teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ミラージュ号、車幅灯電球の劣化

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年12月 1日(火)23時02分5秒
返信・引用
  最近ミラージュ号の車幅灯も暗いなぁと感じており、点検してみました。当該電球(T10 12V/5W)を外してみるとご覧の通り真っ黒! どうもフィラメントが溶融しそれが電球内側に蒸着しているようです。新品と点灯比較してみるとその差は歴然! これでは暗いわけです。

さっそく新品と交換することにしました。たまにはこういう部品も点検してみるべきと思わせる一件でありました。
 
 

ミラージュ号、油圧警告灯トラブル

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月29日(日)18時30分15秒
返信・引用
  前記事で油圧警告灯が点灯しないと書きましたが、本日原因を探ってみました。

最も疑わしいのは球切れ。と言うわけでメーターパネルを外してランプを点検してみたところ、問題ありません。次にメーターパネルにちゃんと電圧がかかっているか点検。メーターパネルに接続するハーネスコネクタの該当端子にテスターを当ててイグニッションキーをオンに。本来なら12Vがかかるはずですが、なんと0.2V! これでは点灯するはずがありません。でもどうして0.2V?

ネットで調べるとオイルプレッシャースイッチが故障するとこのような現象を起こすらしい。もしくはオイルプレッシャースイッチのコネクタが外れている可能性もありえる。ところが肝心のオイルプレッシャースイッチの場所が判りません。点検しようにもお手上げです。どなたか三菱ミラージュCJ1A(エンジンは4G13)のオイルプレッシャースイッチの位置をご存知ありませんか。
 

ミラージュ号、エンジンオイルとオイルフィルターの交換

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月28日(土)18時49分52秒
返信・引用
  10,000km走破したので交換しました。「10,000kmでは遅すぎる!」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、マニュアルには両方とも「15,000kmで交換せよ」とあり、これでも早いくらいです。

投入したオイルはカストロールのGTX DC-TURBO 10W-30。某ホームセンターで安売りしていたものです。

今回この作業をしていて、別のトラブルを発見してしまいました。何故か油圧ランプが点灯しません。原因究明、修理はこれからです。
 

凸大平城(郡山市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月27日(金)18時24分15秒
返信・引用
  郡山市内で最も技巧的城郭と噂される大平城に行って来ました。

大規模な横堀、いくつもの枡形虎口などは魅力的です。その反面、曲輪内の整地は不十分でとても建物が建てられるような状態ではなく、築城途中で放棄された感があります。

山頂近くの熊野神社まで、その気になれば車で登っていけます。どうも最近、その道が作られたようで横堀などは無惨に破壊されておりました。
 

凸木舟城(須賀川市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月26日(木)18時36分15秒
返信・引用
  またもやZZR1200号を駆って城攻めをしてきました。今回は福島県です。

木舟城は福島空港の東方約2kmに位置しています。私が訪問したときはヘリコプターが盛んに飛んでおりました。

さて、当城は公園化されているのでお気軽に見学できます。曲輪数が多く削平面も広大です。ただし縄張りの工夫はあまり見られず単純な城の部類に入ります。

単管パイプで作られた電飾天守(きらら木舟城)もあります。近くで観察すると結構しっかりした造りなので夜間に点灯している姿を見てみたいものです。




 

XLR号、前照灯の交換

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月24日(火)19時54分56秒
返信・引用
  以前、XLR号の前照灯をハロゲンランプからHIDに変更して、劇的に明るくなったという記事を書きましたが、それから3年が経ち、すっかり暗くなってしまいました。行灯並の照度でとても夜は走れないくらいです。(事実、民家の生垣に突っ込みそうになった)

中華製バーナーの消耗と考えたのですが、ライトのレンズが劣化して黒く濁っており、こいつが原因のようです。しかも反射鏡は光沢を失い部分的に錆びております。と言うわけで、ライトそのものを交換することにしました。

純正品でもいいのですが、社外品でマルチリフレクター式のカッコイイのがあるのでそれにしました。HIDはなくハロゲン球を取り付けてあります。夜間照射したところ、これまた劇的に改善されました。レンズカットタイプよりマルチリフレクター式の方が明るい気がします。配光に関しては思っていたよりはスパッと切れてはいませんが、それでもレンズカットタイプよりはビームが絞れています。

HIDに戻さなかったのは理由があります。安物中華製バーナーは紫外線カットが不十分でレンズの曇りや反射鏡の劣化を引き起こすことがあるそうです。私のもそれが原因で3年しか持たなかったのではと考えているからです。


 

再びSL走る

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月12日(木)00時30分28秒
返信・引用
  2013年2月に佐原-銚子間にてC62の運行が実施されましたが、なんと来年1月再びSLが走ります。しかも今度はD51!

http://www.chibanippo.co.jp/news/economics/284698

JR東日本は太っ腹です。

写真は前回のC62。
 

凸伊王野城(那須郡那須町)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月 2日(月)19時56分44秒
返信・引用
  高館城の見学後、まだ明るかったので近くの伊王野城にやってきました。

伊王野城は再訪のつもりだったのですが、どういう訳か駐車場のあたり(写真上)などは全く記憶にない! 城内へ進入しても見覚えがない! 再訪というのは勘違いなのか、それとも記憶が飛んでいるのか?

結局判らずじまいなのですが、なんとも腑に落ちないもやもやした気持ちであります。

駐車場のすぐ近くの四曲輪(写真中・下)は整備されていて見学しやすいです。ただ、それより奥の曲輪は結構なヤブでズボンに植物の種がひっつきまくりでした。暗くなって来たというのものあって主郭まで行って退散しました。

 

訂正

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月 2日(月)11時49分32秒
返信・引用
  凸桑久保城の記事において

×上野國
○下野國
 

凸高館城(大田原市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年11月 1日(日)20時01分0秒
返信・引用
  比高約110mの急峻に築かれた山城です。伝承によると那須与一の父、那須資隆によって築城されたそうな。平安末期ということでかなり古い城であります。

そういうわけで、城の遺構らしいものは乏しいです。堀もなければ土塁もありません。しかも削平も甘く本当に城なのかという印象さえ受けます。平安末期の山城ならこれで十分だったのでしょう。


 

凸武茂城(那須郡那珂川町)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月31日(土)17時45分13秒
返信・引用
  当城を紹介するサイトの写真を拝見すると綺麗に整備されている印象を受けたのですが、実際に行ってみると夏の名残か下草が結構茂っている状態でした。

城内に鎮座する静神社では掃除好きな騎馬武者がお出迎え。(写真下)
 

凸小志鳥城(那須烏山市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月30日(金)23時01分18秒
返信・引用
  当城は城址公園として整備されていて見学しやすくなっております。単純な山城ですが、堀内に何ヶ所か落とし穴のようなものがいくつかあるのが特徴的です。当城のすぐ近くに小志鳥横穴群(写真下)があり、それと小志鳥城の間には無数の竪穴が穿たれています。この竪穴も横穴群の一部なのかもしれませんが、堀内の落とし穴状のものと竪穴群とよく似ています。
 

凸桑久保城(高根沢町)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月29日(木)19時06分33秒
返信・引用
  秋のツーリングシーズン到来と言うことで、車検にパスしたばかりのZZR1200号を駆って上野國に攻め込んできました。

当城は町指定史跡とあって綺麗に整備してあり、保存状態も良好です。

特徴的なのは二重土塁と土橋のセットになっている虎口なのですが(写真下)、これはどう見ても攻め手側に有利というか城兵からすれば守りにくい構造なので後世の改変があるとみました。本来は馬出と木橋のセットだったのではないでしょうか。あるいは外側の土塁状は木橋の橋台だったのかもしれません。
 

凸林外城(鹿嶋市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月28日(水)18時22分3秒
返信・引用
  いつの間にか立派な案内板が設置されていました。写真上。
四曲輪は最近発掘調査が行われたようで3本のトレンチ跡がありました。写真中。
数年前、地元の有志により整備された二曲輪ですが、すでに背丈ほどの草に覆い尽くされております。写真下。(一曲輪も同様)

 

凸小田城(つくば市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月16日(金)23時14分6秒
返信・引用
  最近では戦国最弱武将として人気のある小田氏治の居城、小田城に行って来ました。久しぶりの訪問ですが、だいぶ復元が進んでおりました。

復元池(写真上)等は興味深いです。今年の全国城郭研究者セミナーでの発表において、「小田城の堀は全て障子堀」という衝撃的な事実が披露されました。現在は埋め戻されて障子堀を見ることは出来ませんが、ゆくゆくはその障子堀を掘り起こして山中城ばりの勇姿を見せて貰いたいものです。
 

ZZR1200号、燃料ホースの交換

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月 6日(火)17時55分19秒
返信・引用
  車検が済んだばかりだというのに、燃料ホースを交換しました。当該燃料ホースにひび割れがあるのに気付いたのは車検日の約1週間前ですぐに注文。入荷の連絡を受けたのが車検終了の数時間後。というわけでまたもや厄介な燃料タンク等を取り外すはめに。

ついでに冷却水漏れも修理。こちらはエア抜きボルトから漏れていました。締め付けが甘かった訳ではなく、ワッシャに塗膜が付着していて密閉が不完全だったのが原因でした。
 

ZZR1200号、車検パス

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年10月 5日(月)14時36分29秒
返信・引用
  本日、ZZR1200号を土浦自動車検査登録事務所に持ち込み車検を受けて来ました。何の問題もなくパスし車検証を戴いて来ました。

 

ZZR1200号、車検に向けて(最終段階)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 9月22日(火)11時05分47秒
返信・引用
  カウル、燃料タンク、エアフィルターケースを外してようやくエンジンが見えてきました。ここまでで半日仕事です。エアフィルターの洗浄、点火プラグの点検、燃料ホースの交換等を実施。これで法定点検はほぼ終了です。  

ZZR1200号、車検に向けて(冷却水の交換)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 9月21日(月)21時22分13秒
返信・引用
  毒々しい緑色の液体は排出中の冷却水です。四輪車の冷却水交換はヒーターコアのあるせいでなかなか古いのが抜けきってくれませんが、二輪車はその点簡単に抜けてくれます。  

利根川の水位、もう大丈夫

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 9月14日(月)18時53分2秒
返信・引用
  ピークの時から約2m下がったようです。安全水位に戻っているので危機は去りました。赤矢印の部分で草の色が変わっている場所がありますが、ここまで冠水していました。河川敷はゴミだらけでこれを処理するのも大変そうでした。  

利根川の水位、若干下がる

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 9月11日(金)19時10分11秒
返信・引用
  本日の利根川の様子です。流速は若干緩くなったように見えます。水の色は昨日よりは綺麗になり、ゴミも少なくなりました。肝心の水位ですが、ほとんど変わっていないように見えます。国土交通省のこちらのサイトを見ると少しづつではありますが、下がっているようです。

http://www.river.go.jp/nrpc0305gDisp.do?mode=&officeCode=21269&obsrvtnPointCode=44&timeAxis=60

上昇し続けていては不安ですが、一安心できそうです。
 

利根川の水量

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 9月10日(木)21時49分39秒
返信・引用
  鬼怒川決壊のニュース映像を見ながら、これは他人事ではないと思い、利根川の様子を見に行ってきました。茶色の濁流が大量の草と共に凄い勢いで下流へ流れています。すでに河川敷は水没。水位があと4~5mも上昇すれば堤防を越えそうです。大丈夫なんでしょうか。当地域には「はん濫注意情報」というのが発令されています。

普段はただの土塊として思わない堤防がこの時ばかりは、数万人の生命財産を護る巨人のように見えました。なんとか護りきって貰いたいと願うばかりです。
 

ZZR1200号、車検に向けて(Rブレーキマスタシリンダのオーバーホール)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 9月 1日(火)21時17分19秒
返信・引用
  ついでに後輪用のマスタシリンダもO.H。こんなの分解したのは初めてです。ほんの少し固形化が見られたものの、結構綺麗でした。ZZR号はもう12年車なのでこんな物も点検しておいた方がいいです。
 

ZZR1200号、車検に向けて(Fブレーキマスタシリンダ&クラッチマスタシリンダのオーバーホール)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月31日(月)21時55分46秒
返信・引用
  マスタシリンダはあまり汚れることはありませんが、3年前にクラッチマスタピストンが破損してフルードが漏れ出すトラブルが発生したことがあるので、念のためにクラッチ、Fブレーキ共々オーバーホールを実施しました。

分解してみると全く綺麗なもので、殆ど何もすることがありません。Fブレーキリザーブタンク内に金属粉が少々溜まっていたらいです。元に戻して完成。
 

ZZR1200号、車検に向けて(ブレーキキャリパーのオーバーホール)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月29日(土)23時04分42秒
返信・引用
  ミラージュ号の車検が終わったら今度はZZR号の車検です。まずはブレーキキャリパーのオーバーホール。ZZR号を購入して以来一度も実施しなかったもののようやく重い腰を上げてばらしてみました。

ピストンは友人のバイク屋に頼んで圧縮空気を使って抜いて貰いました。そのピストン、若干のサビが生じていましたがサンドペーパー等で落として再利用。シールは全て交換すべきですが、全部交換するとなると1万円にもなってしまうのでこれも使える物は再利用。キャリパー内は意外と綺麗でした。若干の固形物を除去。

XLR号のブレーキはたったの2ポッドで楽でしたが、ZZR号は前後合わせて10ポッドもあるので大変です。

 

帝國陸軍水戸歩兵第2聯隊(水戸市堀原)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月28日(金)21時49分17秒
返信・引用
  の碑は茨城県武道館隣の小さな公園内にあります。左の球体がそれで、右の塔状のものは尼港事件の慰霊碑です。

最近何かと取り上げられることが多いペリリュー島の戦いでその守備隊として派遣されていたのがこの歩兵第2聯隊です。当初米軍は三日間で墜とせると豪語していましたが、我が軍は万歳突撃を禁止し徹底抗戦を貫き70日間持ち堪えました。補給や援軍をほとんど期待できない戦いの中で驚異的な粘り強さを発揮しています。茨城県出身の兵士は強かったのです。

 

祝町向洲台場(大洗町)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月23日(日)22時01分0秒
返信・引用
  幕末に水戸藩によって建造された砲台です。異国船を追い払うのが目的です。

この冬に来たときは綺麗で歩きやすかったのですが、この季節になると草ぼうぼうでした。人の背丈ほども伸びています。

下写真はすぐ近くの那珂川河口。この砲台は那珂川を遡上せんとする異国船を阻止する意図もあったようです。そのまま遡上されればすぐに水戸城下ですからね。水戸城防備の狙いもあったに違いありません。。
 

ミラージュ号、車検本番

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月14日(金)17時09分12秒
返信・引用
  例によってお盆に持ち込んだのでガラガラでした。来ているのはほぼ全員ユーザー車検。検査時間約5分で全ての検査が合格。無事に車検証を発行して貰いました。いつも思うことですが「呆気ない!」 クソ暑い中での整備の成果がたったの5分で判別されてしまうとは・・・。1時間かけて作った料理をたったの5分で食い終えた時の気持ちと同じです。

さて重量税は車検の際に収めないといけないのですが、窓口のおねえさんから告げられた金額が事前に調べておいたものより高い! それを申し出ると「合ってますよ。この車は18年経過車両なので割高になります」とのこと。古い車は割高というのは知っていたものの、ミラージュ号がそんなに古いという認識がなかったのです。初年度登録が平成8年なので確かに該当する。もう19年も走り続けているんです。

今回の車検は修理箇所が多い上に税金も上がって結構な金額になってしまいました。

 

ミラージュ号、ブレーキフルードの交換

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月 9日(日)19時05分31秒
返信・引用
  バイクと違って四輪車のブレーキフルード交換は大変厄介です。ジャッキアップしてタイヤを外さないといけません。しかも4輪も。

今回はちょっとしたトラブルが発生しました。ブレーキペダルをポンピングしてブレーキフルードを排出しようとしたところワンウェイバルブが外れてしまい、それに気付かずにエアを混入させてしまいました。かなり焦りましたが、シリンジでしつこく吸引したら抜けてくれました。
 

ミラージュ号、ドラムブレーキの分解清掃

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月 8日(土)19時17分33秒
返信・引用
  後輪ドラムブレーキを分解清掃しました。ブレーキシューはまだ2.0mmほど残っているのでそのまま使用します。削りカスがたっぷり溜まっていたのでパーツクリーナーで洗浄しました。本当はオーバーホールすべきですが、4輪車のドラムブレーキは複雑なので止めておきました。
 

ミラージュ号、車検に備えて

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 8月 4日(火)23時49分25秒
返信・引用
  冷却水を交換したところ、エア抜きボルトから冷却水が漏れ出してしまいました。(以前から漏れていたらしい) エア抜きボルトを点検するとそのワッシャが破損しております。このままでは車検は通りません。ワッシャ1個交換すればいいのでディーラーに注文しさっさと交換。\141也。

これで冷却水漏れは解消しました。我がミラージュ号は古いのでいろんな所でガタが来ております。 
 

ミラージュ号、排気管の修理

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 7月30日(木)19時04分27秒
返信・引用
  ミラージュ号の排気管が破損して爆音を発生させるようになってしまいました。ジャッキアップして破損箇所を探し出し、自分で修復できそうならやってみようとしたものの、当該箇所は見つからず。どうも金属網がかかった内部で破損しているらしい。これは到底私の手には負えないので、業者に頼むことにしました。

近所の自動車修理工場に持ち込んだところ、「これは修理不可能。多分ディーラーでも無理」とけんもほろろに断られてしまいました。仕方ないのでディーラーに持ち込んでみると「修理は可能。破損箇所が溶接できない場所なので排気管を交換する他ない」とのこと。見積もりを出してもらうと、これまた結構な金額。近々車検もあるので、仕方なくそれでお願いすることに。金額は張りますが、修理出来るということでもありがたいです。

で、ご覧の通り排気管だけぴっかぴか。爆音も見事に消えました。オイル漏れを起こしているのはご愛敬。
 

可変定電流回路の製作

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 6月26日(金)21時26分48秒
返信・引用
  ニッケル水素電池などの充電器として利用出来る可変定電流回路を作ってみました。充電池の容量によって充電電流値が異なるので可変出来るようにしてあります。

シャント抵抗(2.2Ω)にかかる電圧をオペアンプ(LM324)で監視し電流値が一定になるようトランジスタ(2SC3694)を制御します。電流値の調整は半固定抵抗(1kΩ)で行い、0~1.0Aまで可変可能です。充電池の電圧によって適切な電圧を供給出来るよう電源は5~15Vまで対応します。電流値はデジタル電流計に表示されますが、10倍の値を表示します。写真では「1.5」とあり実際は0.15Aが流れております。
 

バッテリーパックの分解

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 6月19日(金)19時19分13秒
返信・引用
  トランシーバTH-F48の修理は完了しましたが、弄っているうちに今度はそれ用のバッテリーパックPB-13がおかしくなってしまいました。時折、充放電できなくなったりとか、放電できても大幅な電圧降下を起こすとか。中のバッテリーセルの寿命だろうと、分解してみました。

原因はセルが液漏れを起し、直列接続されているリセッタブルヒューズ(赤矢印)の足を腐食させ外れかかっていたせいでした。これではまともに動きません。写真は綺麗に清掃したあとですが、パック内は固形化した電解液でびっしりでした。セルを交換すれば一件落着ではありますが、液漏れセルを調べたところ、本来の性能の1/3くらい(約250mAh)は出ているので、再び組み直して使い続けてもいいかなとも考えております。(送信出力を最低にすれば、まあまあ使える)
 

トランシーバTH-F48の修理

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 6月 1日(月)19時25分46秒
返信・引用
  20年来愛用のトランシーバ、ケンウッドTH-F48(上写真)が電源を入れる度に誤動作するようになってしまいました。どうもこの現象はメモリー保持用内部電池の消耗のようです。この手のトラブルはよくあることで、他のトランシーバでも自分で交換した経験があります。

と言うわけで分解して交換することに。外してみると見たことのない品番が。調べるとなんとこれはリチウム二次電池! こいつはそう簡単に入手出来ませんぞ。ネットで調べても個人相手に定番商品で販売しているサイトは皆無。何社かにメールで問い合わせてみると1社だけ取り寄せ可能との返事あり、でもとっても割高。諦めかけていたところ、ネットオークションで出品されているのを発見してすぐに落札しました。(中写真)

簡単なハンダ付けで交換完了。(写真下) 見事に直りました。最近、何故か電池交換が多いです。
 

電気シェーバーの修理

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 5月14日(木)19時10分46秒
返信・引用
  十年以上愛用のナショナルES611、フル充電してもたったの一回分しか動作しなくなってしまいました。内蔵電池の寿命です。そんな訳で交換してみました。

搭載されている内蔵電池は「ニカド電池(タブ付き) 単3 1.2V 600mA」です。単3は高価だったので「ニカド電池(タブ付き) 単4 1.2V 750mA」を使用しました。単4ですが、容量はオリジナルより多いので問題なしです。

ささっとハンダ付けをして完了です。問題なく動作しております。単4にしたせいで思いがけず軽量化が図れてしまいました。
 

HIDバーナーの消耗

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 5月 7日(木)20時05分32秒
返信・引用
  2012年、XLR200R号にHIDランプを取り付けたという記事を載せました。

http://6503.teacup.com/biji/bbs/1518

その時は期待以上の明るさで大満足だったのですが、今ではすっかり暗くなってしまいました。体感的には初期の半分くらいに減じております。(それでもハロゲンよりは明るい)

そんな訳で点検してみました。取り敢えず、バーナーを外します。(写真上) バーナーの中心部を覗き込むと、ガラス管の内側が白く曇っています。さらには溶けた金属のような物が部分的にへばり付いています。電極の間隙は通常、2mmくらいだそうですが、6mmほどになっています。どうも電極が溶融しているようです。

HIDはハロゲンバルブに比べて長寿命(3~5倍とか)と言われているものの、中華製にそれは当てはまらないようです。バラストの方に問題がある可能性もありますが、こちらはチェックしようがないので何もしていません。
 

凸大堀山城(川越市

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 5月 3日(日)18時34分56秒
返信・引用
  こちらも久しぶりの訪問です。立地・形状としては平城の方形館です。この周辺には似たような方形館が約7ヵ城も密集しております。当城についての史料はなく築城者等も判然としませんが、河越城を巡る戦いの際に古河公方や山内上杉氏らによって築かれた宿営地と考えられています。

写真下は丸馬出のような遺構です。これは丸馬出ではなく、陸軍坂戸飛行場の掩体壕だそうな。曲輪の角の堀・土塁が欠落したような箇所がありますが、これも同じく飛行機を通すための誘導路とのこと。
 

古尾谷八幡神社(川越市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 5月 2日(土)19時43分24秒
返信・引用
  古尾谷氏と関わりのある神社で、古尾谷氏館から南東2.5kmに位置します。大増城主郭に小さな八幡社が鎮座していますが、この古尾谷八幡神社からの分社なのかもしれません。
 

凸古尾谷氏館(川越市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 5月 1日(金)19時10分40秒
返信・引用
  大増城(石岡市)城主古尾谷氏のふるさとを訪ねに川越市まで行って来ました。川越市古屋上にある古尾谷氏館がそれです。現在、善仲寺(写真上)の敷地になっていますが、本堂裏の薮内に土塁、堀、虎口(写真下)が残っています。残存状況はいいとは言えませんが、平地の館跡の雰囲気は味わえます。

古尾谷氏はこの地の土豪で鎌倉幕府の御家人でした。室町時代初期、常陸国に所領を得て、その一族が大増に移り住んだと考えられます。戦国時代には大増城主になっております。
 

ミラージュ号の窓枠補修

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 4月30日(木)21時25分53秒
返信・引用
  ミラージュ号の後席窓枠のゴムが劣化して来たので自分で補修してみました。(写真上)

マスキングをしてシリコンシーラント(ブラック)を塗り込みます。(写真中) 一時間ほどで固まるのでマスキングを剥がして完成。(写真下)

素人作業なので綺麗ではありませんが、これで当分は持ちそうです。今回使用したシリコンシーラントの説明を読むと「車両ガラス周りには使用しないでください。雨により視界が悪くなり危険です」とあります。おそらくシリコンが溶け出してガラスに油膜を張るのでしょう。今回は後席窓で、いくら油膜があっても問題ないのでそのまま使ってしまいました。フロントガラスに使用するのは危険です。


 

凸石神城(茨城県那珂郡東海村)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 4月27日(月)19時25分35秒
返信・引用
  久しぶりに石神城に行って来ました。今見直しても豪快な堀には圧倒されます。その土木工事量たるや近世城郭に引けをとりません。

公園化されているので実に見やすいです。ところが2曲輪に怪しいものが・・・。(写真下) 放射能に汚染された草木、土砂を集めてあるそうな。掲示板を読むとバリケード付近において最大0.18μSv/hだそうな。この程度なら全く問題なしです。公園なので除染作業がされていますが、ただの山林なら手付かずなのでしょうな。薮のままの城跡ってどのくらい汚染されているのか気になるところです。

 

筑波海軍航空隊記念館(笠間市)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 4月11日(土)19時11分56秒
返信・引用
  に行って来ました。数年前にも来たことがあるのですが、その時は医療機関の敷地内ということで見学できず、周囲の滑走路跡や慰霊碑を見ただけでした。映画『永遠の0』のロケ地と使用されたということで、今では司令部庁舎などが記念館として公開されています。
 

笠間城の桜

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 4月 8日(水)21時34分40秒
返信・引用
  久しぶりに笠間城へやってきました。東日本大震災の影響で天守曲輪の石垣が崩落し、立入禁止のままになっています。  

水戸城の桜

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 4月 7日(火)21時30分43秒
返信・引用
  先日「城が現役の頃は城内に桜を植えることはなかった」というような新聞記事を見つけましたが、現代の城には桜が似合います。自衛隊の基地にだって桜はあるのに。  

供用開始、小美玉市県道144号線(取手山館跡)

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 4月 6日(月)18時56分7秒
返信・引用
  最近、供用開始になった県道144号線です。わざわざ狙って行った訳ではありませんが、偶然供用開始直後のようでした。

取手山館だった場所が、県道にぶち抜かれております。あのトンネル遺構は跡形も無し・・・。せっかくなのでまだ残っている両脇も発掘してくれればいいのにと思います。
 

測量機器一式

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 2月22日(日)18時35分55秒
返信・引用
  縄張図作成にはいくつかの方法がありスケッチブック法が主流ですが、ここの管理人は少数派である平板測量を採用しています。理由は、もともと測量の知識がありそれに通じていたということ、スケッチブック法が下手くそだから等です。測量士補の資格も活かせますし。

当初は本格的な平板測量もやっていたのですが、時間がかかりすぎる等のデメリットを考慮し試行錯誤の結果、今の簡易的な形に落ち着いています。

平板と脚は自作です。本来は三脚を用いるべきですが、重いし設置に時間がかかるのでアルミ製ポール利用の一脚です。水平に保つのは難しいですが、縄張図作成なら平板の水平精度は大雑把でも問題ではありません。

距離測定にはレーザー距離計を用いています。目標に白いターゲット板を設置し、それを視準しボタンを押すだけで測距できる優れものです。ただ、見通しの利かない薮には無力で、そういう場合は巻尺を使用しています。歩測は苦手なので滅多にやりません。

我がレーザー距離計は射距離しか計測できません。高低差の大きい場所の水平距離を計測するには更にハンドレベルと関数電卓を使用し算出します。ハンドレベルは目標の高度角を計測する道具です。水平距離=cosα×射距離 で求められます。

アリダードは目標への視準器であると共に定規が取り付けられており、機械点から目標の方向と距離を図面上にプロットするための道具です。定規は1/500、1/1000等があり、現場に応じて適切な縮尺を選択できます。専ら1/1000を使うことが多いです。

平板測量は時間がかかり、機材を持ち込むのも大変なのですが、精度は格段に優れています。
 

ガールズ&パンツァーと城館跡

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 2月21日(土)19時07分2秒
返信・引用
  まずは(1)をご覧あれ。1年生チームが高台の木によじ登り観戦しているシーンですが、この高台、なんと大洗町の磯浜海防陣屋らしい! 言われてみればそんな気もする。現地に行ってそれらしい木を撮影(2)。あとで調べると、ガルパンファンがここの草刈りの手伝いをしているそうな。頭の下がる思いです。

さて磯浜海防陣屋の近くの永町商店街は劇中にも登場しています。(3)(4)

至る所で登場人物が出迎えてくれます(5)。サインが書かれていますが、声優さんのものでしょうか。
 

FETバッファ付きTA7642ストレートラジオの製作

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 2月 9日(月)18時41分31秒
返信・引用
  製作にあたりこちらのサイトを参考にさせていただいています。

http://www.geocities.jp/shoranosekai/1IC-1FET-6TR_Radio.html

ラジオICとして有名なLMF-501の類似品「TA7642」を用いています。TAという名称ですが東芝製ではなくRapid Electronics(英国?)製です。LMF-501(と類似品)は選択度が悪いのが弱点ですが、それを克服すべく同調回路とLMF-501(類似品)の間にFETを用いたバッファを設けていることに興味を持ちました。

当初、上記サイトとほぼ同じ回路で実験したところ、芳しくなかったのでいろいろ改造を施してあります。上記サイトはTA7642ではなくLMF-501を使用しているのでその辺の差でしょう。

大きな変更点は二つ。

(1)TA7642は異常発振し易いのでTA7642にかかる電源電圧をボリュームで調整出来るようにした。これで感度調整や異常発振回避をすることが出来ます。さらにAGCの効きの悪さも補完できます。
(2)オリジナルの低周波増幅回路のままだと、音量が小さすぎたのでもう1段増やした。

さて、その性能ですがストレート式としてはかなりの高性能ぶりを発揮しております。感度、選択度は通常のストレート式を凌駕しております。(スーパーへテロダイン方式には劣る) 電圧調整用ボリュームは効果てきめんでした。

欠点もありまして、それは音質の悪さ(歪む、低音が弱い)です。ストレート式は本来音質が良好のはずなのですが、逆に劣悪とは。当初、低周波増幅回路の不具合と踏んで対策を講じていたのですが、一向に改善されないのでもしやと思い、TA7642をLMF-501に変えたところ呆気なく直ってしまいました。音質の悪さはTA7642のせいだったのです。

なお、TA7642をLMF-501と比較すると次のようなことが判明しました。

(1)異常発振しやすい(電源電圧は低めにした方がよい)
(2)音質が悪い。音量も小さい。
(3)感度は若干低めかな

と言ったところです。
 

USB手動切替器の製作

 投稿者:ここの管理人  投稿日:2015年 2月 8日(日)17時52分24秒
返信・引用
  1台のプリンタを複数のPCで共有する場合、プリントサーバが便利でいいのですが、少々お高いのでUSB切替器を自作することにしました。本当は自動切替器を作りたいところですが、私にはハードルが高すぎるので断念し手動にしました。

回路は至って簡単。USBの接続をロータリースイッチで切り替えているだけです。これで3台のPCから1台のプリンタを共有できます。接続中のポートはLEDが点灯するようにしました。

USBは伝送規格がやかましいので、素人の工作でどうなるか不安でありましたが、今のところ何の問題もなく作動しています。これまでUSBケーブルをその都度差し替えていた鬱陶しさから解放されます。
 

レンタル掲示板
/30