉県北部の我が家からも昼夜問わず良く聞こえます。文化放送とニッポン放送の間に挟まれたローカル放送というのも味があるものです。
 

XLR号、タイヤバルブコアの交換

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月10日(金)22時07分33秒
返信・引用
  先日、XLR号のタイヤ空気圧チェックをしたところ、バルブからシューシューと空気が漏れ始めてしまいました。「こりゃバルブコアの劣化だな」と判断し、前後輪とも交換しました。

写真はその交換したバルブコア(古)です。ゴムの部分が劣化して空気漏れを起こすと聞いていますが、何の異常もありません。でもよく見ると普段閉じているべき間隙にゴミが挟まっておりました。どうもこいつのせいで空気漏れを起こしていたようです。

今回のトラブルはバルブコアの劣化ではありませんが、このバルブコアはもう7年も使用しているので交換しておいて良い時期だったと言えましょう。
 

千葉県版道の駅観光ナビゲーターに藤江れいな嬢(AKB48)登場

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月 9日(木)19時09分0秒
返信・引用
  いつの間にか、我が地元香取市の観光案内人としてAKB48の藤江れいな嬢が起用されていました。

http://www.suigo-sawara.ne.jp/entry-info.html?id=39206



拝見すると、うちの近所を歩き回っているではないですか。知っていれば見に行ったものを・・・。

彼女は千葉県出身ということもありマザー牧場のイメージガールも務めていました。

 

中波受信用ローパスフィルターの製作

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月 6日(月)20時26分18秒
返信・引用
  以前製作した中波受信用ループアンテナ(http://6503.teacup.com/biji/bbs/1520)はとても高性能なのですが、短波帯以上の強力な電波があると混変調を起こしてしまうのが泣き所でした。(受信機側の問題でもある) これを克服すべくローパスフィルターを製作してみました。それと我が部屋はデジタルノイズで満ちあふれているのでこれも退治できれば御の字です。

おあつらえ向けの良い作例があったのでそれをほぼ踏襲させて戴いています。下リンクがそれ。

http://www.ddd.eek.jp/ddd/71-2mhz-lpf/index.htm

写真が製作したものです。プリアンプと同じ筐体(タッパ)に収めました。2000pF、4000pFのコンデンサは入手出来ず1000pFのものを組み合わせたせいで凄いことになっております。全部で16個のマイラコンデンサを使用しています。本当は入出力インピーダンスのマッチングをとるべきですが、受信用なのであまり気にせず接続しております。

効果は抜群で短波帯以上の混変調はほぼ制圧しています。デジタルノイズの方は退治できるのもあれば出来ないのもあります。出来ない方が多いです。特に無線LANアクセスポイントは強力でこれは電源を切る他ありません。(こいつはどうも四六時中電波を出しっぱなしらしい)

中波局BCLにはとても強力な味方になりました。
 

羽黒山城(笠間市)、棟峰城(笠間市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2014年 1月 4日(土)22時04分51秒
返信・引用
  ひづめさん夫妻と城初めとして羽黒山城、棟峰城に行って来ました。羽黒山城は8年ぶり、棟峰城は初登城です。

羽黒山城は急斜面をロープに掴まりながら登って行きます。8年前、よくもこんなところを測量機材を背負って登っていったものだと我ながら感心してしまいます。上写真は羽黒山城主郭。土塁の内側に石積みがあるという変わった構造をしております。

下写真は棟峰城の堀切。棟峰城は羽黒山城のすぐ隣りにあります。羽黒山城に比べると小振りで構造も単純です。

 

ベリカードコレクション:ラジオ関西

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月31日(火)19時41分7秒
返信・引用
  今年最後の記事はラジオ関西のベリカードです。ラジオ関西(558kHz)は兵庫県の中波AM局です。昼間は全く聞こえませんが、夜間はよく聞こえます。

昔、聴取可能中波放送局は全てベリカードを獲得していたはずなのですが、ラジオ関西のものは何故か所持していません。紛失してしまったのか、本当に聞こえなかったのか。当時と現在では周波数が違っているので聴取困難だったのかもしれません。

それでは、みなさんよいお年を。
 

ベリカードコレクション:FMヨコハマ

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月30日(月)22時39分35秒
返信・引用
  FMヨコハマ(84.7MHz)は神奈川県のFM放送局です。以前は当地ではほとんど聞こえなかったのですが、今年6月に送信所を秦野市大山に移転してからは随分良く聞こえるようになりました。

ベリカードのデザインは有名な葛飾北斎「神奈川沖浪裏」をモチーフにしたものです。

返信用に90円切手を同封したのですが、なんと送り返してくれました。FMヨコハマ様は律儀な会社でございます。
 

ベリカードコレクション:J-WAVE

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月30日(月)00時54分43秒
返信・引用
  J-WAVE(81.3MHz)は東京のFM放送局で、東京スカイツリーから送信されているため当地でも良く受信できます。ここの管理人がBCLをやっていたことはまだ存在していなかったのでこのベリカードも初獲得となります。

ご覧の通りデザインは25周年記念のものです。本社は六本木ヒルズにあり、放送内容もとってもお洒落なものとなっています。
 

ベリカードコレクション:放送大学

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月28日(土)19時20分12秒
返信・引用
  ここの管理人は放送大学の学生ではありませんが、受信報告書を送付したところベリカードを戴きました。こちらも初獲得ものです。

「発達心理学」講座を聴講致しました。大学講義を受けるなんて随分久しぶりで懐かしいものです。
 

ベリカードコレクション:FMかしま

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月27日(金)21時05分32秒
返信・引用
  FMかしま(76.7MHz)は茨城県鹿嶋市にあるコミュニティ放送局です。コミュニティ放送とは専ら1市町村をサービスエリアとする小規模なFM放送を言います。そんな訳でFMかしまの出力は20Wとなっており、遠距離からの受信はかなり困難です。

我が家からFMかしままでは直線で約15km、ラジオ附属のロッドアンテナでの受信はちょっと厳しいです。先日製作したフォールデッドダイポールアンテナを使用したところ、良好に受信できました。

アントラーズの実況中継が聞けたりするので重宝しています。地元スーパーの「本日の特価情報」なんかを流しているのはいかにもコミュニティ放送らしいです。

そんな小規模な放送局ですが、ちゃんとベリカードを発行してくれました。
 

ベリカードコレクション:NACK5

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月22日(日)19時55分41秒
返信・引用
  こちらも最近戴いたベリカードで、NACK5様の物です。デザインは懐古趣味なラジカセのイラストです。

NACK5様も電光石火でベリカードが送られて来ました。投函して3日後です。私が投函したのはもう夕刻だったので実質2日間での返信と言ってもいいでしょう。NACK5様も素晴らしい仕事っぷりです。

さてNACK5様は埼玉県のFM放送局(79.5MHz)です。どういう訳か、我が家で受信できるFM局の中では最も強力に受信できます。開局は1988年なのでこちらも初獲得となります。
 

FM放送受信用アンテナ

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月21日(土)19時09分6秒
返信・引用
  我が家は下総台地の陰に入ってしまうせいか、FM放送の電界強度が低くクリアに受信することが難しいです。そんな訳でBCLを再開するにあたりお手軽なFM放送受信用アンテナを拵えてみました。

写真がそれで、形式はフォールデッドダイポールアンテナです。平形フィーダー線をエレメントに使用して、長さは80.0MHzあたりに同調するよう調整。給電線には同軸ケーブル(4C-FB)を使用。フォールデッドダイポールアンテナのインピーダンスは約300Ω、4C-FBは75Ωなので、マッチングにはテレビ用整合器を利用しています。

鴨居に這わせるように設置してありますが、これで西南西と東北東の方角に指向性が当てられています。bayfm送信所のある船橋市や東京スカイツリー、東京タワーは西南西の方角にあるのでこれで大凡のFM局は受信出来ます。

長い同軸ケーブルの手持ちがなく室内に設置しました。こんな簡単な物ですが、ラジオ純正ロッドアンテナよりははるかに高性能で、今まで聞こえなかった局も聞けるようになりました。
 

ベリカード収集復活

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月20日(金)19時20分5秒
返信・引用
  以前、遙か昔にベリカードを集めていたことを記事にしましたが、
http://6503.teacup.com/biji/bbs/1576
約35年ぶりに受信報告書を放送局に送ってベリカードを戴きました。

手始めに報告書を送付したのはbayfm様(78.0MHz)です。bayfm様は千葉県のFM放送局で、首都圏なら大体聴取可能なのでお馴染みの方も多いと思います。私がBCLをやっていた頃、まだbayfm様は存在せずベリカードも獲得していませんでした。そんな訳でBCL復活には打って付けの局です。

受信報告書を投函してなんと二日後にベリカードが届きました! こんな素早い対応は初めてです。(数週間後くらいは当たり前) bayfm様の迅速な仕事っぷりに感服いたしました。それと輸送した日本郵政様の健闘も称えずにはおられません。

ベリカードのデザインはいかにもFM局っぽいものです。
 

SATA電源コネクタのトラブル

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月14日(土)18時44分32秒
返信・引用
  先日メインPCの調子が悪くて(USB関連)、HDD等を外す等の作業をしました。USB関連のトラブルは解消したのですが、あろう事か新たに別の問題が発生。それはPC稼働中に内蔵HDDの電源が突然落ちてしまうという現象です。これが発生するとブルースクリーンが出て再起動してしまうので実に厄介な問題です。HDDの寿命かと半分諦めかけていたのですが、とうとう原因を突きとめました。それはHDDに繋がっているSATA電源コネクタの損傷でした。

写真をご覧戴きたい。矢印の接点が引っ込んでいるのがお判りでしょうか。別角度からルーペで観察すると明らかにこの接点だけ異常。試しに別のコネクタに差し替えてみたところ、呆気なく直ってしまいました。やはりこのコネクタの接点が接触不良を起こしたのです。どうもUSB関連の修理の際、このコネクタを破損させてしまったようです。

PCのコネクタ類は低コスト化を図るためか貧弱なものが多いです。PCが謎のトラブルを起こした際はコネクタ類を点検するのも重要です。
 

ラブジョイ彗星

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年12月 6日(金)19時23分26秒
返信・引用
  天体に造詣が深いひづめさんにラブジョイ彗星の位置と時間帯を教えて貰って撮影してみました。

取り敢えず撮影はしたものの、どれがラブジョイ彗星か判らない。尾を曳いている天体などありゃしない。仕方ないのでそれをひづめさんにメールで送ったところ、画像処理等をして判るようにして戴きました。それがこの写真。これは素人では判らん。取り敢えず、彗星が写っていたと言うことで一安心です。

その後、何度かラブジョイ彗星撮影に挑んでいますが、何故か全てピンぼけになるトラブルに見舞われています。これもひづめさんに御教示戴いたところ、どうも私のレンズは一癖あって無限遠に合焦させるのは至難の業ということが判明。最初に撮影したものは偶然ピントが合ったらしい。解決策も伺ったので次回はそれを試してみます。
 

電気真鍮メッキの実験

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月30日(土)19時33分11秒
返信・引用
  今回は真鍮メッキです。真鍮は銅と亜鉛の合金で黄銅とも呼ばれます。身近なものでは五円硬貨がそれです。真鍮板は結構高価なのでなかなか手が出せないのですが、真鍮棒(φ2mm×1m)が\160で売っていたのでこれを使用しました。

今回も懐中時計の金具にメッキをかけます。同じ形状のものですが以前のものとは別物です。下処理したものが写真1。銀色に輝いております。

写真2はメッキ作業中のもの。今回は乾電池2本を使用しました。電流値は250mAくらい。乾電池が古いせいもありますが、流石に250mAも取り出すと電圧降下が起きて2本直列で1.7V位まで下がっていました。

30分ほど通電させてメッキ作業は終了。コンパウンドで磨き上げると綺麗な黄金色に輝き出しました。(写真3右) 参考に前回の銅メッキも並べてあります。銅メッキは赤っぽく、真鍮メッキは金に近いです。

真鍮は銅に比べると硬く錆びにくいので装飾用メッキに向いています。
 

導通チェッカーの製作

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月29日(金)22時35分56秒
返信・引用
  久しぶりの電子工作です。導通チェッカーとはその名の通り電気的な導通を検査する装置です。電子工作には欠かせない機器で半田付けの良否のチェックなどに使用します。

当初、オリジナル回路設計でいくつもりで回路を考案していたのですが、ネットで調べているうちに私の回路よりもシンプル、それでいて高性能という作例を発見したのでそれを踏襲させて貰いました。(下記リンクがそれ)

http://www.ht-net21.ne.jp/~mkanari/checker.html

変更点は
コンパレータ HA17903->LM393
ダイオード  1S2076->1N4148
抵抗器    75Ω ->22Ω

の3箇所です。75Ωの抵抗器では全く反応しなかったので感度を上げるために22Ωにしました。

テスターリードを検査したいものに当てて導通があるとピーとブザーが鳴ります。約30Ω以下で鳴ります。
 

XLR号、フロントブレーキホースの交換

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月28日(木)18時35分24秒
返信・引用
  前回のフロントフォーク錆取り最中にフロントブレーキホースの亀裂を発見してしまいました。まだ液漏れはしていませんが、こういうのは危険なのでさっそく交換しました。

上写真は新品のフロントブレーキホース。中写真は外したブレーキホースの亀裂部分です。よく観察してみると亀裂というよりは凹んでいるといった感じです。これなら交換する必要はなかったかもしれませんが、製造されて20年、おそらく一回も交換したことがないのでこの辺でやっておいた方がいいでしょう。サービスマニュアルには4年で交換しろと記述してあります。なにせブレーキホースは人命に関わる重要保安部品、疑わしい損傷があれば交換すべきです。

下写真はついでに交換したブリーダボルト。ブレーキフルードを交換するときはこれを弛めて排出します。錆び付きガタついてたのでこいつも交換です。
 

XLR号、フロントフォークの錆取り

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月23日(土)18時26分42秒
返信・引用
  XLR号のフロントフォークが錆び付き汚らしいので研磨してみました。邪魔なタイヤは外します。(上写真) アルミ製のフロントフォークは本当は銀色に光っているはずなのですが、ご覧の通りに灰色にくすんでいます。所々、白い粉も吹いています。

鉄錆と違ってアルミ錆は結構強靱なので色々なものを駆使して除去しました。(写真中) いつものNEOナイス処理は素材がアルミなので出来ません。 ディスクグラインダーは思いの外強力で、表面を根こそ削り取ってくれました。以前、こいつで怪我をしたことがあるので、出来ることなら使いたくない工具でもあります。

さて悪戦苦闘の末、ピカピカなアルミ本来の輝きを取り戻しました。このままだとすぐに錆びそうなのでクリアラッカーを吹き付けてあります。「まるで新車のよう!」とまでは言えませんが フロントフォークがピカピカだと随分イメージが変わるものです。
 

電気銅メッキの実験

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月10日(日)22時26分29秒
返信・引用
  前回は亜鉛で巧くいったので今回は銅メッキに挑戦します。

実験に供するものは懐中時計の金具です。(写真1の右下) おそらく鉄にクロムメッキを施したものと思われます。表面が光沢を失っていたのでコンパウンドで磨いて下処理をします。

電解液はいつものNEOナイスを5倍に希釈したもの。銅は100円ショップで入手した銅製針金(φ1.2mm)を丸めたものです。(写真2右側) 3Vの電圧で約30分通電させました。電流値は0.2~0.1A程です。(写真1)

写真2はメッキを終了し水洗いしたものです。しっかりメッキがかかっていますが、光沢は全くありません。これをコンパウンドで研磨すると光沢のある綺麗な銅色に輝き始めました。(写真3)

銅は錆びやすいのでこのままだと多分すぐに酸化し光沢を失うと思います。色は綺麗ですが、手入れが大変そうです。様子を見てクリア塗装でもしましょう。
 

電気亜鉛メッキの実験:その2

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月 3日(日)18時54分39秒
返信・引用
  再度実験しました。(写真上) 今回は電圧を3Vまで上げます。電源装置は自作機を止めて市販の無線機用のものを使用しました。何故変えたかというと、自作機は濡れた手で触ると感電するからです。今頃気付きましたがこの自作機の回路には設計ミスがあります。

さて3Vでメッキを始めました。約30分で写真2のように綺麗にメッキがかかりました。濡れたまま放置しても錆びることはありません。成功です。亜鉛メッキの色は金属色と言うよりはくすんだ灰色です。トタンの色と同じですね。

気になっていた電流値ですが、メッキ開始時は約1.5Aで、長時間通電させていると次第に低下していき、最後は0.1A位まで落ちました。それに伴って泡立ちの勢いも落ちていきます。想像ですが、メッキが進んで行くうちに電解液中の水素イオンが減少していき電子を運ぶ量も減り電流値が落ちるのではないでしょうか。試しに0.1A位まで落ち込んだ状態の電解液にNEOナイスを投入したところ、電流値は回復し泡立ちも激しくなりました。そうそう、書き忘れましたが電解液はNEOナイスを5倍に希釈したものです。

さて防錆効果がどのくらいのものか楽しみです。メッキの上に塗装を施してバイクに装着してみて様子を見ることにします。
 

電気亜鉛メッキの実験

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月 2日(土)19時33分59秒
返信・引用
  NEOナイスでの錆除去は巧くいっていますが、除去後、安物の塗料で塗装したところで数年後にはまた錆び始めてしまうのは明白です。強力な防錆処理と言えば亜鉛メッキでしょう。ちなみに「トタン」は鉄の薄板に亜鉛メッキを施したものです。ネットでメッキに関する情報を探していると簡単に電気亜鉛メッキ出来ることが判ったのでさっそく実験してみました。

写真1は今回の実験に供する部品です。XLR号のFフォークにブレーキホースを固定するための金具です。塗装を剥がした状態ですが、ご覧の通りさびさびです。まずはこいつをいつものようにNEOナイスで錆を溶かします。

写真2は電気メッキを実施中。亜鉛はマンガン乾電池を分解して取り出しました。ネットの情報では電圧は3V位かけるそうですが、そうすると電流が1.5Aにもなってしまうので1.5Vに抑えました。この時の電流は約0.8Aです。この状態で約1時間放置。

メッキ終了が写真3です。鉄も亜鉛も似たような色なので本当にメッキがかかっているのか判りません。

アルカリ性洗剤で電解液を洗い落とした後、濡らしたまま何もせず放置してみました。もしメッキがかかっていない場合は錆び始めるはずです。数時間後、隅の部分に黄色の錆が発生しております。(写真4) どうも失敗だったようです。下処理をしっかりやらないと上手くメッキがかからないそうですが、その錆びた部分は脱脂等が不十分だったのかもしれません。

ところで、私は電源に自作可変電圧安定化電源装置を使用しましたが、ネットの先達は乾電池やACアダプターを使用している例が多いです。ACアダプターはともかく、乾電池で1.5Aも取り出したらあっと言う間にすっからかんのはず。乾電池でも大丈夫なんでしょうかね。 
 

XLR号、クラッチ系の修理:その2

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年11月 1日(金)18時36分9秒
返信・引用
  クラッチレバーCOMPが入荷したので交換しました。クラッチレバーCOMPとはRクランクケースカバーに取り付けられた部品で(写真上)クラッチワイヤーに引っ張られることにより回転し下部の切り欠きがクラッチリフターロッドを押し出しクラッチを断続するというものです。

写真中は部品単体の様子。写真下を注目して戴きたい! ご覧の通り、切り欠き部分が大きく損耗しております。ノギスで計測したところ1.5mmも削れていました。これでは十分にクラッチを断続することは出来ません。

ガスケット等も交換し組み上げて試運転したところ、実に良好なクラッチタッチに変貌しました。随分永い間、この不具合に悩まされて来ましたがようやく解決することが出来ました。

想定外の嬉しい事象も発生しました。XLR号を中古で購入した時からずっとニュートラルランプがなかなか点灯しないトラブルを抱えていたのですが、これもクラッチレバーCOMPを交換したら直ってしまいました。どういう理屈なのかは判りません。

それと、ブレーキシステムのオーバーホール後、初めての試運転でもあったのですが、こちらも見違えるような素晴らしいブレーキングに変貌しました。以前はブレーキレバーを握ると「ぐにゃー」とした感覚で利き方も「じわー」としたものでした。オフロード車ってそんなものだろうと思い込んでいたのですが、オーバーホール後は「ぐにゃー」感は消え去り、利き方も「じわー」ではなく「がつん!」といった感じになりました。
 

XLR号、クラッチ系の修理:その1

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月31日(木)18時49分36秒
返信・引用
  以前よりクラッチの不具合があり、おそらくクラッチ板の消耗だろうと騙し騙し乗っていましたが、どうやら別の原因らしいという情報を得て修理を開始しました。

その不具合とは、クラッチレバーの遊びを規定の数値にすると何故かクラッチケーブルがブラブラ(テンションがかかっていない)の状態になってしまう。最低限度のテンションをかけるように調節すると今度は遊びが全くなくなってしまうという現象でした。別の言い方をすれば、クラッチの繋がり始めからクラッチが完全に接続される間のストロークが非常に短いということです。

ネットで見つけた情報では、この手の症状は「クラッチリフターロッド」もしくは「クラッチレバーCOMP」が損耗し、クラッチを押す距離が短くなっていると言うものでした。どっちの部品が原因かはRクランクケースカバーを開けて実物を確認してみないと判らないのですが、「多分クラッチリフターロッドだろう」という勘を信じてそいつとクランクケースガスケットを注文したのでありました。

部品が届いたので厄介なRクランクケースカバーを開けてみました。(写真上、矢印の円筒形のものがクラッチ) クラッチリフターロッドを取り出し、新品のものと比べてみました。(写真下) なんと全く損耗しておりません。ノギスで計測してみても0.1mmの違いもありません。となると、原因はクラッチレバーCOMPの方か! そいつを観察してみると確かに削れているようにも見える。ただ新品がないので比較しようがない。

バイク屋にクラッチレバーCOMPを持ち込んで鑑定して貰っても「新品と比べてみないとねえ」という返事。やはりクラッチレバーCOMPが原因と睨んで注文を入れておきました。
 

XLR号のブレーキシステムオーバーホール:その3

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月27日(日)18時46分16秒
返信・引用
  ダストシールを取り出した当初、溝内に謎の黒い物体(パッド粉+ブレーキフルード?)がびっしりこびり付いていたものの、こいつは爪楊枝でもって何とか除去に成功しました。それでも灰色の何かがどうして除去出来ません。一体こいつは何なのか? 気になってルーペでもって観察してみました。何とそれは錆でした。(写真上) 爪楊枝ではどうにもならないはずです。試しにピカールを爪楊枝に付けて研磨したものの、少し取れる程度でしかないのでこれ以上は止めておきました。

中写真はシールとピストンを装着した場面です。右ピストンだけ新品なのでピカピカです。

下写真はXLR号に装着した場面です。キャリパーだけ新品のようです。フロントフォークが汚いので更に目立ちます。

これにてブレーキシステムのオーバーホールは完了です。
 

XLR号のブレーキシステムオーバーホール:その2

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月26日(土)20時48分54秒
返信・引用
  マスターのオーバーホールは完了しハンドルに取り付けました。厄介なのはキャリパーにこびり付いた汚れ。特にダストシールの溝内のものは完全には除去しきれませんでした。(写真上)

外面もヤスリで削り取らないと綺麗にならないほどなので、ある程度掃除したらシルバーのペンキで塗装してやりました。(写真中下) お陰でまるで新品のよう。「NISSIN」のロゴも目立つように着色してやりました。
 

XLR号のブレーキシステムオーバーホール

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月24日(木)19時13分42秒
返信・引用
  購入して以来、一度もやっていなかったのでXLR号のブレーキシステムをオーバーホールしてみました。

写真をご覧の通り、マスタシリンダーとキャリパを分解しました。内部はかなりスラッジ等で汚れています。ブレーキフルードが固形化したものか、カチカチの石灰みたいなものもこびり付いていました。

交換部品はマスタピストンのブーツ(ボロボロだった)とキャリパのダストシール&ピストンシールです。

あろう事かピストンを取り出すとき、一つのピストンを破損させてしまい、これも交換するはめになってしまいました。前述パーツはもう取り寄せてあるのですが、ピストンはこれからの注文なのでしばらくXLR号を走らせることは出来ません。
 

XLR号のマフラー塗装

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月22日(火)21時44分9秒
返信・引用
  天気が回復したのでマフラーを塗装しました。今回は耐熱塗料を軽く1回塗りだけにしました。

と言うのも、ちゃんと耐熱塗料を使用しているにもかかわらず、すぐに塗膜が剥がれて錆び始めてしまうことが多かったので、今回は塗料メーカーのサイトで調べてみました。それによれば2度3度と重ね塗りをして塗膜が厚くなりすぎると塗膜から気体が発生し素材から剥離してしまうとあったのです。通常の塗料は重ね塗りが常識なので同じようにしていたのですが、どうもそれがいけなかったようです。

さて今回はどうなることやら。
 

XLR号のマフラー錆取り

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月19日(土)17時44分21秒
返信・引用
  以前、酸性洗剤での錆取り実験記事を掲載しましたが、いよいよ本丸のXLR号マフラー錆取りに挑戦です。

上写真のように赤錆まみれです。ワイヤーブラシ如きでは全く刃が立ちません。今回も「NEOナイス」に憎き赤錆を根こそぎ溶かして貰います。

プランターの中に「NEOナイス」3.5本(1750cc)を投入。それだけでは十分にマフラーを漬けることは出来ないので2倍程度に水で希釈しました。(中写真) 消音器部分は全体を漬けることは出来ないので時々ひっくり返すこと22時間。

希釈したせいでしょうか、今回も深い錆部分は残ったままです。綺麗さっぱり錆全部を溶かして貰いたいところですが、なかなか巧く行きません。でもワイヤーブラシで簡単に削ぎ落とせました。ピンポイントで深い錆はリューターを使って丁寧に削ってやりました。ご覧の通り、銀の金属色に輝いております。(下写真)

今回はここまで。天候が悪化し始めたので塗装は先送りです。
 

取手山館跡(小美玉市)発掘調査報告会

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月12日(土)20時50分57秒
返信・引用
  以前発掘が行われ数々の謎の遺構が出土した取手山館の発掘調査報告会(土浦市上高津貝塚ふるさと歴史の広場)に行って来ました。

http://6503.teacup.com/biji/bbs/1547  (前回の記事)

最大の謎である外側の薬研堀(2号堀)から曲輪内へ向かって伸びる8条の竪堀状溝の考証がされていました。すなわち、2号堀は堀ではなく塹壕(鉄砲陣地)であって、8条の竪堀状溝はそこへの連絡通路だったと言うことです。さらには2号堀のすぐ内側には土塁が構築されており、その連絡通路は土塁の下を穿ったトンネルだったというのです。鉄砲陣地はありふれていますが、トンネルでアクセスする構造なんて初めて見ました。他に類例はあるのでしょうか。

この2号堀、深さは2m程もあります。こんなに深くては塹壕には使えません。本来は堀として構築されていたものを、末期の改修で塹壕にすべく半分くらい埋められたと考えているそうです。その痕跡もあるそうな。その時に連絡通路として8条のトンネルも構築されたとのこと。

天正16年正月、大掾氏は江戸氏との和議を破棄して取手山館を修築しています。その年の4月25日、江戸・佐竹軍は取手山館を急襲し落城させています。さて、ここからはここの管理人の想像です。

天正16年の修築の際に2号堀は鉄砲陣地に改修されたのではないか。本来、鉄砲陣地とするなら背後の土塁は無用である。なぜなら人員配置や物資補給の妨げになるからである。それに背後の土塁というのは所謂背水の陣で、もし鉄砲陣地を放棄しようとした際、鉄砲兵は曲輪内へ逃げ込むことが出来なくなってしまう。時間や労働力の不足で土塁の撤去が叶わず窮余の策としてトンネルを掘って連絡通路としたのではなかろうか。2号堀の形成が美しいのに対し通路群の形成が雑なのはそのせいではないのか。更に鉄砲陣地が最前線になるのは築城セオリーに反するので、外側にもう1条の堀があるべきである。もし今後発掘調査が実施され2号堀の外側に新たな堀が検出されたとしたら「雑」な堀の可能性が高い。

写真は道路建設真っ最中の取手山館です。
 

ZZR1200号の車検本番

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月10日(木)19時49分30秒
返信・引用
  点検整備を始めて約20日間、ようやく車検場にZZR1200号を持ち込みました。結構空いていて、二輪用の第1コースは1台待ちですぐに検査に突入。本当はそのコースに入る前の写真を撮りたかったのですが、そんな時間もありませんでした。

四輪に比べると二輪はだいぶ検査項目が省略されています。ただ光軸検査の際、表示器に×が出たのでダメかと思ったのですがOKでした。ひょっとしたら二輪の光軸検査は甘めなのかもしれません。全て合格で無事車検証を拝領して来ました。
 

ZZR1200号の車検準備:その5

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月 8日(火)18時55分45秒
返信・引用
  冷却水の交換をしました。(写真) その他、スロットルワイヤー等の各種ワイヤーに注油しました。新車購入から10年も経過しているので色々な箇所で錆が発生していて、その除去並びに塗装も施しました。

整備点検はこれで終了で、あとは洗車をして車検場に持ち込むだけです。

 

パソコンの電圧変動

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年10月 4日(金)19時56分41秒
返信・引用
  ここの管理人がメインに使用している自作パソコン(M/B:A7V600 CPU:AthlonXP2600+【かなり古い!】)が謎の電圧変動を起こしております。電源電圧やファン回転数を監視する常駐ソフト「PCprobe」が頻繁に警告を発しています。CPUへ電源供給される3.3V電源が2.5V程にも低下しているのです。こうなるとPCの動作は不安定になり、マウスポインターが勝手に動いたりするのは序の口でハングアップするのもしばしば。このPCの電源装置は中華製の安物なので仕方ないと諦めかけていたのですが、ふと原因の候補を思いつきました。

それはATX電源コネクタです。というのも以前、ATX電源コネクタの不良でM/Bを焦がしたことあったからです。さっそくPCケースの蓋を開けてATX電源コネクタを引き抜こうとすると何故かそれが暖かい。こんなものが発熱する訳はないので、やはりトラブルが起きています。(写真上)

外観上は何の異変もないので、取り敢えず接点復活剤を吹きかけてみます。(写真中) PC等に接点復活剤は使用すべきではありませんが、便利なのは確かなので迷わずブシュー。

PCを起動してPCprobeを確認すると3.232Vまで復活しております。(写真下) どうやらATX電源コネクタの3.3Vピンが接触不良を起こしていたようです。コネクタの発熱もそれが原因でしょう。PCの動作不安定も解消しました。

PCprobeだと
12V  -> 12.672V
5V   -> 4.923V
3.3V -> 3.232V
1.6V -> 1.6V

となっています。プラスマイナス5%くらいが許容範囲らしいので、12.672Vというのは限界を超えています。PCprobeが正確ではない可能性もあるので、デジタルマルチテスターで計測してみました。

12V  -> 12.41V
5V   -> 5.142V
3.3V -> 3.389V

この数値はATX電源コネクタをM/Bから外しコネクタの電圧を直接測ったものです。3.3Vは無負荷ですが、12Vと5VはHDD等が繋がったままのでそれなりの負荷がかかった状態での計測です。これを見ると全て5%以内に収まっているので問題無しということになります。
 

ZZR1200号の車検準備:その4

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年 9月30日(月)18時33分30秒
返信・引用
  燃料ホースが入荷したので交換しました。上写真の3本が劣化したホースです。先端がひび割れしております。(写真下) まだガソリン漏れを起こすほどではありませんが、こういうのは危険なので早めに交換しておきます。

写真は撮っていませんが、冷却水フィルターの掃除もしました。この部品はキャブレターを外さないと取り出せない位置にあり面倒なので放っておいたのですが、今回一念発起してやってみました。案の定、4連キャブレターを外すのは苦労したものの順調に冷却水フィルターの取り外しに成功。分解してみると塗膜のようなものがびっしり詰まっていてまともな冷却水の循環は望めそうもありませんでした。サービスマニュアルには「1年ごとに掃除しろ」と指示されているのですが、そういうことならもう少し保守しやすい場所に設置して貰いたいものです。
 

ZZR1200号の車検準備:その3

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年 9月29日(日)18時51分17秒
返信・引用
  捨てられてしまったエアクリーナーを再度購入しました。(写真上) 純正品は\3374もするので汎用品をカットして使用します。お値段はたったの\630!(写真中) 写真下はそれをエアクリーナーボックスに収めたところです。厚みが5mmほど過大なのですが、スポンジなので蓋で押し込んでしまえば問題ありません。

 

ZZR1200号の車検準備:その2

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年 9月27日(金)20時29分36秒
返信・引用
  ZZR1200号の車検準備:その2

エアクリーナーを通販で取り寄せたのですが、親に捨てられてしまいました。「そんなところに置いておく方が悪い」と全く反省していません。バイクのメンテナンスよりも親の脳のメンテナンスをしてやりたいくらいです。

さて今回はブレーキパッドの点検です。上写真の上4枚が前輪用、下2枚が後輪用です。前輪用パッドは矢印の溝がなくなると使用限界です。ご覧の通り4枚とも溝がまだあるので掃除して再装着します。後輪用パッドはそもそも溝が付いていないのですが、最も薄い箇所を測ると0.7mmでした。使用限界は1.0mmなのでこちらは交換します。

パッドは買い置きしてあったのでそれを使用します。(デイトナのゴールデンパッド) 下写真は新旧を比べてみました、こうしてみると結構減っているものですね。
 

ZZR1200号の車検準備

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年 9月23日(月)19時45分56秒
返信・引用
  先日ミラージュ号の車検だったというのに間髪を入れず今度はZZR1200号の車検です。

そんな訳で12ヶ月定期点検をやっております。二輪車は四輪車に比べればはるかに楽ちんなのですが、ZZR1200号はカウルやガソリンタンクを外したりと結構面倒です。(写真上)

エアクリーナーを掃除してやろうと湿式のスポンジを取り出してみると、あろう事か劣化してボロボロではないですか。(写真中) スポンジ式はこれがあるんですな。新車購入時から一度も交換せず8年間使用していたので寿命と言っていいでしょう。

さらにガソリンホースのひび割れも発見。(写真下) 4年前に交換したのですが、もう劣化しております。ガソリン漏れを起こして火だるまになるのはまっぴら御免なのでこれも交換するしかありません。

今週中、車検場に持ち込もうかと考えていましたが、パーツの取り寄せに時間がかかりそうなのでどうも無理そうです。
 

幕張に九五式軽戦車現る

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2013年 9月22日(日)20時18分46秒
返信・引用
  思いがけず帝國陸軍の本物(?)の九五式軽戦車を見てきました。戦車の周囲にいる女性戦車兵を目的に撮影していたのでその時は「良くできたレプリカだなあ」くらいにしか思っておりませんでした。家に帰って調べてみるとなんと本物らしい。

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130913_615429.html

別の情報ではレプリカだというものもあり、真偽の程は不明です。

下写真はその女性戦車兵から戴いた団扇。
 

レンタル掲示板
/29